新規会員登録で、すぐに使える500ptプレゼント!

お電話でのご注文・お問い合わせ

0120-8383-14

営業時間:10:00~18:00(平日のみ)

  • マイページログイン
  • カートを見る

ブログ─ Blog ─

2021.10.08

秋の肌トラブルと乾燥から守るために

秋の肌トラブル
夏を通り過ぎた秋の肌には乾燥ダメージがたくさん隠れています。お肌を潤いで満たせたら心も満たされますよね。でもたくさんのスキンケア用品で保湿って、とても疲れている時に面倒だったり、マスクの長時間着用で毛穴の広がり、乾燥、テカリがふと気になった事はありませんか?

毎日一生懸命お手入れしているのにどうしてなのか肌がこたえてくれない…

なかなか肌に合うものに出会えない。たくさんの化粧品が発売され効果をうたった宣伝、口コミがひっきりなしに入ってきますが、正しいスキンケアとは何か原則を知ればいつまでも若々しい美肌を保つことができます。

元気のない観葉植物は土を入れ替えるなど土台からていねいにケアをすると、イキイキとよみがえってきますがお肌も同じです。肌の地盤から立て直すと肌トラブルは改善されます。

シンプルケアでお肌が綺麗になる美肌を作る3条件とは

1.水分が保たれている
2.正常なターンオーバーが行われている
3.真皮層のコラーゲンや表皮層のセラミドが豊富

これら全てをバッサの美容液は満たしています。
ピーリングもできる美容液

水の75,000倍の浸透力を持つ高濃度水素イオン水ジェル
肌の水分を保つには、肌の内部に適切に水分を送り込む必要があります。高濃度水素イオン水ジェルは普通の水の75,000倍の浸透力があり、アクアポリンというタンパク質で出来た分子レベルの水しか通さない水路を通過するので、お肌の中まで入り潤った肌をつくります。

週一度の角質ケア

正常なターンオーバーを行うための方法の一つとしてピーリングがあります。ピーリングというと肌への影響が強いものをイメージされる方も多いと思いますが、バッサの美容液にはピーリング剤に含まれるような刺激的な成分は一切入っていないので、肌への負担が非常に少ないのが特徴です。お肌に美容液をのせて優しくマッサージをしていくと、ナチュラルな角質ケアができ、毛穴も引き締め、みずみずしく透明感のあるお肌に導いてくれます。肌に浸透した水分の力で、古くなった角質や毛穴の黒ずみを柔らかくして浮き上がらせ、ジェルが優しくからめてとってくれます。

セラミドの重要性

肌の水分保持に重要な役割を果たしているのが角質層のセラミドです。セラミドが不足すると細胞間脂質が十分に水分を保持できなくなり、肌が乾燥します。乾燥肌を改善しセラミドを生成するにはターンオーバーが正常であることが重要です。バッサの美容液は肌のターンオーバーを正常に機能させ、セラミドの生成をサポートしキメの整った肌へと導きます。

人間の肌はほとんど水でできています。肌の乾燥が進むということは、お魚に例えると日干しのお魚を意味し、逆に潤っている肌は生魚と同じです。水分が足りないと早く焼けて紫外線から守れなくなります。

年齢を重ねていくとヒアルロン酸やセラミドなどの肌の保湿機能を担っている成分が減少していきます。
その結果、肌に保つことのできる水分量が減少し乾燥を感じやすくなります。水分も逃げてしまいセラミドの部分が軽石のようになってしまい守れなくなるのでシミ、シワになりやすく、また肌荒れを起こしやすくなってしまいます。逆に水分が多い状態の肌は生魚と同じで、紫外線から肌を守ることができます。

クリームの効果

肌の水分が蒸発しないように油分でフタをすれば保湿は万全だと考えてる人も多いのですが、油分の保湿はさほど高くありません。乾燥が気になる時、クリームをたくさんつけたくなりますが、クリームをつければつけるほど乾いてしまう、なかなか乾燥肌が改善されない。それは何故かというと、一般のローションや美容液は”水の分子の大きさが、肌の分子に比べ大きい”ので皮膚の外から入らないからです。そして、それらの製品は、水分を浸透しやすくする為に界面活性剤を使い、肌のバリア機能である油分を取り除き、水分を肌の中に入れ(実際はバリア機能を壊した際に出て行った水分が戻るだけになります。)、その後クリームで蓋をしてしまっているのです。

クリームは合成ポリマーが多く含まれており合成ゴム、ビニールなどの素材などでかぶせてしまうので生きている常在菌が弱ってしまいます。クリームを塗れば塗るほど乾燥肌になってしまい老化を早めてしまいます。更に油分は自分の皮脂が出てこなくさせてしまうのです。善玉菌のエサである皮脂がないと善玉菌は弱ってしまいます。

本当に乾かない肌は善玉菌がセラミドを増やして天然のフタであるセラミドを作っています。しかし水分が足りないとセラミドは減ってしまいます。欲しいのは水分だけです。

*バッサの美容液は素早く水分補給をしながら善玉菌をたくさん増やせます。

*トラブル肌の悪玉菌が好むアルカリ側に傾いた肌を瞬時に理想的な弱酸性に導き、トラブルのない肌環境を整えます。
天然成分のみのスキンケア

合成防腐剤無添加でストレスフリー

オイルフリー、石油系または植物系合成界面活性剤、着色料、香料、合成ポリマー、酸化防止剤、合成防腐剤など一切使用しておりません。水素イオン水が雑菌の繁殖を防いでおり防腐剤や酸化防止剤など一切使用せずに安定的に衛生を維持することができます。

お肌にダメージを与えるものは一切無し。
美容液はお口に入れても安心です。それは、バッサの美容液は口腔外科の領域から研究が始まった安心、安全な商品だからです。

お肌の除菌力、再生力を高めるのでマスクの長時間着用で肌荒れも和らげます。
バッサの美容液、高濃度水素イオン水ジェルがかなえる美肌力!

良質な食事と睡眠をとることも心がけて

美肌への早道は“食べる“よりもまずは“寝る“ことです。
夜10時から深夜2時は肌のゴールデンタイムとされ、その間に睡眠をとるのが美肌のルールといわれています。スキンケア同様、ホルモンバランスを適正に保つことも是非、意識してみてください。

2021.09.21

お肌の基本ステップ

基本ステップ
お肌のメンテナンス

※1 フェイシャルマスクご使用後、乾燥が気になるときは必要に応じて美容液をお使いください。

落とす・洗う

顔を洗う

クレンジングウォーター

肌と同じ成分のアミノ酸18種類を配合。石鹸だけでは落ちにくい日焼け止めやメイクをやさしく落とします。
コットンにクレンジングウォーターをたっぷり含ませ、お肌にあてやさしく拭き取ります。
※水主体の成分で作られていますので、ウォータープルーフ系のメイクは落ちにくいことがあります。

石鹸

合成界面活性剤を使わず、きめ細かい泡でしっとり洗い上げる洗顔石鹸です。
肌にうるおいを与えながら、余分な皮脂や古い角質汚れをやさしく洗い落とします。

石鹸に水かぬるま湯をつけ、手のひらでたっぷりと泡立てます。
肌を強くこすらず、やさしく洗い、ぬるま湯で泡を充分に洗い流します。

※朝の洗顔は石鹸やクレンジングは不要です。水またはぬるま湯で洗顔してください。

落としきれなかった汚れが毛穴に残ると、肌トラブルの原因になってしまうため、クレンジングウォーターと洗顔石鹸とのダブル洗顔をおすすめいたします。

うるおい補給

肌を潤す

水素イオンを多く含んだ水が角質層の奥までうるおいを届けます。
洗顔後のお肌は悪玉菌の生息するアルカリ性に傾いているため、バッサの美容液やローションですばやく弱酸性にコントロールし、美肌菌(表皮ブドウ球菌)を育て、角質層セラミドを増やします。そうすることで、お肌のキメや水分保持力が上がり美肌環境を作ります。

美容液(夜用オールインワンジェル)

500円玉硬貨1枚程度の美容液を手のひらにとり、顔全体にのせるようにつけます。
乾燥が気になるときはもう一度500円玉硬貨の量を手にとり、顔全体に広げます。
※自然に浸透するのでパッティングの必要はありません。
※ご使用量や塗り方により、美容液に含まれる成分(セルロース)が出てくることがあります。

ローション(朝用オールインワン化粧水)

手のひらにローションをとります。(1回の使用量の目安は500円玉1枚程度です)
手のひらで顔全体を包み込むようにローションをなじませます。

スペシャルケア

肌のスペシャルケア

プライムエッセンス

目もと、口もとなど乾燥が特に気になる部分にうるおいとハリをとどける、リッチな感触のエッセンスです。
特に乾燥が気になる方は顔全体にもご使用いただけます。

1回の使用量のめやすは、目もと口もとには1プッシュ、顔全体には2プッシュを使用します。

角質ケア(週1回程度)

バッサの美容液は毎日の保湿ケアのほかに、角質ケアもできる美容液です。
成分に含まれているセルロース(食物繊維)が古い角質や汚れをやさしく絡め取ります。

くすみやキメのあらさが気になるときに取り入れて、スベスベの透明肌に

美容液を手のひらにとり、顔全体にのせるようにつけます。1~2分後、顔の中心から外側に向かってらせん状に指をやさしくすべらせます。
古い角質を含む成分がポロポロと出てきたら、水かぬるま湯で軽く洗い流します。
角質ケアを行った後は普段のお手入れ同様に美容液を顔全体にのせるようにつけます。

フェイシャルマスク

18種類のアミノ酸と高濃度水素イオン水ジェルをたっぷり配合。
15分間の集中ケアで乾燥や紫外線でダメージを受けた肌にハリとみずみずしさをとどけます。
※シート状マスク1枚に美容液が18ml含まれています。

守る

紫外線にはお肌に悪い影響を及ぼす「UV-A」と「UV-B」があり、
UV-Aは、シワ・たるみ・毛穴のひらきの原因に。
UV-Bは、シミ・そばかすの原因に。

さらに紫外線によるダメージを受けたお肌は乾燥し、肌本来が持っているバリア機能も低下します。
スキンケアの一環として日焼け止めを毎日使用することをおすすめします。

ミネラルパウダーサンスクリーン

バッサのミネラルパウダーは、100%天然ミネラルを使用したパウダータイプの日焼け止めです。
お肌につけるとしっかり密着する超ミクロ粒子の天然ミネラルパウダーを使用しています。気になるくすみ、毛穴、小じわが光の拡散反射によって肌をより明るく見せます。

2021.10.16

日焼け止めの使用期限について

日焼け止めの使用期間について
普段から、日焼け止めをお使いの方も多いと思います。去年に残った日焼け止めを今年にも…とお考えの方も、中にはいらっしゃるのではないでしょうか?
この記事では日焼け止めの使用期限や、期限の過ぎたものを使うとお肌にどのような影響がでるかを紹介します。
 
– 目次 –
1、実は、ほとんどの日焼け止めには使用期限があります。
2、いつ買ったのか分からない時の判断方法は?
3、UVカット商品も注意が必要です!
4、使用期限を過ぎた日焼け止めを使うとどうなるのか。
 
 

実は、ほとんどの日焼け止めには使用期限があります。

未開封なら3年以内に使用。開封したら1年以内に使用。と薬事法で決められております。商品によっては、パッケージや容器に使用期限が記載されている物もありますが、記載されてない物の方が多いので、購入した日付か開封した日付を書いておくのがいいと思います。

いつ買ったのか分からない時の判断方法は?

古い日焼け止めは品質が保てなくなり、なにかしらの変化が出てきます。「分離していないか」「ニオイがキツくなっていないか」「変色していないか」などの異常がないかチェックしてみましょう!それでも分からない時は、使用をしないのが無難です。

UVカット商品も注意が必要です!

日焼け止めといえば、塗る商品だけではなく、様々な製品が販売されております。布製品では日傘や、手袋、服などがありますよね。
UVカットの加工には、
①布に特殊な繊維を練り込んだ生地で出来ている。
②紫外線カットの薬剤を付けている。
この2種類に分かれます。

前者は練り込んでいるので、生地に傷みがない限り永久的に効果が持続。遮光カーテンなどがそうですね。後者はワンシーズン、長いもので1年以内。ですが、洗濯したりすると効果はだんだん落ちていきます。一般的にはこちらの商品が多いと思います。サングラスも練り込まれているので、UVカットの期限は永久的に持続するようです。

使用期限を過ぎた日焼け止めを使うとどうなるのか。

古くなった日焼け止めは酸化をし、品質を保てなくなります。
酸化した日焼け止めをお肌に塗ると…
・かゆみが出る
・赤くなる
・ぶつぶつが出る
・肌が荒れる
・シミ、シワなど老化に繋がる
などの症状が出る場合があります。紫外線防止効果も落ちており、効果も期待できないので塗るのは避けましょう。

どの商品も使用期限内に使うと、お肌を守ってくれる強い味方になります。お肌トラブルにならない様に、使用期限には気を付けたいですね!

2021.10.23

洗顔石鹸と洗顔フォームの違い…どちらが肌には良いの??

洗顔石鹸と洗顔フォームの違い
『洗顔石鹸は泡立てがめんどくさいから苦手…』、『置く場所に困る』『昔から洗顔石鹸しか使わない』、『洗顔フォームの方が肌がつっぱらないから好き』、『すぐ泡立つから簡単!』などなど様々なご意見をお聞きします。

では洗顔石鹸と洗顔フォームのどちらが肌にとって良いのでしょう?
乾燥肌の方、もしかしたら洗顔方法の見直しが必要かもしれません。。。

– 目次 –
1、洗顔石鹸と洗顔フォームの違いは?
2、洗顔石鹸、洗顔フォーム、それぞれのメリットデメリット。
3、今からでも遅くない!!肌に最適な洗顔方法。

1、洗顔石鹸と洗顔フォームの違いは?

洗顔石鹸と洗顔フォームの違いは成分が異なります。

洗顔石鹸・・・弱アルカリ性の性質を持っていて皮脂や汗などの弱酸性の汚れを中和して落とします。 

洗顔フォーム・・・合成の界面活性剤でできていて肌質と同じ弱酸性タイプのものが多くあります。
アルカリ性の石鹸の方が洗浄力において若干高い傾向にあります。

簡単に言うと石鹸成分からできているのが固形石鹸。
合成界面活性剤が含まれるのが洗顔フォームです。

2、洗顔石鹸、洗顔フォーム、それぞれのメリット、デメリット。

洗顔石鹸は天然の油脂と強アルカリで製造されていて肌に安全。泡立たせるのが難しいので少ない量で洗う事になり長持ち…結果、洗いすぎることはないのです。また水に分解しやすいので環境汚染をしにくい(エコ)などのメリットがあります。

デメリットは肌を乾燥させてしまう点です。
PH値の7が中性。7より高いとアルカリ性、低いと酸性です。肌は弱酸性なのでPH値が低い方が肌への刺激が少ないのですが、洗顔フォームより少しPH値が高い。他人とシェアして使う場合はバクテリアが付着してしまう。でもきちんとすすげば肌に残ることはありません。また濡れやすい所に置くと溶けてしまったり石鹸カスがシンクについたり…石鹸が濡れた状態では雑菌がつきやすいので石鹸の水分を拭き取り十分に乾かす必要があるのです。

洗顔フォームのメリットは濃密な泡が立ちやすい。
プラスチックボトルに入っている製品が多く濡れる場所に置いていても雑菌が発生することはないので清潔に保てます。多くの洗顔フォームには保湿剤が配合されているので石鹸よりも保湿力は高いのです。ですが合成界面活性剤(合成洗剤)が入っていて、中には肌のバリア機能を壊し皮膚にダメージを与えてしまうものもあります。合成洗剤って聞くだけでもなんだか怖いですよね。石鹸ほど水に分解しやすくないので環境汚染に繋がるデメリットもあります。石鹸の場合、水ですすぐと洗剤ではなくなり洗浄力を失い肌にとって無害な成分に変化しますが、合成洗剤は水ですすいだ後も洗剤のままで肌に居残り、洗剤にくっつかれた肌の大切な油は使い物にならなくなり次回の洗顔時に洗い流されてしまうのです。セラミドなどの保湿成分を肌から流出させてしまう結果、乾燥肌に繋がってしまいます。
洗顔石鹸と洗顔フォームの違い、それぞれメリットデメリットがある中、洗顔フォームより洗顔石鹸の方が肌には良いと言えます。

3、今からでも遅くない!!肌に最適な洗顔方法

いくら保湿をしても乾燥が気になる方は、もしかしたら洗顔料の影響かもしれません。洗顔フォームを使っていても洗顔石鹸をしばらく続けると肌には回復力があるので徐々に保湿力が高まり肌質が改善されていきます。

ちなみに…わたしもバッサの洗顔石鹸を使う前までは洗顔フォームを使っていました。
何故かと言うと、洗顔石鹸はすすいでもなかなかヌルッとした感じがとれていない気がするのと…洗顔石鹸より洗顔フォームの方が場所もとらないし、泡立ても簡単でめんどくさがり屋のわたしにはぴったりだったんです。
でもその当時…確かに…乾燥する季節になると肌が痒かったりカサカサ荒れてしまったりしていて…トラブルがつきものでした。。。

バッサの美容洗顔石鹸は
合成界面活性剤を使わずキメ細かい濃密な泡立ちでしっとり洗い上げ、肌の天然保湿成分であるアミノ酸18種類が潤いを与えながら汚れをきちんと落としてくれます。洗い流しも泡がスッと落ちてスッキリ!手で泡立てた時から優しく、皮脂を取りすぎないので肌が乾燥しません。

一般的に凝固剤を使って数時間でできてしまう石鹸をバッサの石鹸は手作りの過程でなんと…90日間の月日をかけて熟成し、職人の経験と勘によって「釜だき」「枠練」「自然乾燥」という独自の製法でできています。熟成させることによって刺激が弱くなるので洗い心地も良くなるのです。肌に影響があると言われている合成界面活性剤や酸化防止剤、着色料、保存料、凝固剤なども使用していないので赤ちゃんから敏感肌の方にも安心してお使い頂けます。
また長期成熟によりできる純粋で高純度、低刺激な石鹸なので形くずれがなくノンストレスで最後まて使うことができます。

わたしはいつも洗顔石鹸をお風呂場に置いているのですが、全然溶けたりしないんです。なかなか減らないので実はコスパも良いのです!!もう洗顔フォームには戻れません。。。

もしかしたら…肌が乾燥するのは洗顔のせいかも?と思われた方。今からでも遅くはありません!!
洗顔方法の見直しを検討されてみてはいかがですか??

2021.10.24

大人の肌荒れの原因と改善方法

大人の肌荒れの原因と改善方法
年を重ねても素敵だなぁと思う女性っていますよね。でも年を重ねれば重ねるほど、お肌を綺麗に保つのは難しいもの。日々の心がけで出来そうなことをまとめてみました。

– 目次 –
大人の肌荒れの原因
1.乾燥によるダメージ
2.体の冷え
3.睡眠不足
4.ストレスによるホルモンバランスの乱れ
5.暴飲暴食

肌荒れの予防策
1.規則正しい生活を心がける
2.ストレスと上手につき合う
3.スキンケアを見直してみる

大人の肌荒れの原因

肌荒れが気になり出すと、鏡を見ては落ち込んでしまうかもしれません。しかし、それよりも大切なのは「なぜ肌荒れが起きてしまったのか」を知ることです。。

1.乾燥によるダメージ

肌荒れの原因は乾燥です。乾燥によるダメージは、お肌のバリア機能を低下させます。乾燥すると皮脂が過剰に分泌して毛穴に余分な皮脂が溜まり、アクネ菌が繁殖してにきびが出来やすくなります。また、乾燥状態が続くと外的刺激から肌を守ろうとして角質を厚くしてしまいます。そうなるとゴワゴワした皮膚になり、グレーがかったくすんだ肌になります。

体の冷えと肌荒れの関係

2.体の冷え

体の冷えも肌荒れの原因になることがあります。体が冷えると体温を維持しようと血管がぎゅっと縮んでしまいます。血管が縮むと血液が滞るようになり、運ばれるはずの酸素や栄養が体の隅々まで行き渡らなくなってしまいます。その結果、肌に栄養が行き渡らずお肌のターンオーバーが乱れたり、バリア機能が低下したりして保湿機能が失われます。

血のめぐりの悪さはシミの原因にもなります。
バリア機能が低下すると紫外線からもダメージを受けやすくなります。お肌のターンオーバーが乱れ皮膚が生まれ変われず、シミを修復出来なくなってしまいます。

睡眠不足による肌荒れ

3.睡眠不足

睡眠不足は、お肌の大敵です。睡眠中には美肌になる為の成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンは皮膚組織の修復や再生、水分保持、ターンオーバーなどお肌の様々な働きに関係しています。その為、睡眠不足になってしまうと活動がままならなくなり、紫外線や乾燥だけでなく、あらゆる外的刺激からのダメージが蓄積されてしまいます。

成長ホルモン以外にも体内時計を調整するメラトニンがあります。このメラトニンが不眠によってしっかりと分泌されないと抗酸化作用が働かず、肌老化が早まってしまいます。シミ・シワなどの肌荒れを引き起こしてしまうことからも睡眠不足は禁物です。

4.ストレスによるホルモンバランスの乱れ

ストレスが溜まると自律神経の働きやホルモンバランスが乱れます。女性ホルモンである黄体ホルモンの影響で皮脂分泌が増えたり、男性ホルモンの影響で肌荒れを引き起こすこともあります。更にストレスは活性酸素を発生させてしまいます。この活性酸素が細胞を傷つけて免疫力を低下させ、お肌本来の機能を発揮出来ず、肌荒れを引き起こしてしまいます。

5.暴飲暴食

肌荒れは食べるものにも影響を受けます。食べたものは体の中で分解、消化されて栄養として吸収されるので、そのバランスが崩れることでお肌にも影響してしまいます。暴飲暴食やアルコール、コーヒーは胃腸を疲れさせてしまい、栄養をしっかり吸収することが出来なくなります。

肌荒れの予防策

原因が分かったら、出来ることから取り入れてみて下さい。

1.規則正しい生活を心がける

規則正しい生活とは「起床」→「朝食」→「昼食」→「夕食」→「就寝」という睡眠と食事によって支えられた等間隔のリズムを言います。人の体内時計は25時間と言われており、リセットされなければ1月1時間ずつずれていってしまいます。この体内時計は太陽の光を浴びることでリセットされます。規則正しい生活をしていると、このリズムが自然と出来、心と体が安定していきます。

肌荒れ改善に効果的なストレス解消法

2.ストレスと上手につき合う

ストレスとは、心と体に生じた様々な反応のことです。ストレスを感じ続けると心と体に影響が出てきます。
自分の中にあるモヤモヤした気持ちは、溜め込まず発散させましょう。お風呂に入浴剤を入れたり、キャンドルを灯してみたり、ゆっくりとした時間を過ごしてみるのもお勧めです。是非自分にあった方法を見つけて、ストレスを発散しましょう。

3.スキンケアを見直してみる

思春期の頃とは違い、表面だけのお手入れでは大人の肌荒れは改善するのが難しいです。体の内側のケアも取り入れた上で、それでも改善しなければスキンケアを見直すのもいいかもしれません。でないとダメなら次へというように、スキンケアを別のものに変えるだけを繰り返すことになってしまいます。

大人の肌荒れの改善方法
・まとめ
年を重ねるごとに、体の内側のシグナルにしっかり目を向けて対処していくことが大切になってきます。そうすると、自然に適切な生活習慣を心がけるようになり、心や体も安定していきます。その毎日の積み重ねが、やがては素敵な年の重ね方だなぁと思われることに繋がるのかもしれませんね。

Page Top