コラム─ Column ─

【専門家監修】季節の変わり目に起こる肌荒れの原因とは?症状や防ぐ対策を解説

「どうして季節の変わり目は肌荒れが起きやすいの?」
「何に気をつければ肌荒れを防ぐことができるの?」
「肌荒れは普段のスキンケアと関係があるのかな?」
このように、季節の変わり目に見られる肌荒れについて疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

 

本記事では、季節の変わり目に起こる肌荒れの原因や具体的な症状、肌荒れの対策に有効な方法を詳しく解説します。また、肌荒れを予防する洗顔方法やスキンケアのポイントも紹介します。

 

本記事を読むことで、季節の変わり目に何に気をつけるべきかが理解でき、美しい肌の状態を保つことができるでしょう。

 

季節が変わる度に肌トラブルが見られる方や、肌荒れを防止する方法を知りたい方はぜひチェックしてみてください。

季節の変わり目に肌荒れしない方法はあるの?

季節の変わり目に見られる肌荒れは、日頃から規則正しい生活を心がけたりスキンケアを丁寧にしたりすることで予防が期待できます。

 

その他に、季節に応じて室内の温度や湿度を調節し、寒暖差を和らげることも大切です。また、肌荒れが起こっても早めに適切なスキンケアを行えば、進行を抑えることができます。

 

まずは、肌荒れの原因について理解していきましょう。

 

出典:季節の変わり目 と 肌荒れの関係|札幌市中央区の皮膚科 宮の森スキンケア診療室
参照:https://www.m-skin.com/archives/7541/

季節の変わり目に肌荒れする原因とは?

季節の変わり目は気温や湿度の変化に体が慣れていないため、体調不良や肌荒れを起こしやすい時期です。自分の知らない間に肌に悪影響を与え、様々なトラブルが引き起こされることもあるでしょう。

 

ここからは、季節の変わり目に肌荒れする原因を解説します。肌荒れが見られる場合は何が原因か探ってみましょう。

 

出典:春の新生活で皮膚疾患に悩むひとが急増!原因と正しい治療法は?|巣鴨千石皮ふ科
参照:https://sugamo-sengoku-hifu.jp/column/new-life.html

ストレス

季節の変わり目は、生活の変化や人間関係の悩みなどで、精神的なストレスや疲れが溜まりやすくなります。

 

さらに、ストレスを強く感じるほどビタミンCが多く消費され、コラーゲンの合成を阻害してしまいます。

 

そのため肌の代謝が悪くなってニキビの原因菌が繁殖してしまい、体内で老化促進の活性酸素が盛んに作られて肌のバリア機能を低下させることで、肌荒れにつながってしまうでしょう。

 

出典:季節の変わり目 と 肌荒れの関係|宮の森スキンケア診療室
参照:https://www.m-skin.com/archives/7541/

紫外線

紫外線を浴びると、肌表面の皮脂が酸化するため肌が傷みやすい状態になります。また、紫外線は肌にダメージを与え、時間の経過とともに蓄積していくのが特徴です。

 

特に、夏から秋にかけて紫外線量は多くなり肌に大きな負担をかけます。この時の肌は刺激を受けやすく水分量を保てないため、シミの発生や乾燥の原因になります。

 

また、紫外線を浴びた後にケアを怠れば、肌荒れが悪化したり健康的な状態に戻るまで時間がかかったりするでしょう。

 

出典:季節の変わり目 と 肌荒れの関係|宮の森スキンケア診療室
参照:https://www.ginzabiyou.jp/column/face/hadaare18/291/

花粉

大量の花粉が肌に付着すると、かゆみや赤みなどを引き起こす場合があります。これは、春先や秋に多く飛ぶスギやヒノキなどの花粉が原因です。

 

健康的な状態であれば、花粉などの異物は体内に入らないよう弾くことができます。しかし、肌表面の水分量が少ないと肌細胞が地割れを起こし、異物の侵入を許してしまいます。

 

そのため、人によってはアレルギー反応を起こし、花粉皮膚炎の症状が現れやすくなってしまうでしょう。

 

出典:季節の変わり目は肌もゆらぎがち。|山本メディカル逗子駅前皮膚科
参照:https://yamamedi-zushi-ekimae-hifuka.jp/707/

気温や湿度が変わりやすい

気温や湿度が安定せず寒暖差が大きい時期は、肌の状態が不安定になりかゆみやかぶれを引き起こしやすくなります。

 

さらに、肌の保湿やバリア機能に影響を与える酵素「カスパーゼ14」が減少してしまいます。これによって外部の刺激を受けやすくなり、ニキビや乾燥などの様々な肌トラブルが目立ちやすくなるでしょう。

 

また、季節の変わり目は肌へのダメージが蓄積していることが多いため、天候の変化に弱くなっていることも肌荒れにつながる原因になっているでしょう。

 

出典:季節の変わり目 と 肌荒れの関係|宮の森スキンケア診療室
参照:https://www.m-skin.com/archives/7541/

季節の変わり目に起こる肌荒れの症状

肌荒れとは、肌表面に見られる様々なトラブルのことを指します。

 

季節の変わり目には体調や肌の不調が起きやすく、多くの人が悩みを抱えていると言われているため、具体的な症状を知って肌荒れ対策に努めることが大切です。ここからは、季節の変わり目に見られる肌荒れの症状を解説します。

 

出典:ハリと潤いを取り戻そう!肌荒れの原因とその治し方|美容皮膚科タカミクリニック
参照:https://takamiclinic.or.jp/doctorscolumn/other/139083/

吹き出物やニキビ

皮脂の過剰な分泌によって、吹き出物やニキビができやすくなります。これは、皮脂が時間の経過で酸化してしまい炎症が起きることが原因です。

 

気温が上がって温かくなると、季節の変化に対応するため肌の調子が変化していきます。また、春には冬の間抑えていた皮脂の分泌が活発になります。そのため、毛穴の開きやテカリが目立つようになり、吹き出物やニキビの発生にもつながってしまうでしょう。

 

出典:春の肌トラブルの原因とスキンケア対策|札幌シーズクリニック
参照:https://ci-z.jp/info/skin/spring-skin-trouble-causes-and-solutions/

赤くなる

肌の乾燥が進行すると、赤くなったり粉を吹いたりします。これは、肌の水分量が少なくなることでバリア機能が低下し、外部の刺激に反応しやすくなるのが原因です。

 

刺激を受けると、皮膚の下の毛細血管が広がるため赤みが現れます。さらに、皮膚のカサつきや痛みが出る場合もあります。特に冬は空気が乾燥して、肌の水分不足を招きやすくなるでしょう。

 

出典:ハリと潤いを取り戻そう!肌荒れの原因とその治し方|美容皮膚科タカミクリニック
参照:https://takamiclinic.or.jp/doctorscolumn/other/139083/

かゆくなる

肌の乾燥によって、外部の刺激に敏感になりかゆみを感じてしまいます。この原因は、元々の体質や季節の変わり目の寒暖差などが挙げられるでしょう。

 

かゆみは皮膚の新陳代謝が悪くなり、血流が減ることで発生します。また、掻きむしったり紫外線を多く浴び続けたりすると、症状はさらに悪化してしまうでしょう。花粉が多く飛ぶ春や気温が低くなり始める秋は、特に注意が必要です。

 

出典:ハリと潤いを取り戻そう!肌荒れの原因とその治し方|美容皮膚科タカミクリニック
参照:https://takamiclinic.or.jp/doctorscolumn/other/139083/

乾燥する

肌の水分量が少なくなると、肌表面の乾燥を引き起こします。これは、体が冷えることで新陳代謝が落ち、新しい細胞が作られにくくなることが原因とされています。

 

特に気温が下がる冬は、皮脂の分泌が減るため肌のカサつきやザラつきを感じやすくなるでしょう。さらに、肌の乾燥が進むと表面の皮がめくれ、肌のバリアが正常に機能しなくなるため注意しましょう。

 

出典:乾燥肌・敏感肌|東京ミッドタウン皮膚科形成外科Noage
参照:https://www.noage-amc.com/menu/skin/dryskin.html

季節の変わり目に起こる肌荒れを防ぐ対策

肌の調子は体の健康状態と密接に関係しており、生活習慣の見直しや気候の変化に対応した処置をすることが大切です。

 

ここからは、季節の変わり目に起こる肌荒れを防ぐ対策を紹介します。健やかな肌を目指してできることから実践してみましょう。

栄養のバランスがいい食事をする

タンパク質を中心に、ビタミンや食物繊維など様々な栄養素を含んだバランスの良い食事を心がけましょう。

 

調理して複数の栄養素を組み合せば、体と肌の健康を保つための効果が発揮されます。しかし、偏った食事や暴飲暴食は栄養が不足しやすく、肌荒れの原因となる場合もあります。

 

抗酸化作用があるベータカロチンやビタミンCを多く含む野菜や果物、皮脂の分泌を調整するビタミンB群を多く含む食品を意識して取ると良いでしょう。

 

出典:3月 食事から始める肌荒れ・ニキビ対策!|全国健康保険協会協会けんぽ
参照:https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat510/h26/270301/

十分な睡眠時間を取る

新しい肌を作るために、しっかりと睡眠時間を確保することも大切です。睡眠によって成長ホルモンの分泌が活発になり、肌や内臓の修復が行われます。

 

また、成長ホルモンの分泌は睡眠直後の3時間後にピークを迎えます。6時間以上の睡眠を取ることで細胞の活性化を促すことが可能です。

 

さらに、就寝・起床時間を毎日同じ時間に決めれば、睡眠の質を高めることにつながるでしょう。

 

出典:3月 食事から始める肌荒れ・ニキビ対策!|全国健康保険協会協会けんぽ
参照:https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat510/h26/270301/

紫外線を防ぐ

紫外線を浴びないように日焼け止めを塗ったり、日傘や帽子を活用しましょう。紫外線は1年中降り注ぐため、日差しが弱い時期であっても毎日対策をすることが大切です。

 

日焼け止めは肌への負担を考えて、紫外線吸収剤をはじめとした化学成分を含まない日焼け止めを選ぶと良いでしょう。

 

また、効果を持続させるために、数時間置きに塗り直す必要があります。紫外線を防げば肌が乾燥しにくくなり、肌の調子を整えることにもつながるでしょう。

 

出典:秋の紫外線、油断していませんか?|大西皮フ科形成外科医院
参照:https://www.onishiskinclinic.com/blog/20211014.html

花粉対策を行う

花粉が多く飛ぶ時期には、肌に付着しないよう対策をしましょう。その他にも、肌が乾燥しないように保湿をしっかり行い、潤いを保つことが大切です。

 

外出する時はマスクやメガネを着用し、花粉がつきにくい滑りやすい素材の衣服を着ると良いでしょう。

 

そして、部屋に入る時は衣服についた花粉を払い落とし、お風呂で皮膚についた汚れとともに洗い流すことが理想的です。

 

出典:~花粉による肌荒れに注意~|さくら皮フ科スキンケアクリニック
参照:http://sakurahihu.com/m-info/1067.html

肌にやさしいスキンケアを心がける

スキンケアで肌を労りながら水分を補い、適度な皮脂を保ちましょう。また、スキンケアに使用する化粧品の成分を確認して、肌にやさしいものを選びましょう。WASSERのスキンケア製品は、オイルや防腐剤などが含まれない無添加のため安心です。

 

まずは、クレンジング剤や石鹸で刺激にならないよう優しく汚れを落とします。洗顔や入浴後は保湿剤を塗って、皮膚に必要な水分をつなぎ止めましょう。

 

出典:敏感肌(不安定肌・乾燥肌・赤み)|ほりき皮膚科クリニック
参照:https://horiki-hifuka-clinic.com/original-content-03/151.html

 

出典:バッサのこだわり|WASSER(バッサ)公式通販サイト
参照:https://www.wassershop.jp/concept/

しっかり保湿する

肌に十分な水分が行き渡るように、保湿を意識しましょう。肌の潤いを保つことで角質層内のセラミドが安定し、正常にターンオーバーが行われます。

 

ターンオーバーによって角質の入れ替えがスムーズに進み、肌トラブル防止にもつなげることができます。WASSERのモイスチャーローションは、新陳代謝を促しながら高い浸透力と保湿力があるためおすすめです。

 

出典:バッサのこだわり|WASSER(バッサ)公式通販サイト
参照:https://www.wassershop.jp/concept/

肌が荒れないように洗顔する時のコツ

洗顔は肌に付着した汚れや古い角質を落とし、皮膚本来の働きを維持するためにとても大切です。また、皮膚を清潔しながら肌への負担も考える必要があります。

 

ここからは、肌荒れ予防に効果的な洗顔方法を紹介します。正しい洗顔の仕方を覚えて、肌の正常な新陳代謝を整えましょう。

 

出典:正しい洗顔方法|小田原銀座クリニック
参照:https://odawaragc.com/co/904/

洗顔方法

メイクや汚れを落とす時は摩擦に注意し、刺激を与えないよう丁寧に行うことが大切です。

 

まず、手と顔を水で濡らし、クレンジング剤や石鹸をネットを使ってしっかり泡立てます。次に、顔に泡を乗せて包み込むように円を描いて汚れを落とします。

最後にたっぷりのぬるま湯ですすぎ、柔らかい素材のタオルで押し当てて水分を吸い取るように拭きましょう。肌の表面を擦り過ぎると、角質層が傷つき皮脂の膜が奪われるため注意しましょう。

 

出典:正しい洗顔方法|小田原銀座クリニック
参照:https://odawaragc.com/co/904/

季節の変わり目に肌が荒れないように対策しておこう

季節の変わり目は、様々な要因が重なり結果として肌荒れを起こしてしまいます。しかし、毎日の習慣やスキンケアの方法を意識することで肌荒れを改善したり、予防したりすることが可能です。

 

また、スキンケアに使用する化粧品も、肌への負担を考えて成分に気をつけることも必要です。WASSERの製品はオイルや界面活性剤を使用していません。さらに、肌を安定した状態に調節するため、季節の変わり目の不安定な時期でも綺麗な肌を手に入れることができるでしょう。

 

敏感肌用の美容液ならWASSER(バッサ)がおすすめ!

監修者
青山ラジュボークリニック
https://rajeubeau-clinic.com/wp/
院長 沼本 秀樹 先生(医学博士)

順天堂大学医学部卒業。医師としてアトピーや敏感肌などの悩みを持った患者と数多く向き合ってきた経験から自身で東京青山にて美容系ラジュボークリニックを開業。女性の肌の悩みを解決できる良質なサービスを提供し続けている。

LINE相談室
Page Top