新規会員登録で、すぐに使える500ptプレゼント!

お電話でのご注文・お問い合わせ

0120-8383-14

営業時間:10:00~18:00(平日のみ)

  • マイページログイン
  • カートを見る

ブログ─ Blog ─

カテゴリー:「クマ」

【専門家監修】目のクマができる原因とは?おすすめの対処法を解説

「目の下のクマが気になるけどどうしてできるの?」
「目のクマは症状によって原因が違うって本当?」
「目のクマが目立たなくなる方法が知りたい」
このように、目のクマについて悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。

 

症状を解決できなければ、ますます悪化する可能性があるため、早めに原因を追求する必要があります。

 

この記事では、目のクマはどうしてできるのか、目のクマを軽減する方法や目立たなくする方法などを紹介します。

 

この記事を読むことで、目のクマを対処するための生活改善方法や、クマを目立たせないメイク術が把握できるため、悩みの解決に繋がります。今後自分の表情に自信を持つことができるでしょう。

 

目のクマで老けて見える、目のクマをなくして健康的に見せたい、と悩んでいる方はぜひこの記事を参考にして下さい。

目のクマ3種類の特徴と原因

目のクマは青クマ、茶クマ、黒クマと3種類あります。それぞれ症状の特徴や原因が分かれているため、改善方法も異なります。自分の目のクマがどの症状に当てはまるかを確認しましょう。

 

出典:【目の下のクマ】種類は主に3つ(青クマ・黒クマ・茶クマ)見分け方・原因・改善方法を紹介|表参道メディカルクリニック
参照:https://om-clinic.com/column/1547

1:青クマは血行不良

青クマは、若い人から成人まで年齢問わず症状として出やすい傾向があります。3種類のクマの中では一番青黒いことが特徴です。

 

原因は毛細血管にあります。目の下は皮膚が薄く顔の中でも毛細血管が浮かびやすい場所です。体調が悪い時は毛細血管が暗くなるため、目の下で透けて青黒く見えてしまうのです。

2:茶クマは色素沈着

茶クマは、目の下が茶色く見えることが特徴です。目の下の皮膚を引っ張った時に、クマも一緒に動くと茶クマの可能性があります。

 

茶クマは、色素沈着が原因と考えられていて、皮膚の乾燥や、メイクを落とさない、ゴシゴシと擦る、などの行動を繰り返すと症状が出やすい傾向があります。

3:黒クマはたるみ

目の上を引っ張った時にクマが薄くなると黒クマの可能性があるでしょう。目のクマに悩みを持つ人のほとんどが黒クマです。

 

黒クマは老化が原因です。目の下のたるみやくぼみが影となり黒クマの症状となります。年を重ねると現れやすい症状といえるでしょう。

クマ別の治し方のコツ

クマは種類ごとで特徴や原因が異なるため、治し方もそれぞれに合わせる必要があります。こちらでは、治し方のコツを紹介します。目のクマを放置したままにしておくと、疲れた印象を与えてしまうため、治し方を知って改善しましょう。

  • 青クマは血流を良くする
  • 茶クマは肌のターンオーバーを正常化
  • 黒クマは表情筋を鍛える

青クマは血流を良くする

青クマは、暗くなった毛細血管が透けて見えることが原因のため、血液の色を改善することで症状を和らげることができます。

 

毛細血管の色が悪くなるのは、疲れや睡眠が足りていないこと、体の冷え、ストレスなどが原因です。睡眠を十分に取って休むことで、体の冷えや疲れがとれるため、症状の改善に繋がるでしょう。目を温めることや体を動かすことなども血流が良くなり効果的です。

茶クマは肌のターンオーバーを正常化

茶クマは目の下の色素沈着を改善することで症状を抑えられます。目の下の皮膚は薄いため、刺激を与えてはいけません。

 

クレンジングや洗顔する時にゴシゴシと擦らない、乾燥を防ぐためにも紫外線に当たらないようにする、メイクは確実に落として寝る、などを行うと、肌がターンオーバー化して色素沈着に働きかけてくれます。

黒クマは表情筋を鍛える

黒クマは目の下のたるみなど皮膚の衰えが原因です。目の下の筋力を鍛えることで改善できるでしょう。表情筋を動かすことで目の下の筋力アップに繋がります。また、保湿も同時に行うと効果的です。

 

短時間で鍛えることは難しいですが、続けることが効果に繋がります。美容医療では、コラーゲンを注入するなどの方法もあります。

目の周りの疲れを取り除く方法

目の周りの疲れを取ることで、目の下のクマを改善することができるでしょう。疲れを取る方法にはマッサージがあります。マッサージは目の下のたるみを予防してくれる効果があります。

 

とくに、ツボ押しが効果的です。ツボ押しは簡単に自宅で行えるため、初心者でも始めやすいでしょう。以下でクマに効くツボの詳細を紹介します。

クマに効くツボの場所

「承泣(しょうきゅう)」というツボがあります。黒目の真下にあるツボで、目の疲れに効果的です。また、目頭に位置する「晴明(せいめい)」や、目尻の外にある「瞳子髎(どうしりょう)」も目の下のクマに働きかけてくれます。

 

さらに「太陽(たいよう)」は、目尻から指一本外側のくぼみにあるツボで、目の下のたるみに効果的です。なお、目の下の皮膚はデリケートなため、力強く押すことは控えて下さい。

ツボ押しとマッサージの方法

ツボ押しの前に、耳のリンパをマッサージして血流を整え、老廃物を流しやすくしましょう。口を開けた状態で指をチョキにして、耳を挟んで15回ほど回して下さい。これを行うと、ツボ押しの効果が高まります。

 

次に、人指し指を使って目の下に効果があるツボを5秒ずつ押しましょう。5秒を1セットにして、全部で3回行います。

体の内側に原因がある場合

目の下のクマの原因には様々ありますが、寝不足や疲労の蓄積など体の内側が原因の場合があります。また、何らかの病気が原因になることもあります。一般的には、病気と結びつくケースは少ない傾向ですが、体の不調が続いた場合は注意した方が良いでしょう。

食生活や生活習慣を見直してクマを解消

目のクマは、食生活や生活習慣を整えることで症状緩和に導くことができます。普段の生活に少しプラスし、意識して過ごすことで効果が期待できるのです。

 

こちらでは、食や生活に取り入れると良い具体的な方法を紹介します。生活を見直して悩みを解消しましょう。

 

軽い運動やストレッチを習慣にする

目の下のクマを改善するためには、血流をよくする習慣を日常に取り入れることが必要です。軽い運動やストレッチは血流改善に効果があり、クマの症状が軽減する場合があります。

 

まずは、普段の生活に運動を取り入れてみましょう。

 

ビタミンEやビタミンCを意識して摂る

ビタミンEやビタミンCは血流を改善してくれる効果があるため、意識して摂取しましょう。ビタミンEは、ナッツ類やかぼちゃ、アボカドに多く含まれているため、積極的に取り入れたい食材です。

 

ビタミンCはレモンなどの柑橘類に含まれています。また、ビタミンCはビタミンEとの相性が良く、一緒に摂取することでそれぞれの栄養素の働きを高めてくれる効果があるでしょう。

目立ってしまう時はコンシーラーでカバー

目の下のクマは不健康な印象を与えるため、悩みを持つ人が少なくありません。しかし、目の下のクマはメイクでカバーできます。ベースメイク商品の中でもコンシーラーを使う方が多いです。

 

最近は様々な店舗で商品が並んでおり手に取りやすいことや、女性だとすでにお持ちの場合もあるでしょう。比較的身近にあり挑戦しやすいメイク用品といえます。

コンシーラーの塗り方

まず、自分のクマの種類に合ったカラーのコンシーラーを選択して下さい。また、クマの種類と同時に地肌の色に合わせることも大切です。

 

コンシーラーは厚く塗ると逆効果になることがあります。そのため、コンシーラーを塗る時は、少しの量にすることがポイントです。

 

塗る際は、目頭の方からアーチを描くように指で軽く抑えるような感覚で塗ると良いでしょう。また、地肌の色を見ながら、不自然にならないようにぼかします。

目の下のクマの原因を知って解消しよう

目の下のクマは、見た目が老けて見えるなどマイナスの印象を与えます。悩んでいる人は早く原因を追求して改善することが大切です。自分の症状に合ったマッサージやメイクで、クマの悩みを解決しましょう。

 

出典:【目の下のクマ】種類は主に3つ(青クマ・黒クマ・茶クマ)見分け方・原因・改善方法を紹介|表参道メディカルクリニック
参照:https://om-clinic.com/column/1547

 

オイルフリーの美容液ならWASSER(バッサ)がおすすめ!

監修者
青山ラジュボークリニック
https://rajeubeau-clinic.com/wp/
院長 沼本 秀樹 先生(医学博士)

プロフィール(経歴)
昭和59年 順天堂大学医学部 卒業
平成2年 順天堂大学整形外科大学院 卒業
平成2年 石和町立峡東病院勤務 整形外科医長
平成2年 日本整形外科学会 認定医
平成6年 石和町立峡東病院 院長
平成6年 順天堂大学整形外科 非常勤講師
平成11年 東京女子医科大学救命救急センター 非常勤講師
平成14年 康麗会山梨峡東病院 院長
平成15年 山梨大学医学部臨床 助教授
平成18年 六本木ヒルズ けやきクリニック 院長
平成23年 東千石整形外科内科 院長
平成28年 一般社団法人統合再生医療研究会 代表理事
ラジュボークリニック 開業

LINE相談室
Page Top