新規会員登録で、すぐに使える500ptプレゼント!

お電話でのご注文・お問い合わせ

0120-8383-14

営業時間:10:00~18:00(平日のみ)

  • マイページログイン
  • カートを見る

ブログ─ Blog ─

カテゴリー:「日焼け止め・UV対策」

【専門家監修】日焼けによるしみの原因とは?防ぐ方法やできた後の対処法を解説

「ふと気がついたら、肌にしみができていた」
「うっかり日焼けをしてしまったけれど、どうやってケアをしたらいいのだろう?」
「今まで日焼けを気にしていなかったけれど、そろそろ対策した方がいいのかな?」
日焼けによる肌トラブルを経験した方や、年齢を重ねるごとにしみが気になるという方も多いのではないでしょうか。

 

本記事では、日焼けが元となるしみが発生する原因と、日頃から気をつけたいしみの予防方法を解説しています。また、日焼けによりしみができてしまった場合の対処法も紹介しています。

 

日焼けによるしみが発生する原因を知り、しみを防ぐ効果的な方法を実践することで、健やかな肌を保つことに繋がります。

 

日焼けによる肌への影響や、肌のしみが気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

日焼けによるしみの原因

紫外線を慢性的に浴びると、皮膚のしみの原因となります。

 

人の皮膚は表皮と真皮からできていて、皮膚には有害な紫外線から身を守る機能があります。紫外線が肌にあたると、表皮内にある色素細胞はメラニン色素を作り出します。メラニンは紫外線や可視光線、赤外線を吸収することでDNAへのダメージを減少させています。

 

この紫外線の影響でメラニンが増加すると、肌の色は濃くなります。長年紫外線を浴び続けることや、肌のターンオーバーの速度が低下することで、メラニンが表皮内に大量に蓄積されてしまい、しみとなります。

 

出典:紫外線環境保健マニュアル2008|環境省
参照:https://www.env.go.jp/chemi/uv/uv_pdf/02.pdf

 

出典:【初心者向け】メラニン色素とは?増える原因、減らす方法を5つ紹介|表参道メディカルクリニック
参照:https://om-clinic.com/column/1743

日焼けによるしみを防ぐ方法

日焼けが原因となるしみには、日頃から紫外線を浴びすぎないように意識することが大切です。ここからは、日焼けが元となるしみの発生を防ぐ方法をわかりやすく紹介します。

紫外線を防ぐために日焼け止めを使う

しみの原因となる紫外線を防ぐには、日焼け止めの使用が効果的です。

 

日焼け止めの使用効果や、紫外線吸収剤の有無や耐水性などの特徴は、それぞれの商品により異なります。商品に記載されている説明をよく読んでから、日焼け止めを正しく使用しましょう。

 

一度塗った日焼け止めは、手や服に触れたり汗をかいたりして落ちてしまうことがあります。十分な量を肌にムラなく塗り、2~3時間おきに重ね塗りをしましょう。

 

一般的に、日焼け止めが肌に影響のある紫外線を防ぐ効果は、PA(Protection grade of UV-A)とSPF(Sun Protection Factor)で表示されています。

PA入りの日焼け止めの効果

紫外線の波長が長いものをUV-Aといい、日光を浴びた後に肌を短時間で黒化させる特徴があります。PA(Protection grade of UV-A)は、短時間のUV-Aの照射によりみられる肌の黒化反応を指標にした、UV-Aの防御効果を示すものです。

 

PAは「PA+」、「PA++」、「PA+++」、「PA++++」の4段階に分けて表示され、+の数が多いほどUV-Aの防御効果が高まります。

 

出典:「SPF」と「PA」とは|日本化粧品工業連合会
参照:https://www.jcia.org/user/public/uv/glossary

→SPF入りの日焼け止めの効果

UV-Aよりも波長が短い紫外線をUV-Bといい、日光を浴びた数時間後に肌に炎症を起こす特徴があります。日焼けによるしみの原因にもなります。SPF(Sun Protection Factor)は、UV-Bによる日焼けの防止効果を示すものです。

 

SPFの数値が大きくなるほど、肌を赤く炎症を起こす日焼けの防止効果が高まります。SPFが50であれば、強い紫外線からもUV-Bによる肌の炎症を防止できると考えられています。したがってSPF測定法によりSPFが50を超えていた場合は、SPF50+と表示されます。

 

出典:「SPF」と「PA」とは|日本化粧品工業連合会
参照:https://www.jcia.org/user/public/uv/glossary

 

出典:紫外線の肌への影響|日本化粧品工業連合会
参照:https://www.jcia.org/user/public/uv/affect

シミ対策につながる栄養素を摂る

しみ対策には、以下のような抗酸化力の高い栄養素を摂る体の内側からのケアも効果的です。

 

・ビタミンC
・ビタミンA
・ビタミンE
・リコピン
・Lシステイン
・ポリフェノール
・エラグ酸
・フラボノイド

 

これらの栄養素は野菜や果物、豆類や肉・魚など食品から摂取できます。毎日の食事から、しみ対策に繋がる栄養素を意識してみましょう。

 

出典:シミに効く食べ物はこれ!体の内面からもシミ対策を。|札幌シーズクリニック
参照:https://ci-z.jp/info/freckles/stain-effective-food/

保湿ケアをする

紫外線を浴び続けてメラニンが表皮内に大量に蓄積されると、しみの原因となります。しかし、表皮が生まれ変わるターンオーバーを正常に保つと、メラニンが古い角質とともに排出されていきます。

 

このターンオーバーを正常に保つためには、肌の保湿ケアが大切です。肌が乾燥すると、ターンオーバーの速度が乱れ、しみなどの肌トラブルに繋がります。日頃のスキンケアで保湿剤を使用して、健やかな肌を保ちましょう。

 

出典:シミ・くすみ|メディアージュクリニック大阪梅田院
参照:https://mediage-osaka.jp/byage/40s/

日焼けによるしみができた時の対処法

紫外線対策やしみ対策を徹底していても、うっかりしみができてしまうこともあるでしょう。ここでは日焼けが原因でできてしまったしみを、できる限り目立たなくするための対処法を紹介します。

市販の薬を利用する

日焼けが原因のしみに用いられる市販の医薬品には、内服薬と外用薬があります。

 

日焼けが原因のしみの場合、しみの原因となるメラニンに働きかける成分が配合されたものを選びましょう。トラネキサム酸やL-システイン、ビタミンCなどがあります。

 

市販の医薬品を継続使用して、しみの改善が見られない場合には服用を中止し、医療機関を受診しましょう。

 

出典:しみの薬:処方薬と市販薬について|オラクル美容皮膚科
参照:https://www.oracleclinic.jp/lab/shimi/medicine/prescriptiondrugs/

 

出典:よくあるご質問 Q&A「市販薬のトラネキサム酸と、医療機関の処方薬の違いは何ですか?」|品川スキンクリニック 美容皮フ科
参照:https://shinagawa-skin.com/menu/tranexamic/

皮膚科に行く

しみができてしまった場合には、医師の診察を受け、適切な治療を受けることが大切です。

 

しみには様々な種類があり、しみの種類により有効な治療法が異なります。自己判断をして間違った治療をしてしまうと、しみがより濃くなってしまう可能性もあります。疑問があれば医師に相談するようにしましょう。

ビタミンやアミノ酸を積極的に取り入れる

しみができてしまったら、体の内側からビタミンやアミノ酸を取り入れましょう。

 

ビタミンCは優れた抗酸化作用があり、しみの原因となるメラニンの生成を抑制するとともに、メラニンを薄くする効果があります。ビタミンEは強い抗酸化作用をもち、ビタミンAは体の免疫機能を維持し、健やかな肌を保ちます。

 

コラーゲンやたんぱく質の素となるアミノ酸を摂取することで、皮膚や体の健康維持に繋がります。アミノ酸の一種であるL-システインは、メラニンの生成を抑制し、肌の代謝促進作用があります。

日焼けでしみができないよう対策しよう

紫外線を浴び続けると、しみの発生の原因となります。日頃から日焼けをしないように、状況に応じて日焼け止めを上手に使用するなどの紫外線対策が効果的です。

 

また、毎日の食事からビタミンやアミノ酸などの栄養素を取り入れてみましょう。肌のターンオーバーを正常に保つために、保湿ケアも忘れずに行いましょう。

 

オイルフリーの美容液ならWASSER(バッサ)がおすすめ!

監修者
青山ラジュボークリニック
https://rajeubeau-clinic.com/wp/
院長 沼本 秀樹 先生(医学博士)

プロフィール(経歴)
昭和59年 順天堂大学医学部 卒業
平成2年 順天堂大学整形外科大学院 卒業
平成2年 石和町立峡東病院勤務 整形外科医長
平成2年 日本整形外科学会 認定医
平成6年 石和町立峡東病院 院長
平成6年 順天堂大学整形外科 非常勤講師
平成11年 東京女子医科大学救命救急センター 非常勤講師
平成14年 康麗会山梨峡東病院 院長
平成15年 山梨大学医学部臨床 助教授
平成18年 六本木ヒルズ けやきクリニック 院長
平成23年 東千石整形外科内科 院長
平成28年 一般社団法人統合再生医療研究会 代表理事
ラジュボークリニック 開業

【専門家監修】紫外線が肌に与える影響とは?ケア方法や日焼け止めを使う際のポイントを解説

あなたは紫外線についてどれくらい知っていますか。紫外線を避けるために日焼け止めを塗らなければ、と思いつつも、ついつい忘れて外へ出かけてしまったりすることもあるでしょう。

 

紫外線は夏だけ対策をすれば良いわけではありません。実は一年中降り注ぎ、屋外はもちろん、日当たりの良い室内でも肌にダメージを与えています。そんな紫外線は私たちの肌に一体どれほど影響を与えているのでしょうか。

 

本記事では、意外と知らない紫外線の3つの種類と、紫外線が肌に与える5つの主な影響、紫外線ダメージから肌を守るためのポイントを解説します。

 

紫外線による肌への影響や肌をダメージから守る方法について不安や疑問があれば、ぜひチェックしてみてください。

紫外線にも種類がある?

そもそも紫外線とは、地表に届く太陽の光の中で最も波長が短いもののことを指します。

 

紫外線は波長の長さによって3つの種類に分けられるのです。ここからはお肌にダメージを与えるUV-AとUV-B、UV-Cを解説します。

UV-A

UV-Aは3つの種類の中で最も波長の長い紫外線です。年間を通じて量が多く、常にUV-Bの20倍以上もの量が降り注いでいます。

 

長時間紫外線を浴び続けると、UV-Aが真皮と呼ばれる肌の奥まで届くことで中の繊維を破壊し、シワやたるみなどといった光老化の原因になると言われています。

 

出典:紫外線の肌への影響|日本化粧品工業連合会
参照:https://www.jcia.org/user/public/uv/affect

UV-B

UV-Bは、主に肌の表面に影響を与える紫外線のことを指します。これはオゾン層の減る7月ごろに最も量が多くなる紫外線です。

 

UV-Bを浴びた肌は、メラニンを増加させ肌を黒くすることでダメージを防ごうとするため、日焼け・シミ・そばかすの原因になると言われています。

 

出典:紫外線の肌への影響|日本化粧品工業連合会
参照:https://www.jcia.org/user/public/uv/affect

UV-C

UV-Cは紫外線の中で最も波長が短く、オゾン層によって吸収され地上に届かない紫外線です。

 

UV-Cはエネルギーが高く、強い破壊能力を持っています。UV-Cの水や空気を殺菌する作用は、トイレやキッチンなどの殺菌・消臭や水の浄化、空気の除菌など、私たちの身近な場面でも多く活用されています。

紫外線が肌に与える影響

ここからは紫外線が肌に与える影響について解説していきます。先述した3つの紫外線のうち、肌トラブルを起こす原因にもなるUV-AとUV-Bが与える影響はどんなものでしょうか。

 

紫外線が肌に与える影響についてご興味がある方は、参考にしてください。

肌が炎症を起こす

紫外線を多く浴びることにより、肌が炎症を起こすことがあります。

 

これは、紫外線で肌が軽いやけどのような状態になることが主な原因と言われています。熱を持った部分が赤くなってヒリヒリしたり、むくみや水ぶくれが発生したりすることもあります。

 

出典:紫外線による健康影響|環境省
参照:https://www.env.go.jp/chemi/uv/uv_pdf/02.pdf

肌が黒くなる

夏に長時間屋外で過ごした後に、肌が黒くなった経験がある人も多いのではないでしょうか。

 

肌が黒くなるのは、紫外線によって皮膚に軽いやけどが起こり、その結果メラニン増加を起こすからです。紫外線を浴びた肌は、メラニンを増加させ肌の色を黒くすることでダメージを防ごうとします。

 

出典:紫外線による健康影響|環境省
参照:https://www.env.go.jp/chemi/uv/uv_pdf/02.pdf

肌が乾燥する

肌が乾燥する時期は、空気が乾燥する冬をイメージする人も多いのではないでしょうか。しかし、紫外線の影響で、肌は一年中乾燥しやすくなっています。

 

肌にはバリア機能があり、外部刺激から体を守っています。このバリア機能が肌の水分を逃さないよう守る役割をしています。しかし紫外線を浴びると、皮膚の中にあった皮脂膜が酸化しバリア機能が弱まります。その結果、肌の乾燥が進んでいってしまうのです。

 

出典:紫外線が肌荒れの原因に!予防・対策・治療方法は?|川崎たにぐち皮膚科
参照:https://k-derm.net/2022/04/26/3294

シミ・たるみが出来るきっかけになる

シミとは、肌にメラニンが蓄積され、地肌の色よりも黒く見える部位のことを指します。

 

紫外線を浴びると、体はメラニンを生成し、皮膚を黒くすることで肌を守ろうとします。通常、メラニンは生成された後、体の外に排出されます。

 

しかし長年浴びた紫外線のダメージが蓄積すると、肌が生まれ変わる一定のサイクルが乱れがちになり、メラニンが排出されにくくなるのです。このことで、メラニンが皮膚の内部に蓄積し、シミになります。

 

また紫外線が肌の奥深くの真皮層に届くことで、肌のハリを保つためのコラーゲンとエラスチンという成分が減少してしまいます。これがたるみの原因になってしまうのです。

 

出典:紫外線の肌への影響|日本化粧品工業協会
参照:https://www.jcia.org/user/public/uv/affect

肌の老化を促してしまう

通常、老化は加齢による体の生理的機能が損なわれていくことを指します。しかし紫外線を浴び続けると、肌の奥にある真皮部分の繊維が破壊されることで光老化が促されるのです。

 

光老化は通常の老化と異なり、紫外線から肌を守るために皮膚が厚くゴワゴワになり、色も濃くなっていきます。

 

出典:紫外線による健康影響|環境省
参照:https://www.env.go.jp/chemi/uv/uv_pdf/02.pdf

紫外線対策でよく聞くSPFとPAとは?

日焼け止めに記載されているSPF、PAとは、紫外線防止効果の程度を表す指標です。

 

SPFは「Sun Protection Factor」の略語です。主にUV-Bの紫外線による、赤くなるタイプの日焼けをどれだけ防止できるかを示しています。

 

一方PAは「Protection Grade of UV-A」の略語です。この指標は、短時間で肌が黒くなるタイプの日焼けをどれだけ防止できるかを示しています。

紫外線ケアの方法

ここまで、紫外線が肌に与える影響を見てきました。紫外線によるこれらの肌ダメージを防ぐためにはどんなことができるでしょうか。ここからは、今日からできる紫外線ケアの方法を解説していきます。

日焼け直後は冷やす

日焼けした肌は軽くやけどをした状態と似ています。

 

まずは、ほてりをしずめるために冷水や濡れタオルなどで肌を冷やし、炎症を抑えましょう。日焼けを放置しておくと紫外線による色素沈着が起き、シミなどの原因にもなるため、素早いケアが必要です。

サングラスをかける際は薄い色のものを選ぶ

サングラスをかける際は濃い色の方が良いと思う方も多いのではないでしょうか。実は黒い色のサングラスを使うと瞳孔が大きくなり、より紫外線を取り込んでしまう可能性があります。

 

目を紫外線から保護するためには、レンズの色ではなく、紫外線カット率や紫外線透過率などの性能がしっかりしている薄い色のものを選びましょう。

肌に日焼け止めを使う際のポイント

紫外線の量は季節や場所によって異なるため、紫外線から肌を守るためにはポイントに沿って日焼け止めを使うことが効果的です。ここからは、実際に使用する際のポイントについて解説します。

シーン・季節によってSPF・PAの数値を変える

日焼け止めは高い数値のものを使用しておけば安心、ということではありません。日焼け止めには、紫外線吸収剤など、成分自体が肌にダメージを与えてしまうものも含まれていることがあります。

 

このため、例えば、散歩や買い物の際には数値が低いもの、炎天下のレジャーやマリンスポーツなど、外で長く活動する際は数値が高いもの、というように、求めている効果によって使い分けることが大切です。

 

また紫外線は夏だけではなく、一年中降り注いでいます。紫外線の量が多い夏はもちろん、冬なども紫外線の蓄積量が増え続けると、肌へのダメージになります。

 

冬や曇りの日も油断できません。雨の日でさえ肌は約20%の紫外線を浴びていると言われています。室内にいるときも、日当たりの良い場所で過ごす際は日焼け止めを塗るのがおすすめです。

求めている効果によって使い分ける

日焼け止めには、成分自体が肌に刺激やダメージを与えてしまうものも含まれていることがあります。例えば、紫外線吸収剤です。紫外線吸収剤は強い遮断力で肌を紫外線から守りますが、まれにかぶれなどの肌ダメージを起こすことがあります。

 

また、清涼感を出すために、アルコールが含まれているものもあります。日焼け止めに含まれている成分をチェックし、効果を確かめて使い分けましょう。

紫外線が肌に与える影響を知って対策しよう

紫外線が肌に与える影響は様々です。サングラスをしたり、シーンに合ったSPF・PA数値の日焼け止めが入った化粧品を使用したりするなど、今回解説したポイントを参考に、自分の肌を紫外線から守っていきましょう。

 

オイルフリーの美容液ならWASSER(バッサ)がおすすめ!

監修者
青山ラジュボークリニック
https://rajeubeau-clinic.com/wp/
院長 沼本 秀樹 先生(医学博士)

プロフィール(経歴)
昭和59年 順天堂大学医学部 卒業
平成2年 順天堂大学整形外科大学院 卒業
平成2年 石和町立峡東病院勤務 整形外科医長
平成2年 日本整形外科学会 認定医
平成6年 石和町立峡東病院 院長
平成6年 順天堂大学整形外科 非常勤講師
平成11年 東京女子医科大学救命救急センター 非常勤講師
平成14年 康麗会山梨峡東病院 院長
平成15年 山梨大学医学部臨床 助教授
平成18年 六本木ヒルズ けやきクリニック 院長
平成23年 東千石整形外科内科 院長
平成28年 一般社団法人統合再生医療研究会 代表理事
ラジュボークリニック 開業

【専門家監修】紫外線対策はどうしたらいい?日焼け止めの選び方についても解説

「冬は紫外線が弱いから日焼け止めは必要ないの?」
「日焼け止めに書いてあるSPFって何?」
「しっかり日焼け止めを塗っていたのに、日焼けしちゃったのはどうして?」
このように、日焼け止めの効果や使い方がよく分からないという方もいるのではないでしょうか。

 

この記事では、紫外線が肌に与える悪影響や、紫外線対策の6つの方法、効果的な日焼け止めの塗り方と選び方、紫外線を浴びた後のスキンケアについて紹介しています。

 

この記事を読むことで、肌にダメージを与える紫外線から肌を守る方法と、日焼け止めの正しい使い方を理解できるようになるでしょう。

 

紫外線対策をしっかり行いたいと考えている方は、ぜひチェックしてみて下さい。

紫外線が肌にあたえる悪影響

紫外線が肌に悪い影響を与えることは、広く知られています。

 

日焼けはもちろんのこと、シミやシワ、皮膚がんの原因にもなるため、注意が必要です。また、肌の色によっても紫外線の影響は異なり、肌が白い人が紫外線を浴びると皮膚が赤くなりやすく、肌が黒い人は色素沈着を起こしやすいとされています。

 

紫外線にはUV-A、UV-B、UV-Cの3種類があり、UV-Aの方が皮膚の奥深くまで到達するため、特に注意しましょう。

 

出典:日光紫外線の人体への影響|環境儀 No.79|国立環境研究所
参照:https://www.nies.go.jp/kanko/kankyogi/79/column3.html

日焼け止めのPAとSPFの違いは何?

日焼け止めに「PA」や「SPF」という文字がよく記載されていますが、どのような意味か分らないという方も多いでしょう。

 

紫外線には3つの種類があるということを前述しましたが、「PA」や「SPF」はその3種類の紫外線に対する効果を示す言葉になります。

PA

「Protection Grade of UV-A」を略したものがPAで、UV-Aを防ぐ効果を表しています。

 

PAに+を付けて、「PA+」といった形で表記されており、この「+」が多いほどより効果が高いとされ、最も効果が高いのが「PA++++(フォープラス)」です。

SPF

「Sun Protection Factor」を略したものがSPFで、UV-Bを防ぐ効果を表しています。

 

「SPF20」などの形で表記されており、この数値が高くなるほどUV-Bを防ぐ効果が高いとされ、効果が高いのが「SPF50+」です。

紫外線対策6つの方法

紫外線の悪影響を理解した上で、この紫外線から肌を守る方法をしっかりと考えなければなりません。

 

ここから日常の紫外線対策に有効な方法を紹介していくので、ぜひ参考にしてみて下さい。

1:日焼け止めを毎日使う

紫外線対策として手軽に取り入れやすいのが、日焼け止めを毎日使うことです。洋服で隠すことができない顔はもちろんのこと、肌の露出が多くなる季節は腕や脚などにもしっかりと塗るようにしましょう。

 

日焼け止めには色々な種類があるため、好みの使用感のものや、肌質に合ったものを選ぶことも大切です。

2:帽子・日傘を使う

外出するときに、帽子をかぶったり日傘を差したりすると、肌だけではなく髪の毛も紫外線から守ることができます。

 

しかし、通常の布地を使用したものは紫外線を通してしまうので、紫外線カット効果の高いものを選ぶようにしましょう。

3:日差しを避けることのできる衣服を身に着ける

長袖の服を着たり、首にストールを巻いたりすることで、肌を紫外線から守ることができます。

 

また、最近はUVカット効果のある衣服も販売されているため、このような衣服を利用するのもお勧めです。

4:日差しの強い時間の外出を避ける

正午前後の日差しが強い時間は、紫外線が強い時間帯です。

 

外出するときには、なるべくこの時間帯は避けるようにし、可能であれば朝や夕方に外出するようにした方がいいでしょう。

5:日なたを避ける

外出したときは、なるべく日なたを避けて日陰を歩くようにするのもお勧めです。

 

紫外線は太陽光だけと思いがちですが、地面や建物から反射したものが空気中に散乱していることもあるため、注意しましょう。

6:サングラスをかける

紫外線が目に入ると脳が防御反応を示し、体内にメラニン色素を作るように命令を出すため、目も紫外線から守る必要があります。目を紫外線から守るためには、サングラスを使用するといいでしょう。

 

しかし、顔の骨格に合ったものでないと紫外線を正面以外の角度から防ぐことができません。そのため、UVカット効果の高いものを選ぶことに加え、しっかりと顔や身体にフィットするものを選ぶことも大切です。

 

出典:紫外線による目への影響について(5月)|逓信病院
参照:https://www.hospital.japanpost.jp/health/health201405.html

効果的な日焼け止めの塗り方

日焼け止めを塗っていたのに、なぜか日焼けしてしまったということはないでしょうか。これは、日焼け止めを正しく塗れていなかったことが原因です。

 

日焼け止めの正しい塗り方をマスターし、しっかりと日焼け対策を行いましょう。

説明書に記載されている量を塗る

日焼け止めは規定量を塗ることで、本来の効果が発揮されます。使用量が少ないと、日焼け止めの十分な効果を得ることができないため、注意が必要です。

 

日焼け止めを使用する際には、説明書に記載されている量をしっかりと確認するようにしましょう。

こまめに塗りなおす

日焼け止めは汗をかいたりタオルなどで拭いたりすることで、落ちてしまうことがあります。

 

そのため、2~3時間ごとに肌表面の汗や汚れを拭き取ってから、こまめに塗り直すようにすると良いでしょう。

塗る場所にムラが無いようにする

せっかく日焼け止めを塗っていても、塗り方が悪いと紫外線を効果的に防ぐことができません。塗り方にムラがあると、日焼け止めの効果が十分に発揮されないためです。

 

日焼け止めを塗るときは、ムラにならないように注意しましょう。

耳・襟足など忘れやすいところに気を付ける

耳や襟足などは、日焼け止めを塗り忘れやすい部分です。腕や足などの広範囲にはしっかりと塗っていても、自分の目が行き届かない部分は、うっかり塗るのを忘れてしまったということもあるでしょう。

 

気づいたときには日焼けしていたということがないように、日焼け止めを塗るときには細部までしっかりと忘れずに塗るようにして下さい。

天気が悪くても塗る

日焼け止めは、天気が良い日しか塗らないという方もいるのではないでしょうか。しかし、曇りの日でも晴れている日の半分程の紫外線が降り注いでいるため、油断は禁物です。

 

天気が悪くても、日焼け止めはしっかりと塗るようにしましょう。

日焼け止めの選び方

日焼け止めには紫外線カット効果の高さや、テクスチャーの違いなど、様々なタイプのものがあります。日常生活の紫外線対策や、日差しの強いレジャーでの紫外線対策など、TPOに合わせて日焼け止めを選ぶことが大切です。

 

ここから日焼け止めの正しい選び方について、解説します。

行き先で日焼け止めを選ぶ

日焼け止めにはSPFの数値が記載されていて、その数値が高いほど紫外線カット効果も高くなります。

 

とりあえず、SPFの数値が高いものを選べば安心だと思っている方もいるのではないでしょうか。しかし、SPFが高いものは肌に負担となる可能性もあり、特に敏感肌や乾燥肌の方は注意が必要です。

 

海水浴など炎天下でのレジャーではSPFの数値が高いもの、買い物などの日常生活ではSPFの数値が低いものを選ぶなど、行き先に合わせて日焼け止めを選ぶようにしましょう。

性能別で日焼け止めを選ぶ

最近の日焼け止めは進化しており、紫外線を防ぐ効果だけでなく他にも様々な機能を兼ね備えています。

 

例えば、海水浴などでは水に強いウォータープルーフタイプのもの、日焼けを防ぎながら美白もしたいという方は、美白成分が配合されたタイプのものを使用するなど、使用する場所や目的に合わせて選ぶことも可能です。

 

その他にもトーンアップ効果や、ファンデーションのノリを良くする化粧下地効果など、肌を美しく見せる機能を持った日焼け止めもあります。

使用感で日焼け止めを選ぶ

日焼け止めには、様々なテクスチャーのタイプがあります。

 

さっぱりとした使用感が心地よいジェルタイプのものや、乾燥肌にお勧めのしっとりしたクリームタイプのもの、伸びが良くて塗りやすいミルクタイプのものなど、お好みの使用感のものを選ぶといいでしょう。

紫外線を浴びた場合のスキンケア

日焼け止めを塗り忘れてしまったり、塗り直すことができなかったりして、うっかり日焼けしてしまったという場合には、正しいアフターケアでダメージを抑えることが必要です。

 

日焼けは軽いやけどと同じ状態のため、塗れたタオルや保冷剤を使用して、肌をしっかりと冷やしてあげましょう。肌を冷やすことによって、やけどの進行を抑える効果が期待できます。

 

肌の炎症と火照りが落ち着いたら、化粧水などを使用して失われた水分を補給すると良いでしょう。化粧水はセラミドなどの保湿成分が含まれているものがお勧めです。

 

また、外側からだけではなく、内側からのケアも必要になります。肌が熱を持っていることにより体内の水分が蒸発しやすい状態となり、脱水を起こす可能性があるため、こまめに水分を取り、ビタミンA、C、Eを積極的に取るようにしましょう。

 

日焼けが強く、アフターケアで改善できなかった場合には、皮膚科で専門の治療を受けて下さい。

 

出典:うっかり日焼けをしちゃったときに!正しいアフターケア|美容皮膚科タカミクリニック
参照:https://takamiclinic.or.jp/doctorscolumn/pigmented/139064/

紫外線のダメージを避けられるように対策をしっかり行おう

紫外線は、お肌を老化させる大きな原因となります。

 

肌を紫外線から守るためには、紫外線に対する正しい知識を身につけることが大切です。

 

紫外線は、一年を通して私たちの元に降り注いでいます。短時間の外出や、曇りの日の外出など、少し紫外線を浴びただけでも、それが蓄積されて大きなダメージとつながる可能性があるため、注意が必要です。

 

日焼けしてから後悔することのないように、紫外線対策をしっかりと行い、紫外線のダメージから肌を守りましょう。

 

オイルフリーの美容液ならWASSER(バッサ)がおすすめ!

監修者
青山ラジュボークリニック
https://rajeubeau-clinic.com/wp/
院長 沼本 秀樹 先生(医学博士)

プロフィール(経歴)
昭和59年 順天堂大学医学部 卒業
平成2年 順天堂大学整形外科大学院 卒業
平成2年 石和町立峡東病院勤務 整形外科医長
平成2年 日本整形外科学会 認定医
平成6年 石和町立峡東病院 院長
平成6年 順天堂大学整形外科 非常勤講師
平成11年 東京女子医科大学救命救急センター 非常勤講師
平成14年 康麗会山梨峡東病院 院長
平成15年 山梨大学医学部臨床 助教授
平成18年 六本木ヒルズ けやきクリニック 院長
平成23年 東千石整形外科内科 院長
平成28年 一般社団法人統合再生医療研究会 代表理事
ラジュボークリニック 開業

LINE相談室
Page Top