新規会員登録で、すぐに使える500ptプレゼント!

お電話でのご注文・お問い合わせ

0120-8383-14

営業時間:10:00~18:00(平日のみ)

  • マイページログイン
  • カートを見る

ブログ─ Blog ─

原因不明のかゆみと湿疹

こんにちは😃化粧品営業部の山道です。
とても印象に残っているお客様のお話です。

たまたま通りすがりのお客様にお声掛けし、お話を伺っていると。。。
少し前から手や足を中心に体全体に
原因不明のかゆみと湿疹が出る様になったそうで
病院で処方された薬を塗っているけどあまり効き目がないと、お悩みでした。

原因はわかりませんが、バッサのボディミストが良いのでは!!と思いおすすめいたしました。

バッサのボディミスト

無添加で赤ちゃんにも安心してお使い頂けるボディミスト。
高濃度水素イオン水が主成分なので、多量の水分を肌の奥深くまで届けてくれ、
肌のPH環境を最適な状態に整え、トラブルの少ない健康的な肌を育ててくれる優れもの。
しっかり潤うのにべとつかず、うるっ。さらっ。

数日後、ボディミストをお買い上げ頂いたそのお客様が
何かを伝えたい!!というすごい勢いでご来店くださいました。

「ボディミストを使い出して本当にかゆみやブツブツが楽になった!! すごい!!もっと早く使っていればよかった…勧めてくれてありがとうと伝えたかったのー♪」と、大変お喜びでした。
お客様のお肌の状態が気になっていたので、私もお客様の笑顔がみれてとても嬉しかったです😊

そして『勧めてくれてありがとう』これは私が普段店頭に立っている中で、
一番嬉しいお客様からのお言葉かもしれません😌

スキンケアをしっかりしていてもボディケアは疎かになりがち…と言う方も多いと思います。
ボディミストはミストタイプなのでお風呂上がりなどにシュッ!と簡単♪
夏の紫外線でダメージを受けたお肌。
乾燥肌に。
全身うるっ💕さらっ💕肌をぜひご実感ください😌

ミストは分子の大きさが大事です

バッサのボディミスト

こんにちは😃
化粧品事業部の大道です

毎日暑い日々が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

暑さで体に熱がこもり、頭もボーっとしてしまいます。

そんな時はバッサのボディミストを顔にも頭にも身体にも
「シュッ!」とひと吹き!!
リフレッシュしちゃいましょう!

エアコンの下でシュッ!
ハンディミストの下でシュッ!
車の中で風向きを自分に向けてシュッ!

ひんやりさっぱり、とっても気持ちがいいのです😊

そして、バッサのボディミストは
「どんなに風に当たっても、その後肌が乾燥しない!」のです!!

冬の唇を思い出してください☃️

乾燥した時に思わず舐めてしまい、唇が裂けてしまった・・・
なんて経験がありませんか❓

それは、唇の上の水分が蒸発する際に、
皮膚の中の水分まで一緒に連れて行って蒸発してしまうからなのです。
ミストでの保湿も実は同じ状況が起こります・・・😨

ミストが蒸発する際に、
お肌の水分まで一緒に飛んでしまい、
お肌がゴワゴワと乾燥して・・😨
お客様から、そんなお困りの声をよく伺います。

では、バッサのボディミストは何故乾燥しないのか✨
それは、ボディミストが「高濃度水素イオン水」という、
非常に分子レベルの小さなq主成分で出来ているからなのです。

ミストをお肌に乗せた瞬間に肌表面の角質層の細胞の中に浸透する為、
肌表面水分が蒸発する前に細胞の中に水分が吸収されます。

なので、バッサのボディミストは付ければ付けるほど、
潤いがチャージされ、ツヤのあるお肌へと導きます✨

是非バッサのボディミストで、
潤いケアをなさってみて下さい😊

ベビー用スキンケアアイテムは本当に安全?赤ちゃんのスキンケアで気になることといえば…

赤ちゃんのスキンケアについて

市販の赤ちゃん用スキンケアの安全性

生後間もなくから始まる赤ちゃんのお肌トラブルなどで、
今や赤ちゃんのスキンケアはかかせない育児の一つでもありますよね。

現在5歳と3歳の母である私ですが、赤ちゃんのスキンケアで、
市販のベビーローションや処方された保湿剤などを使っていて、
当時、気になることがありました。

乳児湿疹がひどく生後3週間くらいから
処方された保湿剤やステロイド剤をぬるように指示をうけ、
処方された保湿剤が切れてしまったときには市販の赤ちゃん用のローションなどで
毎日数回スキンケアをしてきました。

少し成長して自分の意志で動けるようになってくると、気になることが!
赤ちゃんって自分の手や足をなめたりするので、
場所によっては保湿剤やステロイド剤をぬった直後になめてしまうこともありますよね!?

そんな時、「赤ちゃん用で販売や処方されているものだし安全だよね?大丈夫だよね?」
と思いながらも、
保湿剤をたっぷりぬった手や足をなめてしまった姿が気になって仕方なかったのですが…
そんな同じ思い抱えているお母さん・お父さんもいらっしゃるのではないでしょうか!?

なるべく寝ているときに塗るようにタイミングを計ったり、
タイミングが合わなくて思うようにスキンケアができない日が続いて
カサカサが治りきらなかったり、
ほかのお世話もしながらのスキンケアにモヤモヤした思い出があります。

安全性の高いバッサのボディミスト
そこでおすすめしたいのが、全成分が食品成分で作られた保湿剤、
バッサの「ボディーミスト」。

成分はたったの5つ!!新生児から大人まで使えてお肌にやさしい!!
バッサのスキンケアを知って、「あの頃にバッサに出会っていたらよかったな」と、
世のママ・パパたちにも知ってもらいたい、
赤ちゃんと一緒に使えて自身にも使えるスキンケアアイテムは、
時短ケアにもなる万能アイテムなんです。

食品由来の成分のみを使用

まず、バッサのボディミストに使われている成分をみてみましょう!
●水
主成分のお水ですが、バッサで使われているお水は普通のお水ではなく、
「高濃度水素イオン水」という水素イオンを多く含んだ水。

細胞には、イオン化された水だけが通れる「アクアポリン」と呼ばれる水の通り道があり、
肌の奥までうるおいを届けます。
また、高濃度水素イオン水(ジェル)は肌を弱酸性に保つことで
細胞間皮脂であるセラミドの生成をサポートしてくれます。

普通のお水じゃないと聞くと口に入っても大丈夫なの?と思いますよね。
高濃度水素イオン水とは簡単に言うと水を電気分解してつくられたお水で、
もとは医療用として開発され口腔外科の治療に使用されていたお水です。

●グリセリン
グリセリンは保湿作用があり、肌をやわらかくし、しっとりとしたうるおいを与えます。
グリセリンには石油を原料とする合成グリセリンと油脂を原料とした天然グリセリンがありますが、
バッサで使われているグリセリンは天然由来の成分で甘味料や保存料などとしても使用されています。

●ソルビトール
ソルビトールは藻、海藻、多くの果物(なし、りんご)等に含まれる
高い水分保持力をもつ天然の保湿剤です。
食品添加物として主に甘味料として使用されることが多いソルビトールは、
発がん性などの毒性も確認されていないことから、安全性は高いと言われています。

●クエン酸
クエン酸は天然の果実や野菜に含まれる酸味の成分で、
レモンやミカンなど、柑橘類に多量に含まれています。
緩和な酸で、収れん(引き締め)作用があり、お肌のキメを整えます。
食品添加物としては酸味料として使われることが多いですね。

●グレープフルーツ種子エキス
グレープフルーツ種子エキスはフラボノイドを主成分とした抗酸化、
抗菌、防臭、殺菌力などがあります。天然の抗菌、殺菌などの目的で、
食品から化粧品まで様々な分野で使用されています。
またグレープフルーツ種子エキスはその名の通り、
種から抽出した成分でアレルゲンを含まないため安心です。

バッサは7つの無添加(石油系・植物性合成界面活性剤(乳化剤)・オイル・
香料・着色料・合成ポリマー・酸化防止剤・合成防腐剤不使用)なので、
お肌にやさしいのはもちろんのこと、全成分が食品成分でできているからこそ、
万が一赤ちゃんがなめてしまっても安心ですね!

そんな安心できる成分で作られたバッサのボディミストは、
新生児から大人まで使えて、とっても優秀な時短ケアアイテムでもあるんです!
赤ちゃんと一緒にお風呂に入るとなかなか自分のスキンケアまで
ゆっくり時間をかけるのが難しいですよね?

特にワンオペの日には、
お風呂から出た直後は赤ちゃん優先でスキンケアしたりお着替えしたりと、
お世話が終わったころには自分の顔も体もカッサカサになんてことも…

バッサの浸透力で時間をかけずに
赤ちゃんのスキンケアも自身のスキンケアも一瞬で完了!!
お風呂上りに赤ちゃんにスプレーするときに一緒に自身にもスプレーするだけ。
バッサのボディミストは塗りこまなくても大丈夫!
高濃度水素イオン水の浸透力でお肌の奥までうるおいます。
逆さにしてもスプレーできるので手が届きにくい背中も一瞬で保湿が完了!

また顔にも振りかけておけばパッティングしなくても浸透してくれるので、
プレ化粧水としても使えて、赤ちゃんのお着替えやお世話を終わらせて
一息ついてからお顔のスキンケアをするまで乾燥しらずな万能アイテムなんです!

とっても優秀なバッサのボディミストは、
5歳と3歳になった今でも我が家では大活躍中で、
吹きかけておけば乾燥知らずなので、
イヤイヤ期のお子さんのスキンケアにもおすすめのアイテムです!
赤ちゃんにも使える保湿剤

冬の保湿はボディミストで全身隙なく!

こんにちは!
化粧品営業部の大道です。

舞い散る枯れ葉や冷たい風に本格的な冬の訪れを感じるこの頃ですが、
皆さまいかがお過ごしでしょうか。

この時期、どうしても全身の至る所が乾燥してしまいます。

手指のあかぎれ、全身のかゆみ、かかとのガザガサ・・・
言い出したらキリがありません。

そんな悩みをすぐさま解決させる方法とは!

今までの常識を覆す最新ボディ保湿!

冬を乗り切る保湿の1番の鍵、
それは「入浴後の素早い保湿にあり」なのです!!

「それはもう常識よ」なんて声が聞こえてきそうです。

テレビを見ていると美のカリスマ達は皆、
口を揃えて「入浴後5分以内に保湿を」なんて話をされます。

では、それは何故なのか。
何故入浴後なのか。
その理由をご存知ない方も多いはず。

冬の乾燥。その理由は?
入浴後の肌表面にはタオルドライしても水分がたくさん残っています。
その水分は必ず蒸発してしまいます。

肌表面の水分が蒸発する際には、
肌内部の水分も一緒に空気中に連れて行ってしまいます。

表面の水分だけでなく、肌内部の水分も持って行かれるなんて、
たまったもんじゃありません。

また、洗い立てのお肌はアルカリ性に傾きます。
このアルカリ性のお肌の状態は
悪玉菌(黄色ぶどう球菌やアクネ菌)が増えやすい環境です。
悪玉菌は増えすぎるとかゆみや炎症、吹き出物などお肌に悪い働きをします。

お風呂上がりにそのアルカリ性の状態を放置してしまうことが
肌を傷める1番の原因になるのです。

肌内部の水分を閉じ込めるためにクリームを素早く塗りましょうとよく耳にします。

だからといって入浴後、寒い脱衣所でクリームを塗っていたら、
折角温めた身体がどんどん冷えてしまいます。

早く服を着たい。
でも乾燥させたくない。

だからといって暖かい部屋に移動してまた服を脱いで保湿をするのは面倒。

クリームでベタベタした身体に服を着るのも嫌。

そんなお声をこの時期よく頂戴します。

そこで登場するのが「ボディミスト」です。

「ミストって夏使うものじゃないの?」
そう思われる方も多いと思います。

何故ミストが冬の保湿に大活躍なのか。
その理由は一言で言うならば、
「広範囲に一気に塗布できるから」なのです!!

お風呂上がり、シュシュっと全身に振りかけて、
さーっとお顔から爪先まで1番早く塗る事が出来、
しっかりと保湿できるのがミストタイプなのです。

タオルドライしてからボディ全体に塗るのに10秒もかかりません!
その手軽さが冬の保湿にピッタリなのです。

しかし、そこで重要になってくるのが、
「ミストに必要な3つの機能」。

①風呂上がりに付けるミストは、
そのアルカリ性を弱酸性に速やかに戻す機能が必要です。
アルカリ性の皮膚を弱酸性に戻してあげる事で、
皮膚のバリア機能を強化し、乾燥に強い肌に育てます。

②水分が蒸発する速度より、
より早く肌内部に浸透する非常に小さな分子の水分が必要です。

肌内部まで浸透しない大きさの分子の水分は、
その水分が蒸発する際、やはり肌内部の水分も一緒に蒸発させます。
肌細胞の水分の通り道(0.3nm)より小さな分子である必要があります。

③乾燥した敏感なお肌に負担なく使える無添加処方のミストが必要です。
冬の乾燥で敏感になった皮膚は、添加物ですぐに湿疹や肌荒れになりやすいです。
合成防腐剤・酸化防止剤・合成ポリマー・香料・着色料・
合成界面活性剤を含んでいない商品を選ぶ必要があります。

この①②③全ての必要な機能を兼ね揃えるのが
「高濃度水素イオン水」です。

高濃度水素イオン水は、
0.28nmの非常に小さい分子で作られた「特殊な水」で、
肌を弱酸性に保ちます。

分子が非常に小さいので肌細胞の内部まで入り込み、
細胞の一つ一つをお水で満たします。
瞬時に肌内部まで浸透するので、水分がすぐに蒸発する事がありません。

まさに、冬の悩みの全てをスカッと瞬時に解決してくれる
「救世主」なのです!

そして、この高濃度水素イオン水で作られているのが
バッサの「ボディミスト」なのです。
バッサのボディミスト

使い方は簡単!
お風呂上がり、タオルドライした全身にシュシュっとひと吹き。
その後手で馴染ませます。

ローションタイプなので全身に馴染むのが早く、
素早く全身をローションで覆う事ができます。

ベタベタしないので、心地よく服を着る事ができます。

バッサのミストは付けてから5分後、
お肌と馴染んでどんどんしっとり潤ってお肌に馴染んでいきます。
かゆみやアトピー、カサカサはもちろん、髪の毛だってツルツルです!
手指のアカギレ、逆剥けにも!

口の中に入っても大丈夫な程安心な成分で
出来ているので唇に塗ってもOK!

マルチな使い方が出来るハイブリッドミストなのです!!

この冬、手軽にシュシュ!

バッサボディミストでトラブル知らず!
健康肌で心地よく冬を乗り切りましょう!

Page Top