新規会員登録で、すぐに使える500ptプレゼント!

お電話でのご注文・お問い合わせ

0120-8383-14

営業時間:10:00~18:00(平日のみ)

  • マイページログイン
  • カートを見る

ブログ─ Blog ─

【専門家監修】脂性肌は何が原因?よくあるトラブルや正しいスキンケア方法を紹介

「メイク崩れが起こらない化粧品ってないのかな?」
「顔のベタつきやテカリが気になるけど、どうしたらいいの?」
このように、脂性肌の人は多くの疑問や不安を抱えているのではないでしょうか。

 

本記事では、脂性肌とはどのような状態か、脂性肌になる原因にはどのようなものがあるのかといった基礎知識から、化粧品を選ぶ際に押さえるべきポイントまで、脂性肌の悩みに寄り添った情報を紹介しています。

 

この記事を読むことで、脂性肌の人が気を付ける行動と、おすすめの化粧品がわかります。その知識をもとに自分の生活習慣やスキンケア方法を見直すヒントが得られ、化粧品選びがスムーズになるでしょう。

 

脂性肌をなんとかしたいと思っている方、化粧品選び苦労している方は、ぜひこの記事をチェックしてみて下さい。

そもそも脂性肌とは?

脂性肌について説明する前に、皮脂について説明します。皮脂は毛穴にある皮脂腺から分泌される半流動性のある油脂状の物質のことで、肌や髪をうるおし、乾燥から体を守る役割を持っています。

 

脂性肌とはこの皮脂が過剰に分泌されることで、テカリ・ベタつきが見られる状態のことを言います。顔のテカリやベタつきを思い浮かべた人が多いかもしれませんが、実は頭皮、体といった顔以外の部分にも見られる現象です。

 

脂性肌でも、水分が少なく皮脂の分泌が多い状態は乾燥性脂性肌(インナードライ)と呼びます。

 

出典:脂性肌|医療法人 恵聖会クリニック
参照:https://www.keisei-cs.com/medical-treatment/skin/skin-oily

 

出典:インナードライとは?改善のポイントはこれ!|日比谷ヒフ科クリニック
参照:https://www.hibiya-skin.com/column/201908_06.html

脂性肌になる原因

脂性肌になる原因にはどのようなものが考えられるでしょうか。

 

この記事をご覧になっている方の中には、生まれつきと考える人も多いでしょう。実は日々の生活の中で脂性肌になる原因がたくさん潜んでいることがわかっています。

 

ご自身の日々のライフスタイルを振り返りながら、脂性肌になる原因についてみていきましょう。

間違ったスキンケアをしている

脂性肌になる原因の一つは、肌を適切にケアできていないことです。

 

皮脂を過度に取り除いたり、肌にダメージを与えたり、肌を乾燥させる行動は、皮脂を過剰に分泌させる原因となります。

 

脂性肌の方の中には、テカリやベタつきが気になるため頻繁に洗ったり、タオルや手で肌に過度に摩擦を与えていたり、ベタつくのが嫌で、保湿を控えている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

間違ったスキンケアは脂性肌の原因になります。

 

出典:毛穴の開き、油性肌、ニキビ…毛穴のせい?|大城皮膚科クリニック
参照:https://oshiro-skin-clinic.com/blog/383/

生活習慣が乱れている

食生活の乱れも原因の一つだと考えられています。

 

主食である米やパン、動物由来の油の取りすぎ、ビタミン不足は皮脂分泌を促すと言われています。

 

米やパンなどタンパク質をたくさん摂取すると血糖値が急激に上昇し、血糖値を下げるためにインスリンの分泌が多くなります。インスリンは皮脂腺を刺激するため、皮脂の分泌が過剰になります。

 

偏食は皮脂分泌を促すため脂性肌の原因となります。

 

出典:脂性(あぶら症)|渋谷スキンクリニック
参照:http://shibuya-skin.com/dermatology/aburashou/

 

出典:食生活の乱れ|くみこクリニック北山院
参照:https://www.kumiko-clinic.jp/medical/acne/

ホルモンバランスが乱れている

ホルモンバランスの乱れも脂性肌の原因となります。

 

皮脂の分泌は男性ホルモンと関係しているため、ホルモンバランスが乱れることが皮脂の過剰な分泌を促し、脂性肌の原因になると考えられています。

 

男性ホルモンと聞くと、男性だけに関係すると思う方もいらっしゃるかもしれませんが、女性の体でも男性ホルモンは作られているため、ホルモンバランスによる皮脂の過剰な分泌は女性にも起こります。

 

また、第二次成長期で男性ホルモンの分泌は活発になるため、思春期にテカリやベタつきに悩む方もいらっしゃるでしょう。

 

出典:脂性肌|医療法人貴愛会
参照:https://www.kiaikai.jp/ai-hifuka/5/4.html

 

出典:男性ホルモンは女性の身体にどう働くの? (1)|英ウィメンズクリニック(たるみクリニック)
参照:http://tarumi.hanabusaclinic.com/column/%E7%94%B7%E6%80%A7%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%81%AF%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%81%AE%E8%BA%AB%E4%BD%93%E3%81%AB%E3%81%A9%E3%81%86%E5%83%8D%E3%81%8F%E3%81%AE%EF%BC%9F-%EF%BC%88%EF%BC%91%EF%BC%89/

ストレス・睡眠不足

ストレスや睡眠不足も脂性肌の原因になると言われています。

 

睡眠不足が肌に悪いというのは聞いたことがあるでしょう。ストレスが溜ったり睡眠不足になったりすると肌のターンオーバーが乱れるため、肌荒れや皮脂の過剰分泌につながります。

 

出典:脂性肌|医療法人貴愛会
参照:https://www.kiaikai.jp/ai-hifuka/5/4.html

 

出典:ターンオーバーの乱れを正常にして美肌美人に!|美容皮膚科タカミクリニック
参照:https://takamiclinic.or.jp/doctorscolumn/beautyskin/139065/

脂性肌によくあるトラブル

ここまで脂性肌の原因について見てきました。

 

ここからは脂性肌によって引き起こされる、肌トラブルについて見ていきます。ご自身に心当たりがないか考えながらご覧ください。

ニキビができる

多くの方がまず思い浮かべるのは、ニキビができることではないでしょうか。

 

ニキビは毛穴に皮脂がたまった状態のことで、正式には尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)と言います。

 

ニキビにはいくつか種類がありますが、毛穴に皮脂がたまって白く見える白ニキビ、毛穴につまった皮脂が酸化することで黒く見える黒ニキビ、毛穴にいる常在菌(アクネ菌)が皮脂を栄養に増殖し、炎症を起こしてできるものを赤ニキビと言います。

 

赤ニキビは治るのに時間がかかる他、ニキビ跡が残ってしまうこともあるため注意が必要です。

 

出典:ニキビの原因|タナカ皮膚科
参照:https://www.tanakahifuka.com/acne/

メイクが崩れやすい

過剰に分泌された皮脂はファンデーションをヨレさせる原因となります。

 

特にお仕事をされている女性の方の中には、化粧下地やファンデーション選びに苦労している方も多いのではないでしょうか。

黒ずみ毛穴になる

脂性肌に悩む人は、毛穴が黒ずんで目立つことがあります。

 

過剰に分泌された皮脂が毛穴に溜まることで、毛穴が開いたり、皮脂が酸化したりすることで黒ずむことが原因です。

 

特に鼻と小鼻周りは黒ずみが目立ちやすい箇所ですが、さらに化粧崩れがしやすい場所であるため、隠すのが大変な部分でもあります。

 

出典:脂性(あぶら症)|渋谷スキンクリニック
参照:http://shibuya-skin.com/dermatology/aburashou/

炎症を起こす

脂性肌の人の場合、炎症を起こして肌が赤っぽくなることもあります。

 

皮脂が過剰に分泌された肌は菌の増殖がしやすく、皮脂が分解される際に発生する遊離脂肪酸が肌に刺激を与えることで、炎症を起こしやすくなります。

 

少し赤らんだ肌は脂漏性皮膚炎と呼ばれ、頭や顔など皮脂の分泌が盛んな部分にみられます。

 

出典:脂漏性皮膚炎|新宿駅前クリニック
参照:https://www.shinjyuku-ekimae-clinic.info/hihuka/shirouseihihuen.html

脂性肌の正しいスキンケア方法とは?

ここまで、脂性肌になる原因や、それによって起きる様々なトラブルについて紹介してきました。

 

脂性肌の人が、皮脂の過剰分泌を抑え、テカリやベタつきがなく、トラブルのない肌になるためにはどのようなスキンケア方法が良いのでしょうか。

 

最後に、脂性肌人向けのコスメや選ぶ際のポイントについて紹介します。

脂性肌人向けのコスメ・化粧品を選ぶ際のポイント

脂性肌人向けのコスメ・化粧品を選ぶ際のポイントを5つに分けて具体的に見ていきましょう。

 

おすすめのスキンケア製品だけでなく、ファンデーションや化粧を落とすためのクレンジングまで幅広く紹介します。

  • 化粧水のテクスチャーが軽いものを選ぶ
  • オイルコントロールの表記があるものを選ぶ
  • ヒアルロン酸が配合されているものを選ぶ
  • ファンデーションはパウダータイプを選ぶ
  • クレンジングはミルク・ジェルタイプを選ぶ

化粧水のテクスチャーが軽いものを選ぶ

乾燥を防ぐことで皮脂の過剰な分泌を抑えられるため、化粧水はしっかり使いましょう。その際、化粧水はテクスチャーが軽いものをおすすめします。

 

化粧水は、さっぱり、しっとり、もっとしっとりなどテクスチャーによって分かれているため、ご自身の肌の状態に合わせて選びましょう。

オイルコントロールの表記があるものを選ぶ

皮脂の分泌をコントロールすることも重要です。

 

脂性肌の原因である過剰な皮脂の分泌は様々なトラブルを引き起こす原因となる一方で、皮脂自体は、肌を外部から守る機能もあるためです。

 

化粧水の中にはオイルコントロールと表記されているものもあるため、その中から選ぶこともおすすめです。

 

出典:オイルコントロール [oil control]|日本化粧品技術者会
参照:https://www.sccj-ifscc.com/library/glossary_detail/233#:~:text=%E5%8C%96%E7%B2%A7%E3%81%8F%E3%81%9A%E3%82%8C%E3%82%84%E8%82%8C%E3%81%AE,%E7%9A%AE%E8%84%82%E3%82%92%E9%99%A4%E5%8E%BB%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%EF%BC%8E

ヒアルロン酸が配合されているものを選ぶ

ヒアルロン酸が配合されていることも選ぶ基準の一つです。

 

ヒアルロン酸は私たちの体を構成する細胞の中にも存在する成分です。ヒアルロン酸には高保湿作用があることも知られており、ヒアルロン酸1gに対して6Lもの水を蓄えられると言われています。

 

乾燥を防ぐことで皮脂の分泌を抑えられるため、ヒアルロン酸が配合されている製品から選ぶようにしましょう。

 

出典:ヒアルロン酸ってどんなもの?知っておくべき基礎知識|東京形成美容外科
参照:https://tokyo-biyou.com/column/aging_care/wrinkle_hyaluronic_acid/10913/

ファンデーションはパウダータイプを選ぶ

特に仕事をされる女性にとっては、ファンデーション選びも重要なポイントの一つです。

 

ファンデーションはオイルの配合量によって剤型が分かれますが、その中でも油分が少ないファンデーションがおすすめです。一般的にクリームファンデーションやクッションファンデーションはオイル成分を多く含み、パウダーファンデーションは油分が少ないものが多いです。

 

また、パウダーファンデーションはカバー力も高いため、鼻や小鼻といった化粧崩れが目立つ部分の毛穴もカバーしてくれるものが多いのも選ぶポイントになります。

クレンジングはミルク・ジェルタイプを選ぶ

脂性肌の人にとってクレンジングの選び方は重要な要素です。

 

なぜなら、過剰に皮脂を取り除くことは脂性肌の原因となるためです。例えば、クレンジングオイルは洗浄力が高いことで知られており、メイクもしっかり落としてくれますが、皮脂も同時に落としてしまうため乾燥につながる可能性があります。

 

クレンジングを選ぶ際は洗浄力の穏やかなミルクやジェルタイプといったものを選びましょう。過剰に皮脂を落とすことなく、メイクや皮脂汚れを穏やかに取り除けます。

脂性肌の正しいスキンケア方法を知って肌トラブルを改善しよう

ここまで脂性肌について説明してきました。皮脂の過剰な分泌が起きている脂性肌には、正しいスキンケア方法と脂性肌に合った化粧品選びが重要です。

 

肌の乾燥を促すようなお手入れ方法を避けましょう。また、グリセリン、ソルビトールやヒアルロン酸といった保湿成分を含み、できれば、オイルフリーの記載がある化粧水がおすすめです。

 

オイルフリーの美容液ならWASSER(バッサ)がおすすめ!

監修者
青山ラジュボークリニック
https://rajeubeau-clinic.com/wp/
院長 沼本 秀樹 先生(医学博士)

プロフィール(経歴)
昭和59年 順天堂大学医学部 卒業
平成2年 順天堂大学整形外科大学院 卒業
平成2年 石和町立峡東病院勤務 整形外科医長
平成2年 日本整形外科学会 認定医
平成6年 石和町立峡東病院 院長
平成6年 順天堂大学整形外科 非常勤講師
平成11年 東京女子医科大学救命救急センター 非常勤講師
平成14年 康麗会山梨峡東病院 院長
平成15年 山梨大学医学部臨床 助教授
平成18年 六本木ヒルズ けやきクリニック 院長
平成23年 東千石整形外科内科 院長
平成28年 一般社団法人統合再生医療研究会 代表理事
ラジュボークリニック 開業

【専門家監修】ニキビができる前兆とはどんなもの?原因や予防方法を解説

「ニキビが顔によくできるのはなぜ?」
「ニキビができるときの前兆はある?」
「ニキビを予防する方法が知りたい」
ニキビが頻繁にできたり、なかなか治りにくかったりして悩んでいるという人もいるでしょう。

 

この記事では、ニキビができる前兆やニキビの原因について解説し、さらにニキビの予防方法も紹介していきます。

 

この記事を読むことで、ニキビの種類やニキビが悪化してしまう原因について知ることができ、日常生活で気をつけた方が良いポイントを理解することができるでしょう。

 

ニキビができるのを防ぐには、生活習慣を見直すことが必要です。ニキビに悩んでいる人は、この記事で紹介する改善のポイントを押さえてニキビ対策をしてみてください。

ニキビの種類とは

ニキビは皮脂が多く分泌される顔や背中などにできやすく、毛穴が詰まって皮脂を体外へ排出できない状態となっているのです。ニキビには主に3種類の症状があるため、それぞれの特徴について見ていきましょう。

 

出典:ニキビの種類と治療方法について|川崎たにぐち皮膚科
参照:https://k-derm.net/2021/04/22/2105

赤ニキビ

赤ニキビは、この後に紹介する白ニキビや黒ニキビが進行して炎症を起こしたものを指します。赤ニキビの特徴は、周辺の皮膚が赤い色になって盛り上がっている点です。

 

赤ニキビが悪化すると、膿が発生して黄色っぽいニキビになると言われています。

 

出典:ニキビの種類と治療方法について|川崎たにぐち皮膚科
参照:https://k-derm.net/2021/04/22/2105

白ニキビ

白ニキビは毛穴に皮脂が詰まって皮膚の外に出ることができず、見た目は白っぽい発疹のように見えます。白ニキビは初期段階であり、毛穴の表面は閉じた状態になっているのが特徴です。

 

出典:ニキビの種類と治療方法について|川崎たにぐち皮膚科
参照:https://k-derm.net/2021/04/22/2105

 

出典:ニキビとは、原因、症状、治療など|新宿駅前クリニック
参照:https://www.shinjyuku-ekimae-clinic.info/hihuka/nikibi.html

黒ニキビ

黒ニキビは、白ニキビが進行したものです。白ニキビが悪化すると毛穴の中に詰まった皮脂が押し出されて、毛穴が開きます。

 

毛穴から飛び出た皮脂が空気に触れて酸化することで、黒ニキビに変わります。

 

出典:ニキビの種類と治療方法について|川崎たにぐち皮膚科
参照:https://k-derm.net/2021/04/22/2105

ニキビができる前兆

ニキビができるときは、毛穴周りの肌に前兆が見られます。ニキビが発生する際に、肌にはどのような変化が起こるのでしょうか。ニキビができやすい人は、思い当たる点があるかどうかチェックしてみましょう。

毛穴が詰まって角層が硬くなる

肌の表面を覆っている角層は、常にターンオーバーを繰り返して生まれ変わっています。しかし、古い角層が剥がれず肌表面に留まると、角層は厚く硬くなり、それがニキビの前兆となります。

 

硬くなった角層が毛穴を塞いでしまうことで皮脂がうまく排出されず、ニキビになるのです。

 

出典:ニキビの原因を知って正しいケアを|池袋フェミークリニック
参照:https://www.femmy-ikebukuro.com/acne/cause/

ニキビができる原因

ニキビは毛穴が詰まることによって発生しますが、具体的にどのような原因で毛穴が詰まったり炎症を起こしたりするのでしょうか。

 

ここからは、ニキビができる3つの要因について解説していきます。

 

出典:ニキビ・ニキビ痕|日比谷ヒフ科クリニック
参照:https://www.hibiya-skin.com/subject/nikibi.html

ターンオーバーの乱れ

肌のターンオーバーが正常であれば問題ありませんが、生まれ変わりのサイクルが乱れることで古い角層が毛穴を塞ぐと、ニキビが発生します。

 

また、ターンオーバーがうまくいかないと肌は炎症を起こしやすいため、ニキビがなかなか治りにくい状態になるでしょう。

 

出典:ニキビの原因を知って正しいケアを|池袋フェミークリニック
参照:https://www.femmy-ikebukuro.com/acne/cause/

 

出典:ニキビ・ニキビ痕|日比谷ヒフ科クリニック
参照:https://www.hibiya-skin.com/subject/nikibi.html

皮脂の過剰分泌

皮脂は過剰に分泌されると毛穴の中に溜まり、うまく排出されなかった皮脂が毛穴に詰まることでニキビになります。皮脂が過剰に分泌される原因には、思春期の成長ホルモンや女性の生理周期、食生活の乱れなどがあります。

 

出典:ニキビの原因を知って正しいケアを|池袋フェミークリニック
参照:https://www.femmy-ikebukuro.com/acne/cause/

アクネ菌の増殖

アクネ菌は肌にいる常在菌で、通常は肌を守る役割を果たしています。しかし、毛穴の中に皮脂が溜まると、その皮脂を養分にアクネ菌が増殖し、炎症を起こしてニキビを悪化させる原因となるのです。

 

出典:ニキビの原因を知って正しいケアを|池袋フェミークリニック
参照:https://www.femmy-ikebukuro.com/acne/cause/

ニキビの予防方法

ニキビの発生を防ぐためには、肌のケアだけでなく普段の生活習慣を見直すことが大切です。ニキビの予防が期待できる対策にはどのようなものがあるのか、詳しく確認していきましょう。

睡眠をしっかりとる

肌のターンオーバーを正常に保つには、睡眠をしっかりとることが重要です。その理由は、睡眠中に分泌される成長ホルモンに肌のターンオーバーを促進する役割があるためです。

 

日頃から睡眠時間が少ない人は、肌のゴールデンタイムと呼ばれる夜10時~翌2時までの時間帯を意識して睡眠をとるようにすると良いでしょう。

 

出典:ニキビの場所別・症状別・タイプ別の原因と予防、あなたはどれに当てはまる?|美容皮膚科タカミクリニック
参照:https://takamiclinic.or.jp/doctorscolumn/acne/139071/#toc-5

食生活に気をつける

肌の不調につながりやすい食事は、油分や糖分の多いメニューです。肌の調子が悪いとニキビもできやすくなるため、栄養バランスに気をつけて食事をとりましょう。

 

肌の調子を整えるのにおすすめの栄養素は、皮脂分泌をコントロールするビタミン類、代謝を促すビタミンAです。また、抗酸化作用が期待できるビタミンCやEも併せてとると良いでしょう。

 

出典:ニキビの場所別・症状別・タイプ別の原因と予防、あなたはどれに当てはまる?|美容皮膚科タカミクリニック
参照:https://takamiclinic.or.jp/doctorscolumn/acne/139071/#toc-5

ストレスをためないようにする

ストレスが溜まると、ホルモンバランスの乱れなどから体や肌に不調が起こりやすくなり、ニキビの原因になる場合があります。ストレスをためないように、適度に息抜きをしてリラックスできる時間を作りましょう。

 

出典:ニキビの場所別・症状別・タイプ別の原因と予防、あなたはどれに当てはまる?|美容皮膚科タカミクリニック
参照:https://takamiclinic.or.jp/doctorscolumn/acne/139071/#toc-5

自分の肌に合ったスキンケアアイテムを使う

スキンケアを使用するときは、自分の肌質に合ったものを選ぶことが大切です。肌に合わないアイテムを使うと、肌を健康に保つことが難しくなりニキビができやすくなる可能性があるでしょう。

 

出典:ニキビの場所別・症状別・タイプ別の原因と予防、あなたはどれに当てはまる?|美容皮膚科タカミクリニック
参照:https://takamiclinic.or.jp/doctorscolumn/acne/139071/#toc-5

悪化したニキビは跡に残りやすい?

白ニキビや黒ニキビは症状が軽いため跡が残りにくいですが、悪化して赤ニキビになるとニキビ跡が残りやすくなります。

 

ニキビを触ったり潰してしまったりすると刺激されてニキビ跡が治りにくくなるため、注意しましょう。

 

出典:ニキビ跡をきれいに消す方法とは|美容皮膚科タカミクリニック
参照:https://takamiclinic.or.jp/doctorscolumn/acne/139073/

ニキビができる前兆と予防方法について知っておこう

ニキビは肌トラブルによって起こりますが、日頃の生活習慣に注意すれば予防することができます。ニキビが頻繁にできて悩んでいる人は、この記事で解説したニキビの前兆や予防方法を参考にして対策をしてみてください。

 

オイルフリーの美容液ならWASSER(バッサ)がおすすめ!

監修者
青山ラジュボークリニック
https://rajeubeau-clinic.com/wp/
院長 沼本 秀樹 先生(医学博士)

プロフィール(経歴)
昭和59年 順天堂大学医学部 卒業
平成2年 順天堂大学整形外科大学院 卒業
平成2年 石和町立峡東病院勤務 整形外科医長
平成2年 日本整形外科学会 認定医
平成6年 石和町立峡東病院 院長
平成6年 順天堂大学整形外科 非常勤講師
平成11年 東京女子医科大学救命救急センター 非常勤講師
平成14年 康麗会山梨峡東病院 院長
平成15年 山梨大学医学部臨床 助教授
平成18年 六本木ヒルズ けやきクリニック 院長
平成23年 東千石整形外科内科 院長
平成28年 一般社団法人統合再生医療研究会 代表理事
ラジュボークリニック 開業

【専門家監修】角栓の正体とは?できる原因や放置しておくと起こりうるトラブルもあわせて紹介

「角栓とは、どうやって肌にできるものなの?」
「毎日のスキンケアは、角栓を取り除くための意味がある?」
「角栓は指で押し出したり、引き抜いたりして除去してはダメなの?」
鏡を見て肌にぽつぽつと目立つ角栓があると、気になって仕方がない人も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、角栓の正体やできる原因、角栓が引き起こす肌のトラブル、角栓を除去し、新たに作らないようにする対処法などを解説しています。

 

記事を読むことで、角栓ができるメカニズムがわかり、角栓を作らないために、日常生活やスキンケアで気をつけるべき習慣を身につけることができるでしょう。

 

角栓が気になって毎日憂鬱になってしまうという方は、ぜひチェックしてみてください。

角栓の正体とは

小鼻や頬に多く見られる角栓とは、毛穴の中で古い角質と皮脂が混じりあい、毛穴をふさいでできるものです。

 

一般的に角栓は、肌の不要な脂が固まってできているもの、といったイメージを持たれることが多いでしょう。しかし、その成分のうち皮脂は3割ほどで、残り7割は古い角質であるタンパク質から構成されています。

 

肌に不要なものと思われがちな角栓ですが、毛穴からのウイルスや雑菌の侵入を防ぐ、門番の役割を担うものです。しかし、本来であれば自然に抜けて排出されていく角栓が、さまざまな原因により毛穴に詰まってしまうと、さまざまなトラブルの原因となってしまいます。

 

出典:角栓って何者?角栓の正体とは…|ららぽーと横浜クリニック
参照:https://lala-clinic.jp/article.php/20180521094940917

角栓ができる原因とは

角栓が大きくなり、目立ってしまう原因には、誤ったスキンケアだけでなく生活習慣も大きく関係しています。

 

ここから、角栓ができる原因としてあげられるものを解説していきますので、思い当たるものがないか、スキンケアのクセや生活習慣を振り返ってみましょう。

過度に洗顔しているから

肌のべたつきや毛穴汚れが気になって、1日に何度も洗顔したり、メンズ用のスクラブ洗顔を使用したりする場合もあるでしょう。しかし、過度な洗顔はさらなる角栓を作り出す原因ともいわれています。

 

洗顔をしすぎると、必要な角質まで無理にはがしてしまい、肌が乾燥しやすくなります。肌が乾燥することにより、皮脂の分泌や角質の再生が過剰に促されることで、毛穴が詰まり、角栓が目立つようになっていくのです。

 

出典:角栓って何者?角栓の正体とは…|ららぽーと横浜クリニック
参照:https://lala-clinic.jp/article.php/20180521094940917

睡眠不足であるから

睡眠不足は美肌の大敵、という言葉を耳にする機会も多いのではないでしょうか。毛穴の開きや角栓の悩みは、睡眠不足から引き起こされているケースも多いのです。

 

肌の新陳代謝を正常に保つには、成長ホルモンと女性ホルモンのはたらきが欠かせません。成長ホルモンは肌の新陳代謝を促し、女性ホルモンは皮脂の過剰分泌につながる男性ホルモンのはたらきを抑制するはたらきがあります。

 

睡眠不足になると、肌をなめらかにする成長ホルモンの分泌が少なくなるうえ、男性ホルモンのはたらきで皮脂の分泌が活発になり、毛穴がふさがりやすくなっていきます。これが、睡眠不足で肌が荒れるといわれる原因です。

 

出典:睡眠について|一般社団法人小郡三井医師会
参照:http://www.ogorimii-med.net/column/%E7%9D%A1%E7%9C%A0%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

メイクをきちんと落としていないから

毛穴を隠そうと日常的にコンシーラーや毛穴用の下地を塗り込んでいると、クレンジングで落としきれず角栓が目立ってしまう原因にもなります。また、薄いメイクでも汚れがたまった状態で就寝せず、かならずクレンジングをおこないましょう。

 

クレンジングで落としきれない汚れは、ダブル洗顔でしっかり落とします。脱脂力の強すぎる洗顔料は乾燥を招くため、肌にやさしい石鹸素地を使った洗顔石鹼などがおすすめです。

 

角栓ケアを重視する場合は、冷水での洗顔では余分な皮脂や汚れを落としきれないため、肌に負担をかけないよう、体温と同じ程度のぬるま湯での洗顔がよいでしょう。

脂質や糖分を過剰に摂取しているから

動物性たんぱく質や脂質、糖分を過剰に摂取していると、皮脂の分泌が増え、角栓ができやすくなるといわれています。

 

チョコレートやドーナツなどの甘いお菓子を日常的に摂取する習慣がある場合は、食べる量をセーブしましょう。また、お酒にも糖分が多く含まれています。アルコールを摂取すると、揚げ物などのおつまみも多く食べてしまう場合があるため、注意が必要です。

 

出典:毛穴|日比谷ヒフ科クリニック
参照:https://www.hibiya-skin.com/subject/keana.html

ターンオーバーのサイクルが乱れているから

肌は体のほかの部分の細胞と同じく、新陳代謝を繰り返しており、これをターンオーバーと呼びます。ターンオーバーのサイクルの乱れは、角栓ができやすくなる大きな原因のひとつといえるでしょう。

 

通常、理想的な顔の肌のターンオーバー周期は28日程度といわれています。ターンオーバーがスムーズにいかなくなると、自然にはがれ落ちる角質が肌に残ってしまい、過剰に分泌された皮脂と混じりあって角栓となってしまうのです。

 

角栓が目立たないなめらかな肌を維持するためには、ターンオーバーをスムーズに保つことが重要といえるでしょう。

 

出典:角栓って何者?角栓の正体とは…|ららぽーと横浜クリニック
参照:https://lala-clinic.jp/article.php/20180521094940917

角栓を放置しておくと起こりうるトラブル

角栓を肌の上に放置してしまうと、さらなる肌のトラブルを招く可能性があります。

 

ここから紹介する事例は、角栓をきっかけに起こりやすいトラブルでもあるため、肌をすこやかに保つためにもトラブルについて学んでおきましょう。

毛穴が黒ずむ

角栓はできたすぐは白色のためひどく目立つことはありませんが、長期間肌に残り皮脂が酸化するにつれて黒ずんでいきます。

 

とくに黒ずみが目立つのは、皮脂の分泌が多く角質がたまりやすい鼻の頭や小鼻部分で、この状態がいわゆるいちご鼻といわれています。毛穴が黒ずむまで放置してしまうと、角栓の改善は難しくなっていくため、早めの対処が必要といえるでしょう。

 

出典:毛穴のつまりや角栓の原因とは?クリニックによる5つの治療で改善できる|アイシークリニック
参照:https://ic-clinic.com/female/clogged-pores/

ニキビの原因になる

角栓による毛穴のつまりは、ニキビの原因になるともいわれています。これは、角栓が毛穴をふさぐことで、アクネ菌の増殖や皮脂のつまりを引き起こしてしまうのが大きな要因です。

 

ニキビはアクネ菌が原因といわれていますが、アクネ菌自体は毛穴の中に常在しています。角栓により皮脂が毛穴にたまり、アクネ菌やほかの細菌が皮脂をエサにして増殖し、炎症を起こすと考えられているのです。

 

出典:角栓除去|美容皮膚科タカミクリニック
参照:https://takamiclinic.or.jp/service/blackhead/

おすすめできない角栓ケアとは?

頑固に毛穴に残る角栓を目にすると、すぐにでも消してしまいたい、という場合もあるでしょう。しかし、角栓を無理やりに除去するのは肌の状態を悪化させてしまう可能性があるため、おすすめできません。

 

ここから、肌をなめらかに保つために、避けるべき角栓ケアを解説していきます。

角栓用のはがすパックを使用する

角栓用のはがすパックは昔からありますが、角栓対策にはおすすめできません。目に見えて角栓が取れるため、一見効果的に思えても、肌へのリスクが大きいのです。

 

毛穴の角栓を除去するためにパックを使用すると、角栓を除去したあとの毛穴が大きく開いてしまいます。また、強い刺激があるため、使用後に炎症などを引き起こし、角質が厚くなってしまう可能性もあるでしょう。

 

出典:毛穴治療|美容皮膚科タカミクリニック
参照:https://takamiclinic.or.jp/service/pore/

角栓を押し出し出す

毛穴に詰まった角栓を、指で無理やり押し出すのはやめましょう。爪やピンセットで出ている角栓を引き抜くのも、毛穴の開きにつながってしまいます。

 

角栓の無理な押し出しやピンセットなどでの引き抜きは、肌への摩擦や刺激で皮脂の分泌が増加し、刺激により発生する炎症などから角質が厚くなって、さらなる肌のトラブルを引き起こしかねません。

 

出典:毛穴のつまりや角栓の原因とは?クリニックによる5つの治療で改善できる|アイシークリニック
参照:https://ic-clinic.com/female/clogged-pores/

角栓ができたときの対処法

角栓が目立ってきたり、ざらつきが気になってきたりしたら、どのようなケアをおこなうのがよいのでしょうか。

 

ここからは、肌にやさしく負担をかけない角栓ケアの方法を解説していきます。

化粧水を利用してふきとり美容をする

不要な角質を落として角栓のざらつきを解消するには、化粧水を使ったふきとり美容がおすすめです。ただし、肌に刺激を与えないようにするには、いくつかのポイントをおさえる必要があります。

 

まず、指の圧力がかかりすぎないよう、コットンは厚めのものを使用するか、2枚重ねにするのがおすすめです。コットンの繊維の摩擦を減らすために、裏までひたひたになるよう化粧水をたっぷりと含ませてください。

 

額や頬などの広い部分は反対側の手で肌を固定し、やさしくコットンを顔の中心から外側へ向けてすべらせます。鼻周りはコットンを二つ折りにして、タップするようにやさしくおさえてください。

ホットタオルを利用する

ホットタオルをクレンジングと洗顔の前におこなうことで、角栓を除去しやすい状態にすることができます。角栓の大部分を占める古い角質であるたんぱく質は硬いため、温めることで緩んだ皮脂により角栓を自然に取れやすくする方法です。

 

フェイスタオルを濡らして絞り、電子レンジに入れ、500Wで30秒~1分ほど加熱します。お湯で作る場合は45℃~50℃程度の熱いお湯を使用するため、やけどに注意してください。
温めたタオルで顔を包み、2~3分経過したらタオルをはずしてクレンジングをおこないます。

 

熱すぎる場合は肌への刺激になってしまうため、心地よい程度の温度のホットタオルを使用してください。また、肌がデリケートだったり、赤みが出やすかったりする場合は、ホットタオルの使用は控えましょう。

角栓をなくしたい人におすすめしたいこと

角栓をなくすには、肌のターンオーバーを整える必要があります。ターンオーバーを整えるために、生活習慣の見直しや正しいスキンケアをコツコツ続けていくのが効果的です。

 

ここからは、角栓の悩みを解決するための対策法を解説していきます。

睡眠不足を改善する

肌のターンオーバーは睡眠中におこなわれるため、睡眠不足を改善することが大切です。

 

また、十分な睡眠をとることで、成長ホルモンや女性ホルモンなどの肌に欠かせないホルモンの分泌も促されます。肌のターンオーバーを正常に整えるため、毎日の睡眠時間を十分に確保しましょう。

 

出典:睡眠について|一般社団法人小郡三井医師会
参照:http://www.ogorimii-med.net/column/%E7%9D%A1%E7%9C%A0%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

バランスのとれた食生活を心がける

ファストフードや甘い食べ物を摂取するのを控え、できるだけバランスのとれた食生活を心がけましょう。

 

とくに、肌の新陳代謝を助けるはたらきを持つ、ビタミンB群を摂るように意識してみてください。ビタミンB2は過剰な皮脂分泌を抑え、ビタミンB6にはターンオーバーを促す効果が期待できます。

 

ビタミンB2は豚レバーやうなぎ、納豆などに含まれ、ビタミンB6はマグロの赤身や牛レバー、サンマなどに多く含まれます。ほかのビタミンB群や栄養素とバランスよく摂取しながら美肌を目指しましょう。

 

出典:ビタミンB群|一般社団法人オーソモレキュラー栄養医学研究所
参照:https://www.orthomolecular.jp/nutrition/vitamin_b/

洗顔後しっかりと保湿する

洗顔後はオイルフリーの化粧水などを使用して、しっかりと保湿しておきましょう。

 

べたつきを気にして保湿をしないと、肌が乾燥してしまい皮脂の過剰分泌につながるでしょう。また、うるおった肌は外部からの刺激にも強く、ターンオーバーも正常におこなわれます。逆に乾燥が気になる場合は、オイルフリーのエッセンスなどで保湿力を持続させましょう。

 

出典:バッサのこだわり|WASSER
参照:https://www.wassershop.jp/concept/

帰宅したらすぐにメイクを落とす

メイクを早めに落として、角栓の原因になる毛穴の汚れや老廃物をその日のうちに取り除いてあげましょう。

 

急いでいても、ふきとりタイプのメイク落としシートなどは肌に余計な負担をかけるためおすすめできません。べたつきが気になる場合はウォーターベースのクレンジングでメイクを落とし、洗浄力の強すぎない石鹸などでやさしく洗顔してください。

 

出典:いちご鼻にバイバイしよう!いちご鼻の原因と効果的なスキンケア|美容皮膚科タカミクリニック
参照:https://takamiclinic.or.jp/doctorscolumn/pore/139061/

角栓ができる原因を理解して正しいケアを心がけよう

ここまで、角栓ができる仕組みや原因、角栓を目立たなくさせるための対処法などを解説してきました。

 

気になる角栓を除去してすこやかな肌へ導くには、正しいスキンケアと生活習慣の改善が必要といえます。また角栓を無理やりなケアで除去するのは、肌への負担が大きくトラブルにつながるため、避けてください。

 

ここで紹介した正しい角栓ケア方法や、肌にやさしいスキンケア習慣で、ターンオーバーを正常に導き、なめらかな肌を目指しましょう。

 

やさしくターンオーバーを整える美容液ならWASSER(バッサ)がおすすめ!

監修者
青山ラジュボークリニック
https://rajeubeau-clinic.com/wp/
院長 沼本 秀樹 先生(医学博士)

プロフィール(経歴)
昭和59年 順天堂大学医学部 卒業
平成2年 順天堂大学整形外科大学院 卒業
平成2年 石和町立峡東病院勤務 整形外科医長
平成2年 日本整形外科学会 認定医
平成6年 石和町立峡東病院 院長
平成6年 順天堂大学整形外科 非常勤講師
平成11年 東京女子医科大学救命救急センター 非常勤講師
平成14年 康麗会山梨峡東病院 院長
平成15年 山梨大学医学部臨床 助教授
平成18年 六本木ヒルズ けやきクリニック 院長
平成23年 東千石整形外科内科 院長
平成28年 一般社団法人統合再生医療研究会 代表理事
ラジュボークリニック 開業

【専門家監修】皮脂分泌の原因とは|肌のトラブルについてや抑えるための対処法を紹介

「ずっと顔のテカリに悩んでいる。体質だから仕方ないのかな?」
「最近、肌がべたつくようになってしまった。何が原因なの?」
「皮脂分泌を抑えるためには、何をしたらいいのだろう?」
このように、皮脂分泌について悩んでいるけど、どうしたらいいか分からない人もいるのではないでしょうか。

 

この記事では、皮脂分泌の原因を説明しています。皮脂分泌によって引き起こされる肌のトラブルや、皮脂分泌を抑えるための方法、皮脂との上手な付き合い方についても触れています。

 

この記事を読み、皮脂分泌の原因と対処法を知ることによって、自分の肌を健やかに保つことが出来るようになるでしょう。

 

皮脂分泌について知りたい人は、是非読んでみて下さい。

皮脂分泌の原因とは

顔のテカリやべたつきに悩まされている人もいるのではないでしょうか。オイリー肌とも呼ばれるこの状態は、皮脂分泌によって引き起こされています。

 

皮脂分泌を司っているのは、男性ホルモンの一種「テストステロン」やステロイドホルモンの一種「アンドロゲン」です。それらのホルモンが影響を受けると、皮脂分泌が過剰になってしまいます。

 

具体的な原因について見ていきましょう。2つ紹介します。

 

出典:脂性(あぶら症)|渋谷スキンクリニック
参照:http://shibuya-skin.com/dermatology/aburashou/

ホルモンバランスの影響

ホルモンバランスが乱れると、皮脂分泌が増加してしまいます。第二次性徴期には特に男性ホルモンの量が増加するため、皮脂分泌も活発になります。

 

また、ストレスや睡眠不足もホルモンバランスを乱す要因となります。ストレスを受けたり、睡眠不足になったりして心と身体の緊張状態が続いてしまうと、交感神経が優位になって男性ホルモンの分泌を促してしまうためです。

 

出典:ニキビの原因「皮脂の分泌」とは|さくら皮フ科スキンケアクリニック
参照:http://sakurahihu.com/m-info/105.html

 

出典:肌荒れの改善策③睡眠と肌荒れの関係|エスエス製薬株式会社
参照:https://www.ssp.co.jp/hythiol/troublenavi/roughskin/sleep.html

 

出典:ストレスについてその1|医療法人 仁木会 ニキ ハーティー ホスピタル
参照:https://niki-hp.or.jp/stress1.html

誤ったスキンケア

誤ったスキンケアにより肌に過剰な刺激を与えてしまうと、皮脂分泌が増加してしまいます。一年中、ずっと同じスキンケアをしていないでしょうか。季節によって肌状態は変化するため、その時期に応じたケアが必要になります。

 

また、スキンケアの方法も大切です。熱いお湯や冷たすぎる水で顔を洗ったり、肌を強く擦ったりするのは避けましょう。肌への刺激となり、皮脂分泌を促してしまいます。

 

出典:季節の変わり目の肌荒れ、マスクの肌荒れケアに|WASSER(バッサ)
参照:https://www.wassershop.jp/blog_cat/skin-trouble/

 

出典:顔のテカリは脂性肌のせい? オイリー肌になる3つの原因と改善方法|株式会社 再春館製薬所
参照:https://www.saishunkan.co.jp/domo/column/skin-troubles/oily_skin/#ank02

皮脂分泌によって起こる肌のトラブル

皮脂分泌によって、様々な肌のトラブルが引き起こされます。肌のテカリやべたつきは代表的な症状です。女性の場合、お化粧が崩れてしまうこともあるでしょう。

 

毛穴に皮脂が溜まって詰まると、ニキビが出来てしまいます。毛穴にいる常在菌のアクネ菌は皮脂を栄養として繁殖し、ニキビを炎症させます。

 

また、鼻と鼻周りの毛穴が目立ってしまって悩む人も多いでしょう。毛穴に溜まった皮脂が酸化すると、黒ずみの原因となります。

 

出典:脂性(あぶら症)|渋谷スキンクリニック
参照:http://shibuya-skin.com/dermatology/aburashou/

皮脂分泌を抑えるための対処法

ホルモンバランスの乱れと誤ったスキンケアが皮脂分泌を促すことを説明しました。ここでは、皮脂分泌を抑えるための方法を3つ紹介します。

 

皮脂分泌を改善するためには、皮脂や男性ホルモンの分泌を抑えた生活を送ることが重要となります。自分の生活を振り返って、取り入れられそうなことから実践してみて下さい。

規則正しい生活

不規則な生活を送っていると、男性ホルモンの分泌が促進されて皮脂分泌も活発になってしまいます。ストレスや睡眠不足を解消し、規則正しい生活を心掛けることで、ホルモンバランスを整えることが出来るでしょう。

 

また、不規則な生活は肌のターンオーバーを乱します。ターンオーバーとは、肌の細胞が一定の周期で生まれ変わる仕組みのことです。ターンオーバーが乱れると肌のバリア機能が低下し、皮脂分泌を促す原因となってしまいます。

 

出典:脂性(あぶら症)|渋谷スキンクリニック
参照:http://shibuya-skin.com/dermatology/aburashou/

 

出典:ターンオーバーとは?サイクルが乱れる原因と整える方法|株式会社イービーエム
参照:https://ebm-co.jp/column/2991/

 

出典:オイリー肌を改善しよう!原因とスキンケアのポイント|株式会社イービーエム
参照:https://ebm-co.jp/column/2930/

しっかりと洗顔をする

皮脂分泌を抑えるためには、しっかりと洗顔をすることが大切です。皮脂の落としすぎを避けようとして、朝は水だけで洗顔していないでしょうか。

 

肌は寝ている間も皮脂を分泌しています。朝にしっかりと洗顔をしないと、肌に余分な皮脂が残り肌トラブルの原因となります。朝も夜も洗顔石鹸や洗顔料を使って、肌の汚れを落とすようにしましょう。

 

出典:「朝は水ですすぐだけ」はNG。朝も夜も洗顔料でしっかり皮脂を落とす|株式会社トラストトータルサービス
参照:https://www.ebeaute-shop.com/skincare/wash03.html

 

出典:美肌の基本! 毛穴をきれいに保つ洗顔方法について|株式会社コーセー
参照:https://www.kose.co.jp/kose/skin_care/skincare12.html

食生活を見直す

脂質や糖質を取りすぎると、皮脂分泌が増える原因となります。飽和脂肪酸を多く含むバターやラード、ショートニングや肉類、そして糖質を多く含む甘い食べ物や炭水化物を食べすぎないようにしましょう。

 

また、ビタミン不足も皮脂分泌の原因になります。皮脂の分泌を抑制する効果のあるビタミンB群や、肌のきめを整える役割を持つビタミンCを意識してとるようにしましょう。

 

出典:脂性(あぶら症)|渋谷スキンクリニック
参照:http://shibuya-skin.com/dermatology/aburashou/

 

出典:オイリー肌を改善しよう!原因とスキンケアのポイント|株式会社イービーエム
参照:https://ebm-co.jp/column/2930/

皮脂との上手な付き合い方とは

皮脂と上手に付き合うためには、洗顔で肌を清潔な状態に保つことに加えて適切なスキンケアが必要です。洗顔石鹸や洗顔料を選ぶ際は、洗浄力の強いものを選ぶのは避けましょう。

 

洗顔後は保湿剤を使うようにしましょう。保湿を怠ると皮脂分泌が増加してしまいます。日中に顔の皮脂が気になる場合は、あぶらとり紙ではなくティッシュで肌を押さえて取り除くようにしましょう。

 

出典:顔のテカリ・皮脂の対処法|株式会社資生堂
参照:https://www.shiseido.co.jp/dp/column/vol23.html

適切なスキンケアを心掛けて皮脂分泌を抑えよう

皮脂分泌の原因と対処法について説明しました。ホルモンバランスの乱れや、誤ったスキンケアで肌に刺激を与えることで皮脂分泌が過剰になってしまいます。

 

長年皮脂分泌に悩まされている人でも、皮脂と上手に付き合うことで肌状態の改善が見込めるでしょう。皮脂分泌を抑えるには、適切なスキンケアと生活習慣の見直しが重要です。この記事を参考に、自分の生活とスキンケアを振り返ってみましょう。

 

出典:オイリー肌を改善しよう!原因とスキンケアのポイント|株式会社イービーエム
参照:https://ebm-co.jp/column/2930/

 

オイルフリーの美容液ならWASSER(バッサ)がおすすめ!

監修者
青山ラジュボークリニック
https://rajeubeau-clinic.com/wp/
院長 沼本 秀樹 先生(医学博士)

プロフィール(経歴)
昭和59年 順天堂大学医学部 卒業
平成2年 順天堂大学整形外科大学院 卒業
平成2年 石和町立峡東病院勤務 整形外科医長
平成2年 日本整形外科学会 認定医
平成6年 石和町立峡東病院 院長
平成6年 順天堂大学整形外科 非常勤講師
平成11年 東京女子医科大学救命救急センター 非常勤講師
平成14年 康麗会山梨峡東病院 院長
平成15年 山梨大学医学部臨床 助教授
平成18年 六本木ヒルズ けやきクリニック 院長
平成23年 東千石整形外科内科 院長
平成28年 一般社団法人統合再生医療研究会 代表理事
ラジュボークリニック 開業

【専門家監修】紫外線が肌に与える影響とは?ケア方法や日焼け止めを使う際のポイントを解説

あなたは紫外線についてどれくらい知っていますか。紫外線を避けるために日焼け止めを塗らなければ、と思いつつも、ついつい忘れて外へ出かけてしまったりすることもあるでしょう。

 

紫外線は夏だけ対策をすれば良いわけではありません。実は一年中降り注ぎ、屋外はもちろん、日当たりの良い室内でも肌にダメージを与えています。そんな紫外線は私たちの肌に一体どれほど影響を与えているのでしょうか。

 

本記事では、意外と知らない紫外線の3つの種類と、紫外線が肌に与える5つの主な影響、紫外線ダメージから肌を守るためのポイントを解説します。

 

紫外線による肌への影響や肌をダメージから守る方法について不安や疑問があれば、ぜひチェックしてみてください。

紫外線にも種類がある?

そもそも紫外線とは、地表に届く太陽の光の中で最も波長が短いもののことを指します。

 

紫外線は波長の長さによって3つの種類に分けられるのです。ここからはお肌にダメージを与えるUV-AとUV-B、UV-Cを解説します。

UV-A

UV-Aは3つの種類の中で最も波長の長い紫外線です。年間を通じて量が多く、常にUV-Bの20倍以上もの量が降り注いでいます。

 

長時間紫外線を浴び続けると、UV-Aが真皮と呼ばれる肌の奥まで届くことで中の繊維を破壊し、シワやたるみなどといった光老化の原因になると言われています。

 

出典:紫外線の肌への影響|日本化粧品工業連合会
参照:https://www.jcia.org/user/public/uv/affect

UV-B

UV-Bは、主に肌の表面に影響を与える紫外線のことを指します。これはオゾン層の減る7月ごろに最も量が多くなる紫外線です。

 

UV-Bを浴びた肌は、メラニンを増加させ肌を黒くすることでダメージを防ごうとするため、日焼け・シミ・そばかすの原因になると言われています。

 

出典:紫外線の肌への影響|日本化粧品工業連合会
参照:https://www.jcia.org/user/public/uv/affect

UV-C

UV-Cは紫外線の中で最も波長が短く、オゾン層によって吸収され地上に届かない紫外線です。

 

UV-Cはエネルギーが高く、強い破壊能力を持っています。UV-Cの水や空気を殺菌する作用は、トイレやキッチンなどの殺菌・消臭や水の浄化、空気の除菌など、私たちの身近な場面でも多く活用されています。

紫外線が肌に与える影響

ここからは紫外線が肌に与える影響について解説していきます。先述した3つの紫外線のうち、肌トラブルを起こす原因にもなるUV-AとUV-Bが与える影響はどんなものでしょうか。

 

紫外線が肌に与える影響についてご興味がある方は、参考にしてください。

肌が炎症を起こす

紫外線を多く浴びることにより、肌が炎症を起こすことがあります。

 

これは、紫外線で肌が軽いやけどのような状態になることが主な原因と言われています。熱を持った部分が赤くなってヒリヒリしたり、むくみや水ぶくれが発生したりすることもあります。

 

出典:紫外線による健康影響|環境省
参照:https://www.env.go.jp/chemi/uv/uv_pdf/02.pdf

肌が黒くなる

夏に長時間屋外で過ごした後に、肌が黒くなった経験がある人も多いのではないでしょうか。

 

肌が黒くなるのは、紫外線によって皮膚に軽いやけどが起こり、その結果メラニン増加を起こすからです。紫外線を浴びた肌は、メラニンを増加させ肌の色を黒くすることでダメージを防ごうとします。

 

出典:紫外線による健康影響|環境省
参照:https://www.env.go.jp/chemi/uv/uv_pdf/02.pdf

肌が乾燥する

肌が乾燥する時期は、空気が乾燥する冬をイメージする人も多いのではないでしょうか。しかし、紫外線の影響で、肌は一年中乾燥しやすくなっています。

 

肌にはバリア機能があり、外部刺激から体を守っています。このバリア機能が肌の水分を逃さないよう守る役割をしています。しかし紫外線を浴びると、皮膚の中にあった皮脂膜が酸化しバリア機能が弱まります。その結果、肌の乾燥が進んでいってしまうのです。

 

出典:紫外線が肌荒れの原因に!予防・対策・治療方法は?|川崎たにぐち皮膚科
参照:https://k-derm.net/2022/04/26/3294

シミ・たるみが出来るきっかけになる

シミとは、肌にメラニンが蓄積され、地肌の色よりも黒く見える部位のことを指します。

 

紫外線を浴びると、体はメラニンを生成し、皮膚を黒くすることで肌を守ろうとします。通常、メラニンは生成された後、体の外に排出されます。

 

しかし長年浴びた紫外線のダメージが蓄積すると、肌が生まれ変わる一定のサイクルが乱れがちになり、メラニンが排出されにくくなるのです。このことで、メラニンが皮膚の内部に蓄積し、シミになります。

 

また紫外線が肌の奥深くの真皮層に届くことで、肌のハリを保つためのコラーゲンとエラスチンという成分が減少してしまいます。これがたるみの原因になってしまうのです。

 

出典:紫外線の肌への影響|日本化粧品工業協会
参照:https://www.jcia.org/user/public/uv/affect

肌の老化を促してしまう

通常、老化は加齢による体の生理的機能が損なわれていくことを指します。しかし紫外線を浴び続けると、肌の奥にある真皮部分の繊維が破壊されることで光老化が促されるのです。

 

光老化は通常の老化と異なり、紫外線から肌を守るために皮膚が厚くゴワゴワになり、色も濃くなっていきます。

 

出典:紫外線による健康影響|環境省
参照:https://www.env.go.jp/chemi/uv/uv_pdf/02.pdf

紫外線対策でよく聞くSPFとPAとは?

日焼け止めに記載されているSPF、PAとは、紫外線防止効果の程度を表す指標です。

 

SPFは「Sun Protection Factor」の略語です。主にUV-Bの紫外線による、赤くなるタイプの日焼けをどれだけ防止できるかを示しています。

 

一方PAは「Protection Grade of UV-A」の略語です。この指標は、短時間で肌が黒くなるタイプの日焼けをどれだけ防止できるかを示しています。

紫外線ケアの方法

ここまで、紫外線が肌に与える影響を見てきました。紫外線によるこれらの肌ダメージを防ぐためにはどんなことができるでしょうか。ここからは、今日からできる紫外線ケアの方法を解説していきます。

日焼け直後は冷やす

日焼けした肌は軽くやけどをした状態と似ています。

 

まずは、ほてりをしずめるために冷水や濡れタオルなどで肌を冷やし、炎症を抑えましょう。日焼けを放置しておくと紫外線による色素沈着が起き、シミなどの原因にもなるため、素早いケアが必要です。

サングラスをかける際は薄い色のものを選ぶ

サングラスをかける際は濃い色の方が良いと思う方も多いのではないでしょうか。実は黒い色のサングラスを使うと瞳孔が大きくなり、より紫外線を取り込んでしまう可能性があります。

 

目を紫外線から保護するためには、レンズの色ではなく、紫外線カット率や紫外線透過率などの性能がしっかりしている薄い色のものを選びましょう。

肌に日焼け止めを使う際のポイント

紫外線の量は季節や場所によって異なるため、紫外線から肌を守るためにはポイントに沿って日焼け止めを使うことが効果的です。ここからは、実際に使用する際のポイントについて解説します。

シーン・季節によってSPF・PAの数値を変える

日焼け止めは高い数値のものを使用しておけば安心、ということではありません。日焼け止めには、紫外線吸収剤など、成分自体が肌にダメージを与えてしまうものも含まれていることがあります。

 

このため、例えば、散歩や買い物の際には数値が低いもの、炎天下のレジャーやマリンスポーツなど、外で長く活動する際は数値が高いもの、というように、求めている効果によって使い分けることが大切です。

 

また紫外線は夏だけではなく、一年中降り注いでいます。紫外線の量が多い夏はもちろん、冬なども紫外線の蓄積量が増え続けると、肌へのダメージになります。

 

冬や曇りの日も油断できません。雨の日でさえ肌は約20%の紫外線を浴びていると言われています。室内にいるときも、日当たりの良い場所で過ごす際は日焼け止めを塗るのがおすすめです。

求めている効果によって使い分ける

日焼け止めには、成分自体が肌に刺激やダメージを与えてしまうものも含まれていることがあります。例えば、紫外線吸収剤です。紫外線吸収剤は強い遮断力で肌を紫外線から守りますが、まれにかぶれなどの肌ダメージを起こすことがあります。

 

また、清涼感を出すために、アルコールが含まれているものもあります。日焼け止めに含まれている成分をチェックし、効果を確かめて使い分けましょう。

紫外線が肌に与える影響を知って対策しよう

紫外線が肌に与える影響は様々です。サングラスをしたり、シーンに合ったSPF・PA数値の日焼け止めが入った化粧品を使用したりするなど、今回解説したポイントを参考に、自分の肌を紫外線から守っていきましょう。

 

オイルフリーの美容液ならWASSER(バッサ)がおすすめ!

監修者
青山ラジュボークリニック
https://rajeubeau-clinic.com/wp/
院長 沼本 秀樹 先生(医学博士)

プロフィール(経歴)
昭和59年 順天堂大学医学部 卒業
平成2年 順天堂大学整形外科大学院 卒業
平成2年 石和町立峡東病院勤務 整形外科医長
平成2年 日本整形外科学会 認定医
平成6年 石和町立峡東病院 院長
平成6年 順天堂大学整形外科 非常勤講師
平成11年 東京女子医科大学救命救急センター 非常勤講師
平成14年 康麗会山梨峡東病院 院長
平成15年 山梨大学医学部臨床 助教授
平成18年 六本木ヒルズ けやきクリニック 院長
平成23年 東千石整形外科内科 院長
平成28年 一般社団法人統合再生医療研究会 代表理事
ラジュボークリニック 開業

LINE相談室
Page Top