新規会員登録で、すぐに使える500ptプレゼント!

お電話でのご注文・お問い合わせ

0120-8383-14

営業時間:10:00~18:00(平日のみ)

  • マイページログイン
  • カートを見る

ブログ─ Blog ─

【専門家監修】洗顔の回数は1日何回すれば良い?美肌を目指すための洗い方のポイントも紹介

「洗顔は一日に何回するのが本当?」
「正しい洗顔の方法について詳しく知りたい」
「洗顔をしすぎるとどのような悪影響があるの?」
このように、洗顔について様々な疑問を抱える方は少なくないでしょう。

 

中には正しい洗顔についての知識が浅い方もいるのではないでしょうか。美肌を目指すためには、正しい洗顔を心がけることが大切です。

 

この記事では、肌に負担をかけないための洗顔方法や回数などをご紹介します。美肌になるための洗顔のポイントも解説するため、肌に悩む方々にとって有益な情報が満載です。

 

本記事を読むことで、洗顔の回数や方法についての理解が深まるため、すぐに自宅で実践して肌荒れの悩みを解決に導くことができます。毎日の洗顔方法を変えることで、肌への効果が実感できるでしょう。

 

肌荒れを感じている方や洗顔を通して肌を綺麗に整えたい方、洗顔の回数が気になる方は、ぜひこの記事を参考にして下さい。

洗顔の回数は1日何回がおすすめ?

毎日の洗顔は美容のために欠かすことができません。しかし、正しい洗顔の回数について知識がない方もいるのではないでしょうか。美容に良い洗顔の回数を知ることで、綺麗な肌を手にすることができます。

 

一般的に、洗顔は1日2回を朝と夜に行うことが良いとされています。とくに、ニキビで悩む方は正しい洗顔回数を取り入れることで改善効果が期待できるでしょう。

 

出典:ニキビ肌のための正しい洗顔方法|いりなか駅前皮フ科ビューティークリニック
参照:https://irinaka-beauty.jp/column/nikibi-face-wash

洗顔の役割とは

そもそも洗顔にはどのような役割があるのでしょうか。実は朝と夜の洗顔にはそれぞれ大切な役割があります。どちらの洗顔も美容の面で異なる目的があるため、理解しておくことが大切です。

 

洗顔を正しく行うことでニキビなどの肌トラブルを防ぐのです。

 

こちらでは、朝と夜の洗顔の役割について詳しく解説します。体の仕組みに合わせた洗顔の重要性を見比べて、肌悩み解決のための知識を習得しましょう。

 

出典:ニキビ肌のための正しい洗顔方法|いりなか駅前皮フ科ビューティークリニック
参照:https://irinaka-beauty.jp/column/nikibi-face-wash

朝に行う洗顔

朝に行う洗顔には、夜寝ている間に出た汗や皮脂、ホコリなどの汚れを洗い落とす目的があります。就寝中は想像以上に空気中に浮遊する汚れが肌に付着しているものです。乾燥が気になる場合は、ぬるま湯で良い場合もあります。

 

出典:ニキビ肌のための正しい洗顔方法|いりなか駅前皮フ科ビューティークリニック
参照:https://irinaka-beauty.jp/column/nikibi-face-wash

夜に行う洗顔

夜に行う洗顔には、昼間出た皮脂や空気中のホコリなどの浮遊物を洗い流す意味があります。昼間付着した汚れを綺麗に洗い流して、夜の睡眠に備えて肌を整える目的があるのです。

 

夜の洗顔は、お風呂の前か寝る前に1回行いましょう。お風呂と睡眠の間があく場合は、睡眠前に行うことがふさわしいとされています。

 

洗顔をした後のスキンケアは念入りに行うことが必要です。とくに、肌を乾燥させないように保湿はしっかり行って下さい。肌を綺麗な状態にして入眠します。睡眠を十分にとり肌を再生させましょう。

 

出典:ニキビ肌のための正しい洗顔方法|いりなか駅前皮フ科ビューティークリニック
参照:https://irinaka-beauty.jp/column/nikibi-face-wash

洗顔のポイント

正しい洗顔を行うためには、過程を十分に理解しておくことが大切です。ニキビなどの肌トラブルを改善するためには、洗顔中だけではなく洗顔を行う前の準備や洗顔後のアフターケアなどの重要性を細かく知っておく必要があるでしょう。

 

こちらでは、洗顔の際に気をつけるべきポイントをご紹介します。順番に合わせて解説するため、実践しながら見比べることも可能です。

  • 洗顔前に手を洗う
  • 洗顔料の使用量に注意する
  • 洗顔料は十分に泡立てる
  • やさしく泡を滑らせるように洗う
  • すすぐときはぬるま湯を使う
  • すすぎ残しがないようにする
  • 洗顔後はしっかり保湿する

洗顔前に手を洗う

洗顔の前はしっかりと綺麗に手を洗いましょう。手は意外と皮脂やホコリなどの汚れや雑菌などが付着しています。汚れや雑菌だらけの手で、そのまま洗顔を行うことでニキビの原因となるアクネ菌が発生してしまうのです。

 

また、いきなり乾いた肌に洗顔料をつけると泡が壊れてしまう可能性があります。肌に悪影響を及ぼすケースがあるため、洗顔を行う前に顔を濡らしておきましょう。軽くで良いため、顔にさっと水をかけておきます。

 

出典:ニキビ肌のための正しい洗顔方法|いりなか駅前皮フ科ビューティークリニック
参照:https://irinaka-beauty.jp/column/nikibi-face-wash

洗顔料の使用量に注意する

洗顔料は正しい使用量を守りましょう。メーカーが推奨する量を十分に理解しておくことが大切です。

 

一般的に少ない洗顔料をしっかりと泡立てて使用します。洗顔料が多すぎると、肌の皮脂を取りすぎてしまうのです。

 

また、洗顔を行う際は、ニキビに触れないように注意しましょう。ニキビに触れると悪化の原因となります。

洗顔料は十分に泡立てる

洗顔料は十分に泡立てましょう。ポイントは洗顔料にぬるま湯を加えながら、空気を入れるようにして泡立てることです。泡立て専用のネットなどを使用することもおすすめします。泡を手にして反対にしたときに、下に落ちない硬さが目安です。

 

適量をよく泡立てて洗うことで、肌への摩擦を防ぐ目的があります。泡が擦れや刺激から肌を守ってくれるのです。摩擦が生じると、ニキビ悪化の原因となるでしょう。

 

出典:ニキビ肌のための正しい洗顔方法|いりなか駅前皮フ科ビューティークリニック
参照:https://irinaka-beauty.jp/column/nikibi-face-wash

やさしく泡を滑らせるように洗う

泡でやさしく顔を包み込むようにして、滑らせながら洗って下さい。また洗う順番も大切です。はじめにTゾーンから洗っていきます。Tゾーンは皮脂が分泌されやすく、汚れがたまりやすい場所であるため、意識して洗いましょう。

 

次に顎に泡を乗せて、クルクルと転がすように洗います。汚れを見落としがちなデコルテや耳の周辺も忘れずに洗って下さい。

 

最後に目の周りです。目の周りの皮膚は薄く皮脂が少ないため、やさしく泡をつけましょう。ゴシゴシと擦ることは避けて、やさしく洗うことが重要なポイントです。

 

出典:ニキビ肌のための正しい洗顔方法|いりなか駅前皮フ科ビューティークリニック
参照:https://irinaka-beauty.jp/column/nikibi-face-wash

すすぐときはぬるま湯を使う

洗顔はお湯の熱さもポイントの一つです。洗顔料をすすぐときはぬるま湯を使用しましょう。熱すぎるお湯はふさわしくありません。人肌くらいのお湯を意識して泡をすすいで下さい。

 

また必要な皮脂を落としてしまうため、洗顔料を長い間顔に残さないように早めにそそぐことをおすすめします。

 

すすぐときは顔にお湯を勢いよく当てつけることは避けて、泡を分解していくイメージでやさしくすすぎましょう。

 

出典:ニキビ肌のための正しい洗顔方法|いりなか駅前皮フ科ビューティークリニック
参照:https://irinaka-beauty.jp/column/nikibi-face-wash

すすぎ残しがないようにする

洗顔料は十分にすすぎましょう。すすぎにかける時間は、洗う時間の倍が目安とされています。洗顔料が顔に残った状態では、肌荒れなどトラブルの原因になるのです。泡が残らないように念入りに洗うことが大切なポイントです。

 

また、シャワーを直接顔に当てることはやめて下さい。シャワーの水圧が肌への負担となるケースがあります。美肌に近づけるため完全に泡をすすぎ落としましょう。

 

出典:ニキビ肌のための正しい洗顔方法|いりなか駅前皮フ科ビューティークリニック
参照:https://irinaka-beauty.jp/column/nikibi-face-wash

洗顔後はしっかり保湿する

顔をすすいだ後はタオルを使用して水を拭き取ります。タオルは軽く手で押さえましょう。また、同じタオルを何度も繰り返して使うことは雑菌の繁殖の原因となります。一度使ったら新しいタオルに交換して常に清潔に保ちます。

 

洗顔後のアフターケアも大切なポイントです。肌が水分を失いやすい状態であるため、スキンケアをしっかり行い保湿することを意識しましょう。

 

出典:ニキビ肌のための正しい洗顔方法|いりなか駅前皮フ科ビューティークリニック
参照:https://irinaka-beauty.jp/column/nikibi-face-wash

 

出典:洗顔を見直してみませんか?皮膚科が紹介する正しい洗顔法|日比谷ヒフ科クリニック
参照:https://www.hibiya-skin.com/column/202005_01.html

洗顔の回数が多すぎるとどうなる?

洗顔の回数は、朝と夜の2回行うことが正しいと考えられています。もしも、洗顔の回数が多すぎるとどのようになるのでしょうか。夏など汗をかきやすい時期は、つい洗顔を多めにしてしまいがちです。

 

洗顔には正しい回数を守らなければならない理由があります。こちらでは、洗顔の回数が多すぎたときに発生する症状について解説します。正しい理由を知って美肌を目指しましょう。

肌に必要な皮脂を奪ってしまう

皮脂とは皮膚の表面にある脂質を指します。とくに鼻や口周辺などに多く存在していて、皮脂が多いと肌が油で覆われたような状態になります。

 

皮脂が過剰に分泌しすぎると肌トラブルの原因になることが特徴です。しかし、皮脂には皮膚を正常に保つ役割もあるため注意しなければなりません。

 

洗顔の回数が多いと必要な皮脂まで落としてしまいます。皮脂を失うことで肌を正常に保つことができず、肌荒れの発生に繋がるのです。

肌が乾燥する

洗顔の回数が多いと、必要な角質まで洗い落としてしまいます。その結果、肌が水分を失い潤いのない乾燥した状態に変化するのです。

 

乾燥した肌は新陳代謝が悪くなり、皮膚の再生機能が低下します。ターンオーバーが滞り細胞の生まれ変わりが停滞するでしょう。やがて、皮膚の表面が薄くなり、テカリや赤ら顔など肌トラブルを引き起こしてしまいます。

皮脂が過剰に分泌される

皮脂を取り除くことは、肌を正常に保つために必要です。適度なケアは効果的でしょう。しかし、洗顔を繰り返すと必要な皮脂まで洗い落としてしまいます。そして、肌を正常に保つ機能が働いて反対に皮脂を過剰に分泌させることがあるため注意が必要です。

 

肌には危機を感じたときに自らを守る機能が備わっています。洗顔を重ねて肌が乾燥すると、その機能が敏感に反応してしまうのです。

ターンオーバーが乱れる

ターンオーバーが乱れることがあります。ターンオーバーは綺麗な肌に導くために重要な働きです。

 

洗顔の回数が多すぎることで角質を洗い落としてしまうと、ターンオーバーの周期が乱れる原因となるのです。

 

反対に洗顔を怠り汚れやメイクが残った状態も、肌の生まれ変わりを遅らせる原因となります。洗顔の回数は1日2回を守り、刺激が強いスキンケアの使用なども控えるべきでしょう。

正しい洗顔の回数や洗顔のポイントを理解しておこう

この記事では、洗顔の回数や方法についてご紹介しました。洗顔のしすぎは皮脂の過剰な分泌やターンオーバーの乱れなどを招くため、ニキビなど肌トラブルの原因となります。朝と夜の2回を守りましょう。

 

また、正しい洗顔方法を心がけることで、乾燥などの症状を改善することができます。肌荒れで悩んでいる方は、順番を守りやさしく肌をいたわって下さい。毎日の正しい洗顔でハリとつやのある美肌を目指しましょう。

 

出典:ニキビ肌のための正しい洗顔方法|いりなか駅前皮フ科ビューティークリニック
参照:https://irinaka-beauty.jp/column/nikibi-face-wash

 

美肌のための美容液ならWASSER(バッサ)がおすすめ!

監修者
青山ラジュボークリニック
https://rajeubeau-clinic.com/wp/
院長 沼本 秀樹 先生(医学博士)

プロフィール(経歴)
昭和59年 順天堂大学医学部 卒業
平成2年 順天堂大学整形外科大学院 卒業
平成2年 石和町立峡東病院勤務 整形外科医長
平成2年 日本整形外科学会 認定医
平成6年 石和町立峡東病院 院長
平成6年 順天堂大学整形外科 非常勤講師
平成11年 東京女子医科大学救命救急センター 非常勤講師
平成14年 康麗会山梨峡東病院 院長
平成15年 山梨大学医学部臨床 助教授
平成18年 六本木ヒルズ けやきクリニック 院長
平成23年 東千石整形外科内科 院長
平成28年 一般社団法人統合再生医療研究会 代表理事
ラジュボークリニック 開業

LINE相談室
Page Top