新規会員登録で、すぐに使える500ptプレゼント!

お電話でのご注文・お問い合わせ

0120-8383-14

営業時間:10:00~18:00(平日のみ)

  • マイページログイン
  • カートを見る

ブログ─ Blog ─

カテゴリー:「敏感肌」

【専門家監修】化粧品に含まれる保湿成分の種類とは?効果を引き出すポイント

あなたが化粧品を選ぶときに求めるものは何でしょうか?

 

美白やシミ消しにはホワイトニング成分を含むもの、敏感肌の人は肌に優しいタイプのもの、たるみや毛穴のひらきが気になる人はエイジングケア商品など、肌の悩みに対応した化粧品が売られており、それらには保湿成分が含まれていることが多くあります。

 

夏の強い紫外線やエアコン、冬特有の空気の乾燥など、カサカサ肌につながる環境要因が季節を問わずあります。そのため、保湿有効成分はスキンケアの必須項目といっても良いでしょう。

 

この記事では、保湿成分の代表的な種類とその特徴、さらにその効果を引き出すスキンケアのポイントを紹介していきます。

 

ひと口に保湿化粧品といっても、配合成分やどのような仕組みで保湿するのかなどの違いがあります。保湿成分の種類と働き、その効果を理解することで自分の肌の求める成分に合うスキンケアを選ぶことができるようになるでしょう。

 

自分の肌のタイプを見極めて、あなたにぴったりのスキンケアを見つけましょう。

保湿成分が持つ働き

保湿成分の主な目的は皮膚の水分を補ったり、蒸散を防いだりして、肌のうるおいを保つことです。肌のうるおいが保たれることにより、正常なターンオーバーをコントロールして、滑らかな肌を保つ働きもあります。

 

また、肌の一番外側にある角質層は、保湿成分であるアミノ酸やセラミドなどで構成されており、この角質層に化粧水や保湿剤を塗って保湿成分や水分を届けることでうるおいのある肌を作ることができます。

 

出典:保湿とエモリエント | 日本化粧品工業連合会
参照:https://www.jcia.org/user/public/knowledge/glossary/moisturizing

 

化粧品に含まれる保湿成分の種類

保湿成分といっても、働きやどのように作用するのかによってさまざまな種類があります。

 

コラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタなど聞いたことのある名称だけど、どのような働きをするのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

 

このセクションでは代表的な保湿成分とその効果を解説していきます。

セラミド

肌の表面にある角質層は何層もの角層細胞が重なってできています。その角層細胞同士のすき間を満たし、細胞をつないで水分を保っているのがセラミドです。

 

セラミドは、古い皮膚が剥がれ落ちて肌が生まれ変わる「ターンオーバー」の過程で生成されるもので、表皮の奥で作られて角質層に放出されます。

 

セラミドで満たされて水分が保たれている肌は、バリア機能が高められているため、外部刺激による肌荒れがしにくい状態です。また、肌表面のきめが整った状態なので、内側からの水分の蒸発が抑えられ、うるおいを維持しやすい肌になります。

 

ターンオーバーのサイクルは加齢とともに衰えていき、20代では約28日周期、50代では約45日周期となります。それに伴い、セラミドの生成量も減少していくためスキンケアやインナーケアで、セラミドを補うことが必要です。

 

出典:セラミドはなぜ肌の健康に重要か? | 公益財団法人 東京都医学総合研究所
参照:https://www.igakuken.or.jp/topics/2017/0301.html

スクワラン

スクワランは、ほ乳類や植物に含まれるスクワレンからできており、もともと人間の肌の中にも存在する天然由来の保湿成分です。

 

汗などの水分と混ざり合って角質層の表面を守る皮脂膜となり、乾燥や紫外線といった外部刺激から肌を守ります。水のようにさらっとして軽い感触で肌なじみがよく、毛穴を詰まらせないため、化粧品の保湿成分としてよく使われています。

 

肌がもともと持っているスクワランは、30代頃から減少していくため、意識して補給する必要があるでしょう。

 

出典:化粧品用語集 ライブラリー | 日本化粧品技術者会 SCCJ
参照:https://www.sccj-ifscc.com/library/glossary_detail/858

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、もともと人間の体内に存在する成分であり、目の硝子体や皮膚、関節などの水分を多くふくむ部位に備わっています。

 

保水力が非常に高く、1グラムで6リットルもの水を抱え込む力があり、体の各部位での水分保持の役割を担っています。

 

肌の保湿においてもその保水力を発揮し、ハリと弾力のある肌を保つのに欠かせない成分です。しかし、年齢を重ねることでヒアルロン酸の量が減少し、それに伴いハリやうるおいも失われ、乾燥や肌荒れなどの肌トラブルにもつながります。

 

ヒアルロン酸は、化粧品原料として安定性・安全性の高い成分であり、高い保湿力を持っているうえに肌なじみが良く、角質層を水分で満たしてしっとり感をキープしてくれます。

 

出典:化粧品用語集 ライブラリー | 日本化粧品技術者会 SCCJ
参照:https://www.sccj-ifscc.com/library/glossary_detail/1332

コラーゲン

コラーゲンは、人の皮膚や骨、血管など人体を構成する必要不可欠なたんぱく質の一種で、人体のたんぱく質全体の約30%を占めています。

 

人間の皮膚は、外側から表皮、真皮と呼ばれる層で構成されており、コラーゲンは皮膚の深い層にある真皮に多く含まれています。また、表皮と真皮の間で養分の受け渡しをする基底膜という層にもコラーゲンは存在します。

 

この基底膜のコラーゲンが不足すると、肌のターンオーバーが正常に行われなくなり、本来ターンオーバーによって排出されるはずのメラニン色素が残り続けることになります。その結果、シミとなって定着してしまうこともあります。

 

コラーゲンは比較的簡単に食事から摂取できる成分です。身近なところでは、ゼラチンで作ったゼリーや軟骨、魚や鶏皮の煮凝りなどに豊富に含まれています。

 

出典:コラーゲン|厚生労働省
参照:https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-011.html

グリセリン

グリセリンは、医薬品や化粧品などの用途に使われるアルコールの一種です。植物性グリセリンと合成グリセリンとがあり、主に化粧品に使われるのはヤシ油やパーム油を加水分解し精製した植物性グリセリンです。天然由来成分のため肌にやさしいのが特徴です。

 

無色透明の粘り気のある液体で非常に高い吸湿性を持つため、化粧品や軟膏などの保湿成分として配合されています。

 

肌の水分の蒸散を抑えるだけではなく、外部の水分を引き寄せる働きもあります。その吸湿性の高さから、空気中の水分を引き寄せるだけでなく肌の内部の水分まで奪って乾燥を引き起こしてしまうこともあるため、高濃度グリセリンを配合した化粧品を使うときには注意が必要です。

 

また、グリセリンには肌をやわらかくする作用も認められているため、マッサージクリームやクレンジングにも配合されていることがあります。

 

出典:化粧品用語集 ライブラリー | 日本化粧品技術者会 SCCJ
参照:https://www.sccj-ifscc.com/library/glossary_detail/455

アミノ酸

表皮の細胞が表面に押し出され角質層になるとき、細胞内のたんぱく質が分解されてアミノ酸となります。このアミノ酸は角質層でうるおいを保つ役割を担っています。

 

しかし、角質層の重なりが乱れている状態だと表皮から水分が蒸発しやすく、外部刺激の影響を受けやすくなってしまいます。そのためうるおいを保つにはアミノ酸は欠かせません。

 

アミノ酸系の化粧品は低刺激性で肌や髪にやさしいのも特徴です。

 

出典:化粧品用語集 ライブラリー | 日本化粧品技術者会 SCCJ
参照:https://www.sccj-ifscc.com/library/glossary_detail/53

ジプロピレングリコール

保湿成分であるプロピレングリコールをより低刺激にしたものがジプロピレングリコールです。安全性が高いため、敏感肌用のスキンケア商品によく配合されています。

 

グリセリンと同様に吸湿性能が高い成分ですが、グリセリンより粘性が低く、サラッとしたテクスチャーで、水やアルコールに非常に溶けやすいため、他の美容成分と組み合わせて化粧品の伸びや滑りなど、テクスチャー改善のために配合されることも多いと言われています。

 

出典:今はもう秋? もうすぐ寒くなってお肌の乾燥の季節です。すなわち保湿の季節です。|札幌市中央区の皮膚科 宮の森スキンケア診療室
参照:https://www.m-skin.com/archives/4863/

プラセンタ

プラセンタは、英語で「胎盤」を意味する言葉です。妊娠中にお母さんから赤ちゃんに栄養を送ったり、赤ちゃんが要らない老廃物をお母さんの血液に戻したりする働きをします。

 

胎盤には10種類以上のアミノ酸や多種のビタミン、ミネラル、酵素などの栄養成分や成長因子が豊富です。胎盤を持つ動物の多くは出産後、胎盤を食べてしまうのですが、これは出産で衰えた体力を栄養の豊富な胎盤で回復するという意図があるためだといわれています。

 

プラセンタはアミノ酸や成長因子が含まれており、コラーゲンの生成量を増やして肌にハリをもたらす効果や、角質の水分を保持して乾燥肌や乾燥によるシワの改善などの効果も期待できます。

ワセリン

ワセリンは石油を精製した保湿剤で、色は精製度に応じて薄い黄色から白色です。精製度が高い程余分な成分が除かれて、肌への刺激が少なくなります。

 

実はワセリン自体には保湿成分を含んでおらず、肌の表面に油膜を張り肌からの水分蒸発を防ぐことで乾燥を抑えたり、外部刺激から肌を守る役割を果たします。

 

入浴後や洗顔後のスキンケアで肌を保湿した後、仕上げにワセリンを塗ることで就寝中の肌を乾燥から守るほか、唇に塗って保湿ケアするなどが主な使用方法です。

糖類であるソルビトール

ソルビトールは、ブドウ糖やショ糖から得られる糖アルコールの一種であり、寒暖や湿度などの周囲の環境に影響を受けやすい肌の浸透圧保護剤として働きます。

 

ソルビトールを含む浸透圧保護剤は、さまざまな湿度と温度で起こりうる細胞内への水分の流入と放出を調節することで細胞を安定化させて周囲の環境に順応させます。

 

グリセリン同様に周囲の水分を集めて肌の水分量を保つ性質がありますが、質感はグリセリンよりべたついているのが特徴です。

 

出典:化粧品用語集 ライブラリー | 日本化粧品技術者会 SCCJ
参照:https://www.sccj-ifscc.com/library/glossary_detail/981

化粧品に含まれる保湿成分の効果を引き出す7つのポイント

保湿成分の効果を引き出すには、化粧品に頼る以外の要因も必要になってきます。

 

保湿というと、肌に水分を入れるというようなイメージを持ちがちです。もちろん水分を入れることも大切ですが、肌が本来持っている力を最大限に活かせる状態に肌を整えることが大切です。

 

ここでは、肌環境を整えるために必要なポイントを紹介していきます。

  • 生活習慣を見直す
  • スキンケアは丁寧に行う
  • 保湿成分は併用して取り入れる
  • 顔だけでなくからだの保湿もあわせて行う
  • 肌の状態にあわせて保湿の回数を増やす
  • 敏感肌や乾燥肌の場合は洗顔後にすぐ使う
  • 使用方法や使用量を守る

1:生活習慣を見直す

いくらスキンケアに手間やお金をかけても、不摂生をしていたり不規則な生活を送っていたりすると肌に悪影響を及ぼします。

 

食事と睡眠は人間の基本的な健康を支える基盤であり、規則正しい生活は体の健康だけでなく肌の健康にもつながります。バランスの良い食事と、適度で質の良い睡眠を心がけましょう。

2:スキンケアは丁寧に行う

スキンケアの方法をしっかりマスターして正しい方法で毎日丁寧に行いましょう。

 

基本的に水分の多いアイテムから使い、油分の多いものは最後に使いましょう。それぞれの工程でしっかり肌に保湿成分を浸透させるとより効果的に肌にうるおいを浸透させることができます。

 

休日や朝起きた時は、汚れていないからという理由で水で洗うだけという人もいますが、就寝中には皮脂や汗が分泌され、ホコリなどの細かい汚れなどがつきます。

 

水では皮脂は落とせないため、肌に付着したままになっていると、毛穴のつまりやざらつきなどの原因となってしまうでしょう。

3:保湿成分は併用して取り入れる

保湿成分は数種類を併用するとより保湿効果を発揮できます。

 

例えば、真皮で水分を保持するヒアルロン酸やコラーゲン、コラーゲンの生成量を増やすことができるプラセンタ、コラーゲンを構成するアミノ酸、水分の蒸発を抑えるワセリンなど、それぞれの成分を活かす組み合わせで保湿成分を取り入れると良いでしょう。

4:顔だけでなくからだの保湿もあわせて行う

体も乾燥するとバリア機能が低下します。また、乾燥が進むとかゆみや炎症、黒ずみなどを引き起こしやすくなります。乾燥した肌に衣服がこすれて赤くなったり、痒くなったりする人もいるでしょう。

 

風呂上がりの柔らかくなった肌は、水分が出ていきやすい状態です。入浴後はなるべく早く保湿ケアアイテムを塗るようにしましょう。特に乾燥が気になるかかとやひじなどには重ね塗りをしたり、ラップでパックするなど、スペシャルケアを施しましょう。

5:肌の状態にあわせて保湿の回数を増やす

保湿は基本的に1日2回、朝晩の洗顔後を目安に行います。ただし、乾燥する季節や、紫外線、空調などで乾燥しやすい時には、保湿の回数を増やしてみましょう。

 

朝晩以外は仕事や学校など外出していてスキンケアなんてできないという人もいるでしょう。外出先での保湿には、メイクの上からでも使えるミスト化粧水が活躍します。携帯できる大きさのスプレーボトルで、シュッと顔に振りかけるだけなので手軽に保湿ができるでしょう。

 

普通の化粧水と同様に、ヒアルロン酸やセラミド配合、敏感肌用などのラインアップも揃っています。

6:敏感肌や乾燥肌の場合は洗顔後にすぐ使う

朝晩の洗顔や入浴後に、なるべく早く保湿するようにします。

 

まず洗顔は36~38℃のぬるま湯で行いましょう。熱めのお湯で洗顔すると肌に必要な皮脂が溶けだしてしまうため、乾燥の原因となります。

 

洗顔後は、肌の毛穴が開いて水分が出ていきやすい状態になっています。出て行ってしまった水分を補うためには素早く化粧水をなじませて、保湿剤などの油分でフタをし、水分の蒸発を抑えましょう。

7:使用方法や使用量を守る

保湿化粧品は、たくさん使えば使うほど肌がうるおうということではありません。

 

肌が化粧水を吸収できる量は決まっており、その量を超えてしまって余った分は肌の表面に残って蒸発しますが、その時に肌内部の水分も一緒に奪ってしまいます。

 

逆に使用量が少ない場合には、化粧水を塗るときに肌を摩擦してしまうだけでなく塗布する量が足りず、乾燥や肌荒れにつながってしまうこともあります。

 

保湿アイテムのパッケージには、メーカーが定めた最適な使用方法と1回分の使用目安量が記載してあります。新しいアイテムを使うときには、用法用量を確認して使い始めましょう。

敏感肌や乾燥肌の場合に気を付けたい保湿化粧品の選び方

敏感肌や乾燥肌の人は、自分に合うアイテムを探すのが難しいでしょう。敏感肌におすすめという宣伝文句に惹かれて買ったのに使ってみたら肌がピリピリする、保湿成分がたくさん入っているのにすぐに乾燥するなど、失敗したスキンケアも多いのではないでしょうか。

 

そんな敏感肌・乾燥肌に悩む人に、保湿化粧品を選ぶときのポイントをご紹介します。

具体的な成分が把握できないものは選ばない

まずは商品のラベルに記載された成分表を見ましょう。写真に撮るなどして記録しておくと、過去に使った化粧品で肌に合わない商品に共通して入っている成分がわかりやすく、自分に合わない成分を見極めて避けることができます。

 

また、特に注意が必要なのは通販で購入する場合です。ほとんどの場合には購入ページや商品詳細の欄に成分が書かれていますが、まれに記載がないことがあります。

 

過去に肌トラブルを起こした成分が入っていることがあるためメーカーに問い合わせをして確認すると良いでしょう。

 

敏感肌向けの製品ブランドを選ぶ

季節の変わり目やストレス、生活の変化などで肌が乾燥して肌荒れする、かゆみや赤みがでてしまうといった悩みがあり、自分に合う化粧品を見つけるのが大変だという敏感肌の人もいるでしょう。

 

敏感肌向けブランドの製品はその名の通り、さまざまなタイプの敏感肌を研究し、低刺激性の肌にやさしい処方を採用したものです。原料や成分にも低刺激性のものを配合し、無香料、無着色などの工夫がされています。

 

敏感肌向けの商品は、開発段階で肌に刺激がないかを確認したり、敏感肌の人がテストしていることを表すパッチテスト済み、アレルギーテスト済みと表記しているものも多くあります。

 

いつも使っているスキンケア用品があわないと感じる人は敏感肌向けブランドのスキンケアを試してみても良いでしょう。

塗布後にべたつきがないものを選ぶ

化粧水や乳液をのせた後に、肌がべたべたするということがあります。べたついているからといって肌がうるおっているとは限りません。

 

スキンケア後時間が経ってからのべたつきは、乾燥や脂性肌によるものです。脂性肌は皮脂が過剰に分泌されてしまう肌質なため、油分の少ないさっぱりタイプのテクスチャーを選びましょう。

 

また、乾燥肌なのに化粧水塗布後にべたつく場合は、皮膚がうるおいを守ろうと皮脂を多く分泌していることによるべたつきが生じてしまっています。

化粧品と塗り薬との併用は主治医に相談する

スキンケアは肌のお手入れであるため、基本的には薬との併用は問題ありませんが、薬の効果を遮ってしまうこともあります。自己の判断で勝手に塗って思わぬ副作用が現れないとも限りません。

 

皮膚のトラブルが起こったときに塗り薬を使用する際には、セルフケアに頼らず、早めに医師や薬剤師に相談し、正しい量と塗布するタイミングで使いましょう。

化粧品に含まれる保湿成分を確認しておきましょう

保湿成分の種類と特徴を知ることで、より自分に合う化粧品を選べるため、安心して使うことができるようになります。自分の肌質や肌悩みに合わせて、必要な保湿成分を確認し、化粧品を選んでみてください。

 

また、保湿化粧品の効果を活かせるように、クレンジングや洗顔など、毎日のスキンケアや生活習慣も見直してみてはいかがでしょうか。

 

しっかり保湿される美容液ならWASSER(バッサ)がおすすめ!

監修者
青山ラジュボークリニック
https://rajeubeau-clinic.com/wp/
院長 沼本 秀樹 先生(医学博士)

プロフィール(経歴)
昭和59年 順天堂大学医学部 卒業
平成2年 順天堂大学整形外科大学院 卒業
平成2年 石和町立峡東病院勤務 整形外科医長
平成2年 日本整形外科学会 認定医
平成6年 石和町立峡東病院 院長
平成6年 順天堂大学整形外科 非常勤講師
平成11年 東京女子医科大学救命救急センター 非常勤講師
平成14年 康麗会山梨峡東病院 院長
平成15年 山梨大学医学部臨床 助教授
平成18年 六本木ヒルズ けやきクリニック 院長
平成23年 東千石整形外科内科 院長
平成28年 一般社団法人統合再生医療研究会 代表理事
ラジュボークリニック 開業

【専門家監修】化粧品かぶれとはどんな症状?原因や防ぐ方法・対処法についても紹介

「初めて使った化粧品で肌に赤みやかゆみが出た」
「いつも使っている化粧品で肌に突然ブツブツができた」
「化粧品にかぶれてしまったらどうすれば良い?」
化粧品を使って肌がかぶれてしまった経験のある人は、多いのではないでしょうか。

 

この記事では化粧品かぶれの原因や、かぶれてしまったときに出る症状、化粧品かぶれを防ぐための方法について解説しています。また、化粧品かぶれの原因となる成分を特定するための方法についても紹介しています。

 

この記事を読むことで、化粧品かぶれを起こさないための具体的な対策について知ることができるでしょう。

 

化粧品を使って肌の赤みやかゆみ、ヒリヒリした痛みが出やすい人は、ぜひ読んでみてください。

化粧品によるかぶれとは?

化粧品を使用して肌がかぶれることを、接触性皮膚炎と言います。化粧品によるかぶれは、新しい化粧品を使ったときだけでなく、普段から使用している化粧品を使っていて急に起こる場合もあります。

 

出典:化粧品かぶれの原因は?予防方法と医師のお勧めを紹介します。|はなふさ皮膚科・美容皮膚科
参照:https://mitakabiyou.com/column/cosmetics

化粧品かぶれが起きる原因

化粧品かぶれには「刺激性」と「アレルギー性」という2つのタイプがあり、それぞれ原因が異なります。いったい何が原因で化粧品にかぶれてしまうのか、かぶれやすい成分とは何なのか、詳しく見ていきましょう。

 

出典:化粧品かぶれの原因は?予防方法と医師のお勧めを紹介します。|はなふさ皮膚科・美容皮膚科
参照:https://mitakabiyou.com/column/cosmetics

化粧品の成分による刺激

刺激性の化粧品かぶれは、化粧品に含まれる成分が原因で起こります。化粧品には香料や保存料、界面活性剤といったものが原料に含まれていて、それらが皮膚を刺激することで化粧品かぶれになるのが刺激性の化粧品かぶれの特徴です。

 

香料は特に化粧品かぶれを起こしやすく、次いで原因になりやすいのは保存料と言われています。

 

界面活性剤は多くの化粧品に配合されていますが、いくつか種類があり、シャンプーやボディソープに使用されることの多いアニオン系は肌に刺激を与えやすいでしょう。

 

出典:化粧品かぶれの原因は?予防方法と医師のお勧めを紹介します。|はなふさ皮膚科・美容皮膚科
参照:https://mitakabiyou.com/column/cosmetics

アレルギーによるもの

アレルギーによる化粧品かぶれは、特定の原料に対してアレルギーを起こすことで皮膚に炎症が生じます。アレルギー性の化粧品かぶれは、人によって起こりやすい場合と起こりにくい場合があるでしょう。

 

出典:化粧品かぶれの原因は?予防方法と医師のお勧めを紹介します。|はなふさ皮膚科・美容皮膚科
参照:https://mitakabiyou.com/column/cosmetics

化粧品にかぶれたときの症状

化粧品にかぶれると、肌にはどのような症状が出るのでしょうか。ここでは化粧品かぶれの代表的な3つの症状について解説します。

 

化粧品を使って肌にトラブルが起こった経験のある人は、自分に当てはまるかどうかチェックしてみてください。

ヒリヒリとした痛みがある

化粧品をつけた部分にヒリヒリとした痛みが生じた場合は、化粧品かぶれの可能性があります。特に刺激性の化粧品かぶれは、化粧品をつけた後すぐにヒリヒリ感や痛みが出ることが多いでしょう。

 

出典:化粧品かぶれの原因は?予防方法と医師のお勧めを紹介します。|はなふさ皮膚科・美容皮膚科
参照:https://mitakabiyou.com/column/cosmetics

肌に赤みやかゆみが出る

化粧品にかぶれると、顔や首に赤み、かゆみといった症状が出るケースもあります。化粧品を使ってすぐに出る場合と、同じものを何回か使ってから出る場合があるため、肌の状態をよく確認しながら使用するのがおすすめです。

 

出典:接触皮膚炎|医療法人財団順和会 山王病院
参照:https://www.sannoclc.or.jp/hospital/patient/department/hifuka/sesshoku.html

ブツブツができる

赤みやかゆみだけでなく、化粧品をつけた部位にブツブツができることもあります。赤みやかゆみ、ブツブツなどの症状が長く続くと、肌がガサガサになったり色素沈着を起こしたりする場合もあるため、注意が必要です。

 

出典:かぶれ(接触皮膚炎)|湘南内科皮フ科クリニック町田院
参照:https://sbc-medicalcare.com/skin/rash/

化粧品かぶれを防ぐ方法

化粧品かぶれを避けるためには、何が原因で肌がかぶれてしまうのかを特定することや、肌の状態に合わせて化粧品を使うことが大切です。

 

化粧品かぶれを起こさないようにしたい人は、ここで紹介する対処法をぜひ参考にしてください。

パッチテストをする

アレルギーによる化粧品かぶれの場合は、パッチテストをすることでアレルギーの原因物質を調べることができます。医療機関で受けるパッチテストは、検査の対象となる成分を専用テープで背中に貼り付けて行います。

 

テープを貼ってから2日後、3~4日後、1週間後に来院して、貼り付け部分の状態を確認したりアレルギーの判定を受けたりする必要があります。そのため、検査結果が出るまでに時間がかかるのがデメリットです。

 

パッチテストを自分で行う場合は、腕の内側に油性マーカーで円を描き、円の中に調べたい化粧品を塗布します。1~2分置いて洗い流したら、化粧品をつけた部分の肌に変化がないか確認しましょう。

 

出典:接触皮膚炎(パッチテスト)|日本橋いろどり皮ふ科クリニック
参照:https://www.irodori-hifuka.jp/contact-dermatitis/

新しい化粧品は肌の調子が良いときに試す

肌のコンディションが悪いと敏感になりやすく、化粧品の成分でかぶれを起こす可能性が高くなります。新しい化粧品を試すタイミングは、肌の調子が良いときがおすすめです。

 

出典:化粧品かぶれの原因は?予防方法と医師のお勧めを紹介します。|はなふさ皮膚科・美容皮膚科
参照:https://mitakabiyou.com/column/cosmetics

化粧品にかぶれてしまったときの対処法

化粧品にかぶれて肌に赤みやかゆみといった症状が出てしまったら、どのように対処すれば良いのでしょうか。化粧品かぶれは急に起こることもあるため、いざというときに備えて対処法を知っておきましょう。

保湿をする

刺激性の化粧品かぶれが起こった場合は、保湿をすることで症状を和らげることができると言われています。

 

肌の保湿をすることは刺激性の化粧品かぶれを予防することにもつながるため、日常のスキンケアでしっかり肌を潤しておきましょう。

 

出典:化粧品かぶれの原因は?予防方法と医師のお勧めを紹介します。|はなふさ皮膚科・美容皮膚科
参照:https://mitakabiyou.com/column/cosmetics

医療機関へ相談する

化粧品かぶれをそのままにしておくと、症状が悪化してしまうケースもあります。症状がひどい場合や、繰り返し症状が出るときは医療機関で診てもらいましょう。

 

また、医療機関のパッチテストを受けて化粧品かぶれの原因物質を特定することで、再び同じ成分でかぶれるのを防ぐことができます。

 

原因の分からない化粧品かぶれで悩んでいる人は、医療機関に相談してみるのも一つの方法です。

 

出典:化粧品かぶれの原因は?予防方法と医師のお勧めを紹介します。|はなふさ皮膚科・美容皮膚科
参照:https://mitakabiyou.com/column/cosmetics

化粧品かぶれの原因と防ぐ方法について理解しておこう

化粧品かぶれは誰にでも起こる可能性がありますが、適切に対処すれば防ぐこともできます。この記事で紹介した、化粧品かぶれの原因や対処法について理解しておきましょう。

 

オイルフリーの美容液ならWASSER(バッサ)がおすすめ!

監修者
青山ラジュボークリニック
https://rajeubeau-clinic.com/wp/
院長 沼本 秀樹 先生(医学博士)

プロフィール(経歴)
昭和59年 順天堂大学医学部 卒業
平成2年 順天堂大学整形外科大学院 卒業
平成2年 石和町立峡東病院勤務 整形外科医長
平成2年 日本整形外科学会 認定医
平成6年 石和町立峡東病院 院長
平成6年 順天堂大学整形外科 非常勤講師
平成11年 東京女子医科大学救命救急センター 非常勤講師
平成14年 康麗会山梨峡東病院 院長
平成15年 山梨大学医学部臨床 助教授
平成18年 六本木ヒルズ けやきクリニック 院長
平成23年 東千石整形外科内科 院長
平成28年 一般社団法人統合再生医療研究会 代表理事
ラジュボークリニック 開業

【専門家監修】敏感肌とは?代表的な症状や起こる理由と対策のポイントもあわせて紹介

「肌がよくかぶれてしまうのは何でだろう?」
「敏感肌になってしまったが、どのような化粧品を使用したらよいのか?」
「敏感肌を改善したいが、何に気をつけたらよいのだろうか?」
このような敏感肌ならではの悩みをお持ちではないでしょうか。

 

本記事では、肌が敏感に傾く理由やその対処法、日常生活で気をつけるポイント、肌がダメージを受けやすい時期など、様々な角度から敏感肌について紹介しています。また、どのような化粧品がよいのかという点にも触れています。

 

この記事を読むことで、敏感肌に合ったスキンケアや肌に負担をかけない方法、肌がかぶれてしまう原因などを知ることができるでしょう。

 

敏感肌や肌のかぶれでお悩みの方は、ぜひチェックしてみてください。

敏感肌とは?

敏感肌とは刺激を受けやすい肌のことをいい、通常よりも肌がかぶれやすく、炎症・乾燥などの肌トラブルが発生しやすい状態のことです。

 

肌内部にある角質層の保湿力・保護力の低下による潤い不足が、敏感肌の主な原因とされています。肌の潤い不足は、遺伝や体質が原因で発症する場合もあれば、生活環境が原因となる場合もあるでしょう。

 

敏感肌は刺激に弱いため、通常の肌よりも年齢や季節、環境に合わせた、念入りなスキンケアが求められます。

敏感肌になってしまう主な理由

角質層にある皮脂量と水分量のバランスの崩れが、敏感肌になる主な理由です。

 

肌の調子がよい状態というのは、角質層の潤い成分・保湿成分・皮脂膜の3つのバランスが整っている時です。しかし、そのバランスが崩れてしまうと角質層のバリアー機能(保湿効果・保護力)が低下するとともに肌の潤いも不足、これが敏感肌へと繋がります。

 

肌のバランスが崩れると、アルカリ性に傾いてしまうのも理由の1つです。

 

バリアー機能が働いている時は肌がアルカリ性に傾いても中和が行われ、弱酸性へとバランスを整えることができます。しかし、敏感肌の場合は中和が行われにくく、肌がダメージを受けやすくなる傾向があります。

 

WASSERでは高濃度イオン水ジェルを成分に使用し、アルカリ性から弱酸性へとバランスを整えることを目的としています。乾燥肌や敏感肌用の化粧水としてお勧めです。

 

他にも日常生活の中には、角質層に悪い影響を与えて敏感肌にさせる原因が様々あります。ここから紹介する5つの事項は、いずれも角質層に悪影響を及ぼすため、生活する上で気をつけてください。

生活リズムの乱れ

敏感肌になる理由の1つに、生活リズムの乱れがあげられます。睡眠不足や食生活の乱れなどは、肌に悪い影響を与えるでしょう。

 

朝起きた際に肌のかさつきを感じる時は、睡眠が足りず肌がダメージを回復できていない可能性があります。 しっかりと睡眠を取りましょう。

 

不規則な食生活・栄養の偏りは、肌の栄養不足や血行不良の原因です。肌にダメージを与えるため、気をつけましょう。

紫外線からのダメージ

紫外線も、肌にダメージを与える原因です。紫外線による日焼けが肌を乾燥させ、潤い不足にさせます。

 

他にも、紫外線はシミやくすみの原因でもあるため、外出時は紫外線対策を行ってください。紫外線は年中降り注いでいるため、日差しの強い夏場だけの対策ではなく、1年中の対策を心掛けましょう。

空気の乾燥による水分不足

空気の乾燥は、肌の水分不足と皮脂分泌低下の原因です。水分と皮脂が不足すると肌が乾燥し、角質層にダメージが蓄積されます。

 

日ごろから、室内の空気が乾燥していないかチェックしましょう。特に夏場や冬場の強すぎるエアコンは、空気を乾燥させやすいものです。空調を使用する際は気をつけてください。

間違った洗顔・クレンジング方法

間違った洗顔・クレンジングは、肌を傷めてしまいます。刺激の強い洗顔は肌の角質層を傷つけてしまう可能性があるため、洗顔とクレンジングは注意して行いましょう。

 

肌の汚れをきれいに落とそうと洗顔時に肌を擦ってしまうと、角質層が傷ついてしまいます。強く洗いすぎると肌が赤く炎症してしまうケースも見られるため、基本的には肌を擦ることなく、優しく丁寧に洗いましょう。

加齢や体質の変化

年齢が上がるにつれ体質も変化するため、敏感肌になる場合もあるでしょう。加齢とともに低下する皮脂分泌やホルモンバランスの変化などが、肌のバランスを崩しトラブルを招きます。

 

年齢に伴って変化する肌の状態に合わせ、今の自分に適切なスキンケアを選びましょう。

敏感肌の代表的な症状

敏感肌の人は、刺激や外部要因、自身の体調に対し、通常の肌の人よりも過敏に反応してしまいます。肌に現れる代表的な症状は、ヒリヒリとしたかぶれやかゆみ、乾燥、赤くなる炎症です。これらの症状が頻繁におこりやすい人は、敏感肌の可能性が高いといえるでしょう。

敏感肌になってしまった場合の対処法

敏感肌になってしまったら、自分で対処するか、病院に相談しましょう。

 

自分で対処するセルフケアの場合は、毎日のスキンケアや生活習慣などの見直しが必要になります。セルフケアしても改善されないようであれば、病院への受診を検討してみましょう。

セルフケアする

セルフケアに関しては、主にスキンケアの見直しと生活習慣の改善を行いましょう。毎日のスキンケアと肌に塗る化粧品などは、重要視されるポイントです。

 

スキンケアや化粧品の塗布は丁寧に行い、肌に負担がかからないよう気をつけましょう。特に洗顔する際は、強く擦ると肌に悪い影響を与えます。化粧品は、通常の成分よりも肌に優しいものが含まれたものがお勧めです。

 

WASSERでは不安定な状態の肌を整えるために、しっかりとした保湿成分を含み、無添加・オイルフリーの製品として、肌に負担をかけないようにしています。角質ケアも目的にしており、肌に優しい商品としてお勧めでしょう。

 

またWASSERの美容液・ローション・エッセンスは、肌のバランスを弱酸性にすることを目的としています。ぜひWASSERのスキンケアを使用して、肌のバランスを整えましょう。

 

肌に影響を与える生活習慣の見直しも、セルフケアの1つになります。不規則な生活習慣は肌に負担をかける行為になるため、気をつけてください。

医療機関を受診する

毎日セルフケアしても肌がよくならない時や悪化している時は、医療機関への受診をお勧めします。

 

いくらセルフケアしてみても肌が改善しない、むしろ悪化してその原因がわからない時などは、自力で治すのは難しいと判断するのがよいでしょう。ますますひどくなる前に、病院などに相談してください。

敏感肌対策のポイント

敏感肌対策のポイントを紹介しましょう。対策としては、保湿を日常生活でこまめに行うことと、肌に負担をかけないよう毎日のスキンケアに敏感肌向けの化粧品を用いることなどがあげられます。

 

現在、肌の不調が気になっている人は、ぜひ対策を確認して肌に負担をかけないようにしてください。

  • 睡眠時間や食べ物に気をつける
  • ストレスを溜めないようにする
  • 入浴方法を見直す
  • 自分の肌に合うスキンケアやメイクアイテムを選ぶ
  • スキンケア方法に気をつける
  • 紫外線対策をしっかり行う

睡眠時間や食べ物に気をつける

睡眠不足や偏った食生活は、肌に悪い影響を及ぼします。

 

肌を整えるためには、十分な睡眠を取ってください。眠りの質を高めることは肌によい影響をもたらすため、肌の調子が悪い時はしっかりとした睡眠を心掛けましょう。

 

食べ物では、多量のアルコールやカフェインの摂取が肌を不調に傾けます。過剰に摂取している場合は、控えましょう。便秘も肌によくない影響を与えるため、食物繊維をしっかり摂取し、便秘になりにくいバランスの取れた食事を意識してください。

ストレスを溜めないようにする

ストレスも肌の状態を左右するでしょう。過剰なストレスは自律神経の調子を崩し、肌を守る皮脂分泌のバランスが崩れる原因になります。

 

ストレスの原因の1つは、神経の使いすぎです。聞こえる音や周りの人のことなど、様々なことに対して敏感になってしまいますが、同様に肌も些細な刺激に反応してしまう傾向があります。

 

ストレスを溜め込まない生活習慣を心掛けて、肌に悪い影響を及ぼさないようにしましょう。体も心もバランスの取れた健康な状態を維持することが、肌を良い状態へと導きます。

入浴方法を見直す

お風呂上がりに肌の不調や乾燥を感じる人は、入浴の際、肌に負担をかけている可能性があります。入浴時の体の洗い方の見直しと、入浴後の肌の保湿をしてみましょう。

 

体を洗う時にナイロンなどの硬い素材で強く擦っている人は、保湿効果のある皮脂を落としすぎていたり、肌の角質層を傷つけたりしている場合があります。柔らかい木綿のタオルで優しく丁寧に体を洗いましょう。

 

熱い湯に入浴している人や長湯の人も、肌の保湿に悪い影響を与えるため注意が必要です。適切な温度設定をすることと、保湿効果のある入浴剤の使用をお勧めします。

 

お風呂を出た後は優しく体を拭いて、時間を空けずに保湿ケアを行いましょう。湯上がり後の肌は乾燥しやすいので、早めのケアがポイントです。

自分の肌に合うスキンケアやメイクアイテムを選ぶ

敏感肌の人は、スキンケアやメイクのアイテム選びもポイントになります。自分の肌に合ったもの、特に肌の潤いが保てるアイテムを選びましょう。

 

使用した際に違和感のあるアイテムや使用後に肌が赤くなるものなどは、肌に合っていない可能性が高くお勧めできません。他にも洗浄力が強いものや刺激の強いスクラブ入りの洗顔なども、肌に負担をかけたり保湿力を低下させたりする場合があるため避けましょう。

 

スキンケアやメイクに用いるアイテムは、保湿効果が高いものがお勧めです。WASSERは保湿効果を高めるため、水や高保湿のヒアルロン酸など様々な成分にこだわっています。

 

また、WASSERのスキンケアには高濃度のイオン水ジェルを使用しているため、古い角質を優しく取り除くナチュラルピーリングが行えます。ぜひ肌ケアに取り入れてみてください。

スキンケア方法に気をつける

スキンケアでの大事なポイントは肌を極力擦らないことと、しっかり保湿することです。

 

クレンジングの際、メイクを全て一度に落とそうとはせずに、落ちにくいマスカラなどのポイントメイクは専用のクレンジングを使用してください。全体のクレンジングには、肌への負担が少ないものを選択しましょう。

 

顔を洗う際は、使用するアイテムをよく泡立てましょう。指が顔に当たらないよう泡を使って優しく丁寧に、また水やお湯ではなく、ぬるま湯で洗顔することをお勧めします。顔を拭く時は、余計な菌が入らないように清潔なタオルを使ってください。

 

洗顔後のスキンケアは、できるだけすぐに化粧水をつけ、保湿をしっかり行いましょう。洗顔後の肌は乾燥しやすいので、化粧水や保湿は時間を空けずにしてください。

 

化粧水と保湿は、しっかり丁寧にすることもお勧めです。念入りに保湿しましょう。

紫外線対策をしっかり行う

紫外線は肌を乾燥させてダメージを与えます。外出時はしっかりとしたUVケアをしましょう。

 

UVケアには肌に負担がかからないよう、優しい処方の日焼け止めをお勧めします。日焼け止めは汗で流れる場合もあるため、こまめに塗り直しを行いましょう。日差しをカバーするための帽子や日傘なども活用してください。

敏感肌の人が注意したい時期

敏感肌の人は、ある特定の時期になるとダメージを受ける場合があります。月経前、気温や季節といった環境の変化、人によっては花粉も肌へのダメージとなるため注意が必要でしょう。

 

ここから、それぞれについて解説していきます。

季節が移り替わる時期

季節の移り変わりに伴う気温や湿度の変化は、肌に負担を与えます。

 

季節の変わり目である春や秋は1日の間で寒暖差が生じやすく、朝晩は寒く昼は暑いといった温度変化が激しいでしょう。このような寒暖差は自律神経のバランスを崩す原因になり、肌の不調にも繋がります。

 

また、冬の気温が低い時は夏と比べて皮脂の分泌が減るため、肌が不調傾向になりやすいでしょう。体が冷えると血管が細くなり、血の流れが悪くなることが皮脂分泌減少の原因とされています。

 

寒暖差が激しい時や寒い時期は肌のバランスが崩れやすいので、注意してください。

月経前

月経前はホルモンバランスの崩れによって、ニキビなどの肌荒れが生じやすくなります。

 

ホルモンバランスが崩れると皮脂が多量に分泌されるため、毛穴が詰まりやすくなるでしょう。この皮脂分泌の増加が、大人でもニキビができてしまう原因の1つです。月経前になるとニキビができてしまう人は、ホルモンバランスの崩れが原因の可能性があるでしょう。

 

生理後から排卵日前は肌が安定しやすい時期で、排卵期間・排卵後から生理前までは肌が不安定な時期と言われています。

花粉が多くなる時期

花粉が多い時期も注意が必要です。花粉症ではない人でも、花粉によって急に肌が赤くなったりかさついたりする、あるいはかぶれるなどの症状が現れる場合があります。

 

敏感肌の人は、より花粉の影響を受ける場合があるでしょう。花粉の季節に肌の不調を感じる場合は、帰宅後の洗顔をお勧めします。肌を花粉から守るため、マスクをつけることも1つの手段です。

敏感肌について理解を深めよう

敏感肌になるのは、角質層の保湿・保護機能の低下による潤い不足が原因です。肌の潤いが重要なポイントになるため、肌の保湿をしっかり行いましょう。

 

肌が潤い不足にならないように、乾燥や気温の変化などには気をつけてください。スキンケアをする際は肌に刺激を与えず、化粧品は保湿効果の高いものや肌のバランスを整える敏感肌向けのものを使用しましょう。肌に潤いを与え、不調改善にぜひ繋げてみてください。

 

オイルフリーの美容液ならWASSER(バッサ)がおすすめ!

監修者
青山ラジュボークリニック
https://rajeubeau-clinic.com/wp/
院長 沼本 秀樹 先生(医学博士)

プロフィール(経歴)
昭和59年 順天堂大学医学部 卒業
平成2年 順天堂大学整形外科大学院 卒業
平成2年 石和町立峡東病院勤務 整形外科医長
平成2年 日本整形外科学会 認定医
平成6年 石和町立峡東病院 院長
平成6年 順天堂大学整形外科 非常勤講師
平成11年 東京女子医科大学救命救急センター 非常勤講師
平成14年 康麗会山梨峡東病院 院長
平成15年 山梨大学医学部臨床 助教授
平成18年 六本木ヒルズ けやきクリニック 院長
平成23年 東千石整形外科内科 院長
平成28年 一般社団法人統合再生医療研究会 代表理事
ラジュボークリニック 開業

【専門家監修】セルフケアで肌質改善するコツとは?おすすめの治療方法も紹介

「自分の肌質や肌のことについて詳しく知りたい!」
「自分で肌質を改善するためには、何から始めたら良いのだろう?」
「肌の状態を良くするのに効果的な治療方法は何があるの?」
このように自分の肌質について深く知り、肌質を良くしていきたいという方も多いのではないでしょうか。

 

肌質は、日頃の正しいスキンケアや治療によって改善が期待できます。この記事では、肌構造、肌質を改善するために気を付けることや、肌質改善できる治療方法をご紹介します。

 

この記事を読むことで、自分の肌質に合ったセルフケアや治療法を知ることができます。その知識を活かし健やかな肌質をつくりだし、その状態を持続することが可能になるでしょう。

 

すぐに実践できる具体的な方法も紹介しているため、肌質改善に取り組みたい方はぜひ参考にしてください。

肌質改善の意味

肌質改善を行うことで肌に透明感やハリが生まれ、美しい肌を手に入れることができます。肌の状態は、年齢や毎日のスキンケアのやり方などで変わります。例えば、20代と40代では抱えている肌の悩みも異なるでしょう。

 

ここからは、肌質改善をするうえで気を付ける点についてご紹介します。毎日口にする食べ物や飲み物に気を遣うように、しっかり意識することが大切です。

ターンオーバーの乱れを防ぐこと

ターンオーバーの正常な働きは、肌を健康的な状態に導くため、とても重要なことです。皮膚の表面である表皮で新しい細胞に生まれ変わり、周期は約1ヶ月とされています。

 

ターンオーバーが乱れてしまうと角質が表面に溜まり、乾燥や肌のごわつきなど、様々な肌トラブルが起きてしまいます。

 

そのため、食事や運動など生活習慣に気を付けて、ターンオーバーの乱れを防ぐことが望ましいのです。例えば、栄養バランスを考えて献立を決めたり、軽いウォーキングを行ったりするなどが挙げられるでしょう。

 

出典:肌質改善するには?肌トラブルの原因や効果的な治療方法|イデア美容皮膚科クリニック
参照:https://idea-clinic.jp/blog/hada001/

自分の肌に合ったケアをすること

人によって、肌の特徴や抱えている悩みは異なります。特に30代を過ぎると、美肌ホルモンであるエストロゲンの減少で、肌トラブルが目立ちやすくなります。

 

まずは、肌の感触や赤みやニキビなどの気になる肌トラブルから、自分の肌質を正しく知ることが大切です。

 

肌の乾燥が気になるときは、自分の肌に合った適切なやり方で肌をしっかりケアしましょう。

 

出典:第42回 肌質改善は自分の肌質を知ることから!|美容医療クリニック シンシアガーデンクリニック
参照:https://www.sincere-gc.com/column/column42.html

年齢や環境に合わせたケアをすること

年齢や季節の変化に合わせて、基礎化粧品の見直しやスキンケアをすることは、肌の状態を整え美しい肌に導くことにも繋がります。

 

特に、20代後半から30代前半にかけてホルモンバランスが大きく変化するため、肌質に影響するとされています。また、夏に強くなる紫外線や秋冬の乾燥なども肌にダメージを与える原因として挙げられるため、しっかり対策することが重要です。

 

出典:肌質が急に変わった!? 「お肌の曲がり角」の原因と症状とは| 銀座美容外科クリニック
参照:https://www.ginzabiyou.jp/column/face/mask_rough_skin29/503/

肌質改善を目指すうえで知っておきたい3つの肌構造

肌質改善をするためには、まず肌の仕組みについて詳しく知ることが大切です。肌は「皮下組織」「真皮」「表皮」から成り立っており、肌にとっても大事な働きを担っています。

 

ここからは、3つの肌構造についてご紹介します。それぞれの働きや肌にどのような影響を与えるのか正しく理解しましょう。

1:皮下組織

皮下組織は肌の最下層に位置し、「脂肪層」とも呼ばれるほど多くの脂肪を含んだ分厚い層であることが特徴です。

 

皮膚と筋肉と骨を繋ぎ合わせる役割があり、体温の維持や外部からの強い衝撃から体を守る働きがあります。また、皮下組織の保湿作用によって肌の色ツヤや透明感を生み出し、肌の老化にも深く関わっています。

 

出典:ニキビとの関係 皮膚構造と役割|医療法人社団翔心会 伊藤メディカルクリニック
参照:https://www.ito-medical-clinic.com/2015/07/06/%e7%9a%ae%e8%86%9a%e3%81%ae%e6%a7%8b%e9%80%a0%e3%81%a8%e5%bd%b9%e5%89%b2%e3%80%80%e3%83%8b%e3%82%ad%e3%83%93%e3%81%a8%e3%81%ae%e9%96%a2%e4%bf%82/

2:真皮

真皮は表皮の下層に位置し、コラーゲンやエラスチンなどの繊維群や細胞で成り立っていることが特徴です。

 

皮脂腺や汗腺などの重要な器官が多く、毛細血管を通じて表皮に栄養を送り、ターンオーバーの促進を助ける働きをしています。真皮には肌の状態を保つのに必要な水分やタンパク質などを含み、肌のハリや弾力性を保つ役割も担っています。

 

出典:ニキビとの関係 皮膚構造と役割|医療法人社団翔心会 伊藤メディカルクリニック
参照:https://www.ito-medical-clinic.com/2015/07/06/%e7%9a%ae%e8%86%9a%e3%81%ae%e6%a7%8b%e9%80%a0%e3%81%a8%e5%bd%b9%e5%89%b2%e3%80%80%e3%83%8b%e3%82%ad%e3%83%93%e3%81%a8%e3%81%ae%e9%96%a2%e4%bf%82/

3:表皮

表皮は肌の最上層に位置し、下から「基底層」「有棘層」「顆粒層」「角質層」の4つの層から成り立っているのが特徴です。

 

ターンオーバーが行われ「基底層」から生まれた細胞は分裂を繰り返し、「角質層」まで押し上げると最後は角質として体外に排出する働きをします。

 

表皮には紫外線や摩擦などの刺激から肌を守り、皮脂腺から皮脂膜を形成し肌のみずみずしさや美しさを保つ役割もあります。

 

出典:ニキビとの関係 皮膚構造と役割|医療法人社団翔心会 伊藤メディカルクリニック
参照:https://www.ito-medical-clinic.com/2015/07/06/%e7%9a%ae%e8%86%9a%e3%81%ae%e6%a7%8b%e9%80%a0%e3%81%a8%e5%bd%b9%e5%89%b2%e3%80%80%e3%83%8b%e3%82%ad%e3%83%93%e3%81%a8%e3%81%ae%e9%96%a2%e4%bf%82/

セルフケアで肌質改善するコツ

肌質を良くし美しい肌をつくりだすためには、毎日のスキンケアや生活習慣の見直しを心掛けることが重要です。

 

ここからは、セルフケアで肌質改善するコツをご紹介します。ポイントを押さえて、正しいホームケアを実践してみましょう。

  • 睡眠を十分にとる
  • 洗浄力が強すぎないクレンジング料を選ぶ
  • 紫外線を防ぐ

睡眠を十分にとる

睡眠は、肌のターンオーバーやホルモンバランスに影響します。十分な睡眠時間を確保することで、ターンオーバーを活性化し肌の回復を促進します。

 

また、毎日同じ時間に眠るなど規則正しい生活を意識することで、自律神経を整えられます。精神安定にも繋がり、肌にも心にも良い影響を与えられるでしょう。

 

出典:肌質改善するには?肌トラブルの原因や効果的な治療方法|イデア美容皮膚科クリニック
参照:https://idea-clinic.jp/blog/hada001/

 

洗浄力が強すぎないクレンジング料を選ぶ

洗浄力の強いクレンジングは、摩擦によって肌を傷つける原因になります。メイクを落とすときは肌への負担を考えて、できるだけ洗浄力を抑えた低刺激のクレンジング料を選ぶことが大切です。

 

優しくマッサージするように指を動かし、丁寧にメイクや汚れを落とすことで肌のバリア機能を保つことができます。特にメイクが薄いときは、肌をこすり過ぎないように注意しましょう。

 

出典:正しいお手入れ【クレンジング・洗顔】|姫路メディカルクリニック美容皮膚科
参照:https://himeji-biyou.com/column/staff-blog/archive/5626

 

紫外線を防ぐ

紫外線は肌にダメージを与え、乾燥やシミの発生などの肌トラブルを招きます。また、日焼けによって肌の老化を促進させてしまうため、季節を問わず普段から全身の紫外線対策が必要です。

 

日焼け止めクリームなどの定期的な塗り直しや、紫外線を防御する機能を高めた日傘やサングラスを利用して美白ケアに努めましょう。

 

出典:肌質改善するには?肌トラブルの原因や効果的な治療方法|イデア美容皮膚科クリニック
参照:https://idea-clinic.jp/blog/hada001/

5つの肌質別から見る肌質改善方法

人によって、肌質や抱えている肌トラブルの悩みは異なります。肌質を整え美しい肌を手に入れるには、自分の肌の特徴を理解し適切なケアの方法を実践することが必要です。

 

ここからは主な肌質を5つに分け、それぞれの肌質の特徴や改善方法についてご紹介します。自分の肌はどのタイプに当てはまるのか、確認してみましょう。

1:普通肌の場合

普通肌とは肌の水分量と皮脂量が整っており、目立った肌トラブルのない健康的な肌の状態を指します。ファンデーションなどの化粧ノリも良く、肌質は比較的安定していると言えるでしょう。

 

しかし、季節や体調の変化で乾燥や皮脂が増え、肌の状態が悪くなることもあります。普通肌を保つためには、肌の様子を確かめながら日々のスキンケアを続けることが大切です。

 

出典:肌質改善|くみこクリニック四条烏丸院
参照:https://www.kumiko-clinic.net/skin/

2:混合肌の場合

混合肌とは部位によって肌質が異なり、脂性肌と乾燥肌が混合した肌の状態を指します。例えば、口や頬はカサついているのに、額や鼻はテカリが見られるなどが具体的な特徴です。また、ホルモンバランスの影響や紫外線などが原因で、一時的に混合肌になることもあります。

 

肌のバランスを整えるためには、顔全体の保湿を高めることが大切です。その他に、古くなった角質を取り除くケアを取り入れるのも、効果的です。

 

出典:肌質改善|くみこクリニック四条烏丸院
参照:https://www.kumiko-clinic.net/skin/

3:乾燥肌の場合

乾燥肌とは肌の水分量や皮脂量が不足し、肌荒れや炎症が起こりやすい肌の状態を指します。春から夏にかけての紫外線や、秋から冬にかけての乾燥が主な原因です。また、人によっては年齢を重ねることで、肌の乾燥を強く感じる場合もあります。

 

乾燥肌を改善するためには、摩擦に注意し、保湿をしっかり行うことが大切です。

 

出典:肌質改善|くみこクリニック四条烏丸院
参照:https://www.kumiko-clinic.net/skin/

4:脂性肌の場合

脂性肌とは皮脂量が多く、ニキビや毛穴開きが目立ちやすい肌の状態を指します。皮脂の分泌が盛んな、中学生を始めとした若い世代に見られるのが特徴です。

 

また、20代後半になるとインナードライや肌の水分量の減少により、皮脂の分泌が過剰になることも原因として挙げられます。

 

脂性肌を改善するには、洗顔で皮脂をしっかり洗い落とすことが大切です。その他に、古い角質や毛穴の汚れを落とすケアを取り入れるのもおすすめです。

 

出典:肌質改善|くみこクリニック四条烏丸院
参照:https://www.kumiko-clinic.net/skin/

5:敏感肌の場合

敏感肌とは乾燥やコスメなどの刺激に弱く、赤みやかゆみが発生やすい肌の状態を指します。乾燥肌の状態でも見受けられ、元々持っているアレルギーが原因であることも考えられます。

 

敏感肌の改善には、保湿をしっかり行うことが大切です。

 

また、アトピー性皮膚炎なども原因であるとされているため、皮膚科やアレルギー専門の医師の診断を受け、内服薬での治療などで体質改善を行うことが望ましいでしょう。

 

出典:肌質改善|くみこクリニック四条烏丸院
参照:https://www.kumiko-clinic.net/skin/

肌質改善できるおすすめの治療方法

肌質改善には、美容皮膚科やクリニックで専門的な機械を使用した施術を受けることも方法のひとつです。ここからは、肌質改善できるおすすめの治療方法をご紹介します。

 

また、医師とのカウンセリングで肌の悩みの相談や料金の説明などを聞き、自分が納得したうえで施術を行いましょう。その他に、肌質改善のための治療はほとんどが保険適用外になることを覚えておきましょう。

ダーマペン治療

ダーマペン治療とは、皮膚の真皮層に極細針が付いた医療機器で無数の穴を開ける治療方法のことです。

 

肌に細かな穴をたくさん開けることで、毛穴開きやニキビ跡などの改善やターンオーバーの促進に効果があります。さらに、コラーゲンやエラスチンの生成を増やし、肌の自己再生作用や質を向上させることにも繋がります。

 

また、ダーマペン治療は回数を重ね、およそ1ヶ月に1回のペースで5回程度の定期的な治療を受けることで、より効果が現れる治療方法です。

 

出典:ダーマペン4とは|メディアージュクリニック青山院
参照:https://mediage.co.jp/menu/dermapen4

フォトフェイシャル治療

フォトフェイシャル治療とは、専用の治療器を使用して肌に光を当てる治療方法のことです。

 

光によって繊維芽細胞の働きを活性化し、コラーゲンの生成を促進させます。その他に、メラニンやヘモグロビンなどの色素にダメージを与え、肌のくすみや赤ら顔を改善します。

 

また、フォトフェイシャル治療は1回でも効果が見られますが、およそ1ヶ月に1回のペースで5回程度の治療が理想的とされています。

 

出典:光で素肌を変える、フォトフェイシャル®とは|フォトフェイシャル協会
参照:https://www.photofacial.co.jp/about/

ケミカルピーリング治療

ケミカルピーリング治療とは薬剤を顔全体に塗布し、肌表面に残る古い角質を取り除く治療方法のことです。

 

薬剤を使用することで古い角質の繋がりを弱めていき、肌のターンオーバーを活性化させます。新しい角質層の生成を促進させるため、肌のくすみや黒ずみなどの様々な肌トラブルの改善に適しています。

 

ケミカルピーリング治療では、市販とは異なった成分や濃度のピーリング剤を使用しています。また、目安として2週間以上空けて治療を継続することで、より効果が実感できます。

 

出典:ケミカルピーリングはこんな症状におすすめ|美容皮膚科 品川スキンクリニック
参照:https://shinagawa-skin.com/list/chemical_peeling/

レーザートーニング治療

レーザートーニング治療とは、レザー機器を使用して肌に均一にレザーを照射する治療方法のことです。

 

肌への刺激を抑えながら顔全体のメラニンを少しずつ減らし、シミや肝斑を薄くしていきます。さらに肌にハリを与えキメも整えていき、美しい肌に導いていきます。

 

レーザートーニング治療は、治療を継続することで肌の状態をより良くしていき、最低1週間以上空けて治療をすることを推奨しています。

 

出典:レーザートーニング|城本クリニック
参照:https://www.shiromoto.to/ct/skincare/method/lasertoning.php

ヒアルロン酸注入・ボトックス注射

ヒアルロン酸注入やボトックス注射とは顔の気になる部位に注入し、アンチエイジングを行う治療方法のことです。

 

ヒアルロン酸注入は加齢によって萎縮した骨や脂肪を補い、リフトアップしてたるみやアゴの丸みを改善します。また、頬や目の下に注入することで膨らみを持たせ、弾力性のあるヒアルロン酸によってボリュームを持たせます。

 

ボトックス注射は、表情じわの筋肉に注射することで筋肉を緩ませ、周囲の顔の筋肉が肌を引っ張り、しわをできにくくします。

 

ヒアルロン酸注入とボトックス注射は1回の治療で効果が長続きするのが特徴でしょう。

 

出典:Hyaluronic Acidヒアルロン酸|ラベールミラクリニック
参照:https://labelle-miraclinic.jp/hyaluronicacid/#hyalu1

肌質改善の方法を試してみましょう

肌質改善するには、肌の構造や健やかな肌をつくりだすために必要なことを知り、毎日のスキンケアや生活習慣に活かすことが必要です。また、美容皮膚科やクリニックで受けられる様々な治療によって具体的な肌トラブルを改善することもできます。

 

まずは、自分が改善できる点を探し、少しずつ実践することが大切です。自分の肌の特徴と向き合い、適切なスキンケアや治療で美しい肌を手に入れましょう。

 

オイルフリーの美容液ならWASSER(バッサ)がおすすめ!

監修者
青山ラジュボークリニック
https://rajeubeau-clinic.com/wp/
院長 沼本 秀樹 先生(医学博士)

プロフィール(経歴)
昭和59年 順天堂大学医学部 卒業
平成2年 順天堂大学整形外科大学院 卒業
平成2年 石和町立峡東病院勤務 整形外科医長
平成2年 日本整形外科学会 認定医
平成6年 石和町立峡東病院 院長
平成6年 順天堂大学整形外科 非常勤講師
平成11年 東京女子医科大学救命救急センター 非常勤講師
平成14年 康麗会山梨峡東病院 院長
平成15年 山梨大学医学部臨床 助教授
平成18年 六本木ヒルズ けやきクリニック 院長
平成23年 東千石整形外科内科 院長
平成28年 一般社団法人統合再生医療研究会 代表理事
ラジュボークリニック 開業

【専門家監修】敏感肌の洗顔をするときのポイントとは?ソープの選び方も解説!

「敏感肌で、洗顔するときの刺激が心配」
「敏感肌に優しい洗顔の方法が知りたい」
「洗顔料の種類ってどう選べばいいの?」
このように、敏感肌の方は洗顔に関する悩みや不安があるのではないでしょうか。

 

本記事では、敏感肌の特徴や敏感肌の方が洗顔をするときに注意しておきたいポイント、洗顔料を選ぶときに参考にしてほしいポイントを紹介します。

 

この記事を読むことで、敏感肌に適した洗顔料の選び方や、敏感肌に優しい洗顔の仕方を理解することができます。その知識をもとに、自分に合った洗顔料や洗顔方法を模索することができるため、敏感肌の方でも安心して洗顔を行うことができるでしょう。

 

敏感肌で洗顔についてお悩みの方は、ぜひこの記事をチェックしてください。

敏感肌の特徴とは?

敏感肌とは、紫外線やハウスダストなどの外部からの刺激で肌の炎症を起こしやすくなっている状態のことを指します。健康な肌に比べて肌のバリア機能が低下している状態のため、刺激に敏感に反応して肌トラブルが起きやすいです。

 

敏感肌になる要因は、体質やストレス、紫外線など様々なものが考えられています。化粧品やスキンケア用品が肌に合っていないことで引き起こされる場合も多いです。

 

肌トラブルを防ぐためには、適切なスキンケアをするのが良いでしょう。自分に合ったスキンケアの方法で刺激を抑えながら肌の環境を整え、肌のバリア機能を高めることが大切です。

敏感肌向け洗顔料の4つの種類

敏感肌向けの洗顔料には、種類があります。それぞれ特徴や使用感が異なっているため、自分に適したものを探しましょう。

 

ここでは、洗顔料の種類を4つ紹介します。それぞれの特性を把握して、自分に合うかどうかを考えてみてください。

フォームタイプ

フォームタイプは、クリームやペースト状の洗顔料です。チューブに入ったタイプのものが多く見られます。

 

特徴としては、種類が多いところがポイントです。様々な種類の中から、自分の肌質に合ったものを選択することができます。また、泡立ちやすいため使いやすいところも良い点といえるでしょう。

 

しかし、フォームタイプの洗顔料には界面活性剤が多く含まれているものがあることに注意しましょう。洗浄力は上がりますが、肌に刺激を与えてしまう可能性があります。

固形タイプ

固形の石鹸タイプの洗顔料は、古くから存在している洗顔料です。

 

添加物が少ないタイプのものもあり、肌の油分を奪いにくいため、肌への負担を減らしたい方におすすめできます。

 

トレイに入れて保管する際には、水気を良く切っておくことを忘れないようにしましょう。

泡タイプ

泡タイプの洗顔料は、泡の状態で出てくるのでそのまま使用することができます。泡立てることが苦手な人は使用しやすいでしょう。

 

出てくる泡はきめ細かく、肌の摩擦を軽減する効果があります。摩擦が気になっている方は使用を検討してみると良いでしょう。

パウダータイプ

パウダータイプの洗顔料は、酵素が含まれているタイプのものが多いです。毛穴の汚れや黒ずみ、角質などの汚れが気になる方におすすめできます。

 

しかし、毎日使用すると乾燥肌を起こしてしまう場合もあります。使用感や使用方法には気をつけて選択するようにしましょう。

敏感肌の洗顔するときのポイント

洗顔をするときは、ただ顔を洗えば良いというわけではありません。洗顔時に気をつけたいポイントというものがあります。

 

敏感肌の人向けに、洗顔するときのポイントを5つ紹介します。これらのポイントをしっかり押さえて、洗顔を行ってみましょう。

  • 顔をあらかじめぬるま湯で濡らす
  • しっかり泡立てる
  • 皮脂の多い部分から洗う
  • 15~20回ほど洗い流す
  • タオルで押さえるように拭く

顔をあらかじめぬるま湯で濡らす

まずは、顔をぬるま湯で濡らしましょう。直接洗顔料を顔につけると、洗顔料を伸ばすときに摩擦が生じてしまいます。肌への負担になってしまう可能性があるため、あまり良いとは言えません。

 

また、「ぬるま湯」というところもポイントです。冷たい水だと毛穴が閉じてしまい、毛穴汚れを十分に取ることができなくなってしまいます。逆にお湯であっても皮脂を落としすぎてしまうため、注意しましょう。

しっかり泡立てる

洗顔時の摩擦を無くすためには、しっかり泡立てることが大切です。泡立てネットを使って、きめ細やかな泡を作りましょう。

 

また、泡立てると空気が入るため、肌に密着して汚れを落としやすくなります。十分にきれいに洗うためにも、洗顔料の泡立ちは気にしておきたいポイントです。

皮脂の多い部分から洗う

洗顔を始める際は、Tゾーンと呼ばれる額から鼻にかけての部分から泡を乗せていきましょう。ここは皮脂が多いとされている部分です。力を入れすぎないように、優しくくるくると洗いましょう。

15~20回ほど洗い流す

洗い流すときはぬるま湯で、すすぎ残しがないように心がけてください。泡が残っていると肌に負担をかけてしまいます。何度か念入りに洗い流しましょう。

 

特に小鼻のきわ、フェイスライン、髪の生え際などはすすぎ残しの多い部分になります。流し終わったと思っても、確認することがおすすめです。

タオルで押さえるように拭く

洗い終わりの際は、清潔なタオルで押さえるように水分を拭き取りましょう。タオルでゴシゴシこすってしまうと、摩擦が起きてしまいます。柔らかなタオルで優しく押さえることがポイントです。

敏感肌の人が洗顔料を選ぶ5つのポイント

洗顔の仕方も大切ですが、どの洗顔料を使うかも敏感肌の方にとっては大切なポイントです。自分に適していない洗顔料を選んでしまうと、場合によっては肌のバリア機能を低下させてしまうことになります。

 

ここでは、敏感肌の方が洗顔料を選ぶ際に留意したい5つのポイントを紹介します。これらのポイントを参考にして、ぜひ納得のいく洗顔料選びをしてください。

  • 低刺激のものを選ぶ
  • 自分に合った成分のものを選ぶ
  • 保湿成分入りのものを選ぶ
  • 洗浄力が強すぎないものを選ぶ
  • 洗顔料のタイプで選ぶ

1:低刺激のものを選ぶ

敏感肌の方は、低刺激性の洗顔料を選ぶことをおすすめします。肌のバリア機能が低下しているとき、洗顔料によっては肌に刺激を与えてしまい、肌への負担になってしまう場合があります。

 

パッケージをよく確認して、肌に優しい低刺激のものかどうかを判別してください。

2:自分に合った成分のものを選ぶ

洗顔料の成分は注目しておきたいポイントです。肌の性質は人によって異なり、乾燥肌や脂性肌など様々なパターンがあります。それぞれに適した洗顔料があるため、自分の肌質を考慮して選択することが大切です。

 

敏感肌の人は特に、一般的な洗顔料に含まれている成分でも肌に負担となってしまう可能性があります。成分はよく確認してから使用するようにしてください。

 

敏感肌の方が選ぶ洗顔料は、無添加のものがおすすめです。着色料や酸化防止剤など、添加物が含まれていないことを重視することも良いでしょう。

 

出典:無添加&オイルフリーのやさしさ|WASSER(バッサ)
参照:https://www.wassershop.jp/concept/

3:保湿成分入りのものを選ぶ

敏感肌は乾燥によって引き起こされる場合があります。そのため、乾燥対策のできる洗顔料を選択すると敏感肌にも優しいです。

 

挙げられる成分としては、「ヒアルロン酸」、「ソルビトール」、「アミノ酸」などがあります。それらの成分が含まれているかどうかに注目してみることがおすすめです。

 

出典:乾燥肌・敏感肌の原因|美容皮膚科|東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ(Noage)
参照:https://www.noage-amc.com/menu/skin/dryskin.html

 

出典:成分へのこだわり|WASSER(バッサ)
参照:https://www.wassershop.jp/concept/

4:洗浄力が強すぎないものを選ぶ

洗浄力の強い洗顔料を使ってしまうと皮脂が取れすぎてしまい、敏感肌にはあまり良くない可能性があります。つまり、洗浄力に気をつけて洗顔料を選択することが大切です。

 

肌は保湿された状態のまま、汚れを適度に取り除いてくれるものを選びましょう。

5:洗顔料のタイプで選ぶ

先に述べたように、洗顔料にはフォームタイプや固形タイプなど、様々な種類があります。それらの特徴を把握した上で、自分の肌質に合ったタイプを選択すると良いでしょう。

 

また、洗顔は毎日行うものですから、自分にとって使いやすいタイプのものを選ぶことをおすすめします。泡立てが苦手ならば泡タイプ、自分でしっかり泡立てたいならばフォームタイプや固形タイプ、といったような方法で選択が可能です。

正しい方法で敏感肌の洗顔をしよう

洗顔はスキンケアをする上で、とても大切な役割を果たしています。特に敏感肌の人は、自分に合った洗顔料を選んだり、重要なポイントを意識しながら洗顔を行ったりすることが大切です。

 

自分の肌質を理解し、肌への負担を軽減する正しい方法で洗顔を行いましょう。

 

オイルフリーの美容液ならWASSER(バッサ)がおすすめ!

監修者
青山ラジュボークリニック
https://rajeubeau-clinic.com/wp/
院長 沼本 秀樹 先生(医学博士)

プロフィール(経歴)
昭和59年 順天堂大学医学部 卒業
平成2年 順天堂大学整形外科大学院 卒業
平成2年 石和町立峡東病院勤務 整形外科医長
平成2年 日本整形外科学会 認定医
平成6年 石和町立峡東病院 院長
平成6年 順天堂大学整形外科 非常勤講師
平成11年 東京女子医科大学救命救急センター 非常勤講師
平成14年 康麗会山梨峡東病院 院長
平成15年 山梨大学医学部臨床 助教授
平成18年 六本木ヒルズ けやきクリニック 院長
平成23年 東千石整形外科内科 院長
平成28年 一般社団法人統合再生医療研究会 代表理事
ラジュボークリニック 開業

LINE相談室
Page Top