バッサのこだわり

高濃度水素イオン水ジェル

  1. しっかり保湿

    しっかり保湿 細胞には、イオン化された水だけが通れる「アクアポリン」と呼ばれる水の通り道があります。高濃度水素イオン水(ジェル)は、水素イオンを多く含んだ水。角質層の奥までうるおいを届けます。
    また、高濃度水素イオン水(ジェル)は肌を弱酸性に保つことで細胞間皮脂であるセラミドの生成をサポート。セラミドは細胞間で水分を抱え込み、みずみずしい透明感のある肌を保つ働きをします。

  2. pHバランスをコントロール&キープ

    WASSERは洗顔後、中性からアルカリ性に傾いた肌を素早く弱酸性にコントロール。夜、寝ている間は、その状態をキープします。
    肌のpHバランスを最適な状態に保つことで、トラブルの少ない健康な肌に導きます。

    pHバランスをコントロール&キープ洗顔後のお肌はアルカリ側に傾き、肌自身の力で弱酸性に戻ろうとします。
    このとき、弱アルカリ性をゆっくりと通ります。また、不規則な食生活やストレス、紫外線なども、肌がアルカリ性に傾く原因になります。
    弱アルカリ性は肌にとってpHバランスがみだれ、不安定な状態。乾燥したり、アクネ菌が繁殖してニキビになったりと、肌のゆらぎやトラブルを招きやすい状態です。
    また、トラブルを繰り返している肌は弱酸性に戻るチカラが低下してしまい、より長く不安定な状態となるため、悪循環を招いてしまいます。

無添加・オイルフリー

  1. 無添加&オイルフリーのやさしさ

    pH2.1の水素イオン水が雑菌の繁殖を防いでおり、防腐剤すら不要の無添加のスキンケアが実現しました。

    スキンケアに以下の成分は使用していません。

    • オイル
    • 石油系・植物性合成界面活性剤(乳化剤)
    • 香料
    • 着色料
    • 合成ポリマー
    • 酸化防止剤
    • 合成防腐剤
  2. 成分へのこだわり

    敏感肌の方や肌の状態が不安定ときにも安心して使っていただきたいから、肌へのやさしさを徹底追求。
    成分の1つ1つにまでこだわりました。

    • 水(高濃度水素イオン水)

      「高濃度水素イオン水」pH2.1は水の75,000倍の水素イオンを含有しています。水を電気分解した陽極(プラス)側に生成され、制菌、脱臭作用に優れ皮膚を引き締める効果があります。医療、食品分野で幅広く使用されています。

    • グリセリン(保湿・保潤成分)ヒドロキシプロピルセルロース(増粘・安定成分)*1

      透明で粘性があり無色無臭で甘味を示し保湿作用があります。肌をやわらかくし、しっとりとしたうるおいを与えます。医薬品から食品、化粧品まで様々な分野で使用されています。

    • ヒアルロン酸Na(皮膚細胞間の基質成分)

      高保湿作用。細胞と細胞の間に存在してクッションのように細胞間をうめる基質成分。保水力が高く皮膚の弾力性を維持する高い生理活性成分。皮膚の水分量や皮膚の粘弾性(ハリ)に大きく関与します。

    • ソルビトール(天然の保湿成分)

      保湿作用。藻、海藻、多くの果物(なし、りんご)等に含まれる高い水分保持力をもつ天然の保湿剤です。
      食品甘味料やチューインガムの軟化剤としても使用されています。

    • クエン酸(天然の収れん(引き締め)成分)

      天然の果実や野菜に含まれる酸味の成分で、レモンやミカンなど、柑橘類に多量に含まれています。緩和な酸で、収れん(引き締め)作用があり、お肌のキメを整えます。また、生体内代謝に重要な役割を果たしています。

    • グレープフルーツ種子エキス(天然の抗菌・殺菌成分)

      フラボノイドを主成分とした強力な抗酸化、抗菌、防臭、殺菌力などがあります。天然の抗菌、殺菌などの目的で、食品から化粧品まで様々な分野で使用されています。

    • 電解アルカリイオン水

      水を電気分解したマイナス側に生成され弱アルカリ性を示します。水酸化イオン(OH-)のマイナスイオン同士の反発を利用して皮膚から汚れを浮かせて分離します。抗酸化力のある還元水として飲用にも使用されます。

    • アミノ酸18種類

      皮膚の角質層にある天然の保湿因子(細胞間物質)の約半分はアミノ酸で構成されています。バッサのアミノ酸は、体内で合成できない必須アミノ酸を含む18種類のアミノ酸がバランス良く配合されています。

    • 炭酸水素ナトリウム(重曹)

      重曹はベーキングソーダとも呼ばれ、汚れを浮かせて引き離す効果や悪臭を取り除く作用があります。マイルドな弱アルカリ性で手肌にやさしいため、安全な台所用洗剤としても使われています。

    • 石鹸素地

      動・植物性の油脂と水酸化ナトリウム(NaOH)を加熱すると鹸化して脂肪酸ナトリウムができます。これが石鹸素地です。油脂は牛脂と椰子油を使用しています。牛脂と人間の皮脂の脂肪酸が非常に良く似ているため、皮膚に優しい石鹸になります。牛脂はBSEの危険が無い国産品を使用しています。

    1. バッサ成分のヒドロキシプロピルセルロース(HPC)は合成ポリマーではありません

      ヒドロキシプロピルセルロースは、合成ポリマー類と名前が似ているので誤解されがちですが、天然に広く存在する植物の繊維素(セルロース)、天然ポリマーを原料に作られています。日本では日本薬局方に錠剤、薬の結合剤、パップ剤の増粘剤、軟膏、ゼリー基材、等主に医薬品、化粧品の成分や食品添加物として使われています。アメリカ、欧州連合(EU)でも医薬品添加剤や食品添加物としても認められるほど安全性の高い成分です。最終的に微生物により分解されるので環境負荷がありません。バッサでは角質ケアの時、古い角質や、酸化した皮脂、毛穴の汚れを吸着する作用、また皮膚を保護し角質のバリア機能を高める成分として使われています。ビニール膜の合成ポリマーと違い線維の皮膜なので、通気性があり皮膚に密着しながらも汗腺や皮脂腺から二酸化炭素などの老廃物の排泄を妨げることはありません。

      合成ポリマーについて:

      合成ポリマーは合成樹脂・合成ゴムのことで石油化学系の合成物質です。防腐剤や酸化防止剤として使われるほか、肌表面をビニールの膜で覆い滑らかにするので、クリーム、ジェルの成分やウォータープルーフの化粧品に多く使われています。皮膚を密閉して通気性を阻害し毛穴付近に残留する可能性があります。合成ポリマーで覆われた皮膚を落とすには合成界面活性剤のような強力なクレンジング剤を使わなければならないので、皮膚のバリア機能を低下させ、皮膚環境を破壊してしまうことが懸念されています。
      代表的な合成ポリマーは、ポリエチレングリコール(PEG)、ジメチコンコポリオール、ヒドロキシエチルセルロース、カルボキシメチルセルロース、カルボマーCa/K、アクリル酸アルキル、などがあります。

未来の肌を守りたい

  1. 正常なターンオーバーをサポート

    WASSERは、肌を弱酸性に保つことで細胞間皮脂であるセラミドの生成をサポートします。セラミドによりうるおいが保たれた肌はバリア機能がアップし、正常なターンオーバー(肌の生まれ変わり)が行われます。ターンオーバーは早すぎれば肌荒れや乾燥などの原因に、遅すぎればくすみやシミなどの原因になると言われています。

    正常なターンオーバーをサポート

  2. やさしく角質ケア

    角質層への浸透力に優れた高濃度イオン水ジェルは、肌表面の古く硬くなった角質の代謝を促し、古い角質をやさしく取り除くナチュラルピーリング作用があります。スクラブ系のジェルと異なり、やさしい角質ケアができます。

    やさしく角質ケア

Page Top