新規会員登録で、すぐに使える500ptプレゼント!

お電話でのご注文・お問い合わせ

0120-8383-14

営業時間:10:00~18:00(平日のみ)

  • マイページログイン
  • カートを見る

ブログ─ Blog ─

カテゴリー:「赤み」

【専門家監修】化粧水で顔が赤くなる?ヒリヒリした時に今すぐ出来る対処法を紹介

「化粧水を使うと肌が赤くなるのはどうして?」
「化粧水で肌荒れを起こした時はどうすれば良い?」
「トラブルのない美しい肌に憧れる」
このように、肌の悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

 

肌が綺麗だと気持ちが前向きになるため、日常生活が楽しくなりますが、悩みを抱えたままでいると自信が持てず、余計に肌へ負担がかかることにもなりかねません。

 

本記事では、化粧水を使った時に顔が赤くなる原因や、痛みを感じた時の対処法、肌トラブルを防ぐ方法などを紹介しています。

 

本記事を読むことで、化粧水で肌荒れした時の解決法や、肌荒れを予防する秘訣などが網羅出来るため、今後鏡を見て悩むことも少なくなるでしょう。

 

今、肌で悩んでいる方や、化粧水についての情報を知りたい方は、この記事をぜひ参考にしてください。

化粧水で顔が赤くなる原因とは

これまで、化粧水で顔が赤くなったことがあるという方は、その原因を知りたいと考えているのではないでしょうか。

 

化粧水で顔が赤くなることには、考えられるいくつかの要因があります。また、心当たりがなくても、生活環境や普段のスキンケアが原因ということもあります。

 

顔の赤みや痒みの症状を繰り返さないためにも、原因を追求して美肌を目指しましょう。

肌のバリア機能が低下している

肌が乾燥しやすい、あるいはエアコンやホコリなど、外からの刺激に過敏に反応しやすいという体質の方は、化粧水で顔が赤くなりやすいでしょう。

 

生活習慣やスキンケア、アレルギーなどの様々な要因から、肌の機能が低下している可能性があります。

 

出典:肌のバリア機能とは?低下の原因「肌荒れ」との関係を解説。|札幌シーズクリニック
参照:https://ci-z.jp/info/skin/skin-barrier-function/

摩擦による肌の損傷

新型コロナウイルス感染症の影響で、一年中マスクを使用する方は多いでしょう。

 

しかし、肌が敏感な方は、マスクの素材が肌に損傷を与えることがあります。着用する際には適切な使い方が必要です。

 

出典:マスクによる皮膚炎(マスク肌荒れ)|古河いけがき皮膚科
参照:https://ikegaki-hifuka.com/%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E7%9A%AE%E8%86%9A%E7%82%8E

紫外線による肌の損傷

肌は、紫外線を受けると細胞に悪影響を与えます。個人差がありますが、肌が赤くなる、炎症を起こすなど症状は様々です。紫外線は、シワやたるみ、シミ、そばかすなどの原因となるでしょう

 

出典:紫外線の肌への影響|日本化粧品工業連合会
参照:https://www.jcia.org/user/public/uv/affect

エアコンによる空気の乾燥

エアコンを長時間使用すると室内が乾燥しやすくなるため、十分に加湿対策する必要があります。

 

加湿器を活用するなどの対策がおすすめです。空気の乾燥を防ぎ、肌が悪影響を受けることを防ぎましょう。

 

出典:冬に増える乾燥肌!対策や予防方法について|はなふさ皮膚科
参照:https://mitakabiyou.com/column/winter

スキンケアをやりすぎる

洗顔やクレンジング、ピーリングなど、スキンケアのやりすぎが原因で顔が赤くなることがあります。

 

洗顔やクレンジングは、必要以上に行うと余分な皮脂まで洗い落としてしまうため、乾燥肌に繋がります。

 

また、ピーリングには肌の周期を整える効果がありますが、角質を取りすぎることで肌のバリア機能の低下を引き起こし、逆に肌への強い刺激になる場合もあるため、注意が必要です。

 

出典:ひたちなかでピーリングなら|ひたちなか中央クリニック
参照:https://hitachinaka-clinic.com/column08.html

化粧品成分へのアレルギー反応

化粧品の成分にアレルギー反応を起こして、肌が赤くなることがあります。

 

化粧水の他には、クレンジングやアイシャドウ、リップクリームなども原因になり得ます。何にアレルギー反応が出ているか不明確な場合は、病院で調べてもらうのも良いでしょう。

 

出典:皮膚の病気 / 09化粧品かぶれ|雑色皮フ科
参照:https://www.zoushikihifuka.com/disease_09.html

化粧水で肌がヒリヒリする時の対処法

化粧水で肌がヒリヒリする時は、バリア機能が低下している可能性があります。

 

刺激を与えないようにやさしくケアし、症状を緩和させることが大切です。以下で、肌の赤みを落ち着かせる7つの対処法を紹介するため、ぜひ参考にしてください。

肌を冷やして症状を抑える

肌を冷やして症状を抑えることで、赤みが沈静化することがあります。肌に保冷剤などを当てて冷やしましょう。

 

また、痒みがある場合、掻いてしまうと症状が悪化してしまうため、むやみに触れないようにしてください。炎症を抑えて刺激を与えないことが大切です。

刺激を与えないようにする

アレルギー物質や熱いお湯など、刺激があるものを肌に近づけないようにしましょう。

 

例えば、ダニや花粉などのアレルゲン物質に肌が反応して赤くなることがあります。掃除をこまめにして、部屋が綺麗な状態を維持しましょう。

摩擦しないようにやさしく洗顔する

洗顔やクレンジングをする時は、なるべく刺激を起こさないようにやさしく洗い上げましょう。

 

力強く擦ったり何度も洗ったりすると、摩擦が生じて症状悪化の原因になります。自分のメイクに合わせたスキンケアを選んで使うことも効果的な方法です。

敏感肌専用の化粧品を使う

肌が赤くなる時は、炎症を起こしやすい状態であるため、肌にやさしい敏感肌専用の化粧品を使用しましょう。

 

敏感肌専用の化粧品は、保湿力が高く刺激の少ないタイプがおすすめです。化粧水は、潤いのあるタイプに変えると効果的でしょう。

スキンケアはシンプルにする

スキンケアは最低限にとどめ、過剰にケアするのは避けましょう。

 

スキンケア成分がバリア機能を低下させ、乾燥などの症状悪化の原因になることがあります。とくに、アルコール成分の含まれているスキンケアは、肌への刺激になる可能性があるため十分に見極めることが大切です。

 

肌の赤みやヒリヒリする痛みがひいて症状が改善するまでは、シンプルな方法にとどめておきましょう。

保湿ケアをしっかりする

保湿ケアを徹底することで肌のバリア機能が高まるため、症状が出にくい健康な肌に整えられます。

 

化粧水などは、成分バランスが取れたものを選択し、肌に水分を行き渡らせることを心がけてください。保湿効果だけではなく、刺激にやさしいタイプを選択することで肌トラブルを和らげることが出来るでしょう。

外出する時は紫外線対策を忘れずに

外出する時は、日焼け止めや日傘・ツバ付き帽子などを使用し、紫外線対策を徹底しましょう。

 

紫外線は肌の乾燥の原因となるため、予防が大切です。肌が弱っている時は、低刺激タイプの日焼け止めを使うことで、肌への負担が抑えられます。

化粧水による肌トラブル改善策

肌トラブルが起きた時の改善策を知っておくと、化粧水によるヒリつきや赤みが出た時にも慌てずに済みます。

 

改善策にはスキンケアだけではなく、生活習慣が大きく関わるため、普段から意識しておきましょう。

 

ここからは、化粧水による顔の赤みを改善する方法を3つ紹介します。これを機に、普段の生活を見直してみてください。

正しいスキンケア方法を身につける

顔が赤くなる、ヒリヒリする原因は肌バリア機能の低下でしょう。まずは、正しいスキンケアで肌バリアの機能を正常に整えましょう。

 

クレンジングの際は、口や目などにはポイント部分専用のものを使う、ぬるま湯で洗い流す、化粧水はハンドプレスするなどを意識すると効果的です。

 

出典:正しいスキンケア|ふじもと皮膚科クリニック
参照:https://fujimoto-derma.com/medical/skincare.html

化粧品を見直す

使っている化粧品が自分の肌に合っているものか、今一度よく考えましょう。とくに、化粧品の成分や内容を確認して、肌バリア機能に効果的なものであるかをよく調べることが大切です。

こまめに紫外線対策をする

紫外線は肌に炎症などのダメージを与えます。

 

日焼け止めクリームをつける、日傘の利用、紫外線カット効果がある化粧品を使うなど、こまめな紫外線対策をして肌を健やかに保ちましょう。

規則正しい生活習慣を心がける

肌荒れを予防するためには、睡眠をしっかりとるなど、規則正しい生活習慣を心がけましょう。

 

生活習慣が乱れると肌のターンオーバーが正常に働かなくなるためです。ターンオーバーが乱れると肌のバリア機能が衰えて、肌の調子が悪くなります。

 

肌を好調にするためには食事の栄養バランスも大切です。偏りないようバランス良く摂取することで、綺麗な肌が期待できるでしょう。

肌トラブルの原因を知る

肌トラブルの原因を追求して、問題を未然に防ぎましょう。肌トラブルには、生活習慣の乱れや適切でないスキンケアなど、様々な要因があります。

 

肌荒れのきっかけを振り返って、何が原因になっているのかを普段から知っておくことが重要です。

化粧水で顔が赤くなる原因を知って正しいスキンケアをしよう!

この記事では、化粧水で顔が赤くなる時の対処法や原因についてご紹介しました。化粧水を使って顔が赤くなる、ヒリヒリするなどの異常がある時は、様々な原因が考えられます。

 

症状悪化を防ぐためには、早めに原因を追求する必要があるでしょう。正しいスキンケアを心がけることで、肌の症状を和らげることができます。

 

普段の生活では肌を意識した習慣を取り入れましょう。スキンケアだけでなく、食生活や睡眠環境を整えることでトラブルを未然に防ぐことができます。

 

肌にトラブルがなく好調だと、気持ちが前向きになり自信がつきます。自然とお洒落や生活が楽しくなるでしょう。

 

オイルフリーの美容液ならWASSER(バッサ)がおすすめ!

監修者
青山ラジュボークリニック
https://rajeubeau-clinic.com/wp/
院長 沼本 秀樹 先生(医学博士)

プロフィール(経歴)
昭和59年 順天堂大学医学部 卒業
平成2年 順天堂大学整形外科大学院 卒業
平成2年 石和町立峡東病院勤務 整形外科医長
平成2年 日本整形外科学会 認定医
平成6年 石和町立峡東病院 院長
平成6年 順天堂大学整形外科 非常勤講師
平成11年 東京女子医科大学救命救急センター 非常勤講師
平成14年 康麗会山梨峡東病院 院長
平成15年 山梨大学医学部臨床 助教授
平成18年 六本木ヒルズ けやきクリニック 院長
平成23年 東千石整形外科内科 院長
平成28年 一般社団法人統合再生医療研究会 代表理事
ラジュボークリニック 開業

【専門家監修】すっぴんの顔が赤いのはなぜ?対処法やマスク肌荒れについても解説

「メイクを落とすと、すっぴんが赤いのはなぜ?」
「顔が赤いことがコンプレックスでどうにかしたい」
「赤ら顔を治す方法にはどのようなことがある?」
このように、すっぴんの顔が赤いことに悩んでいる人は少なくないでしょう。顔が赤いと、人前でメイクが落とせない、旅行や温泉に行けないなど様々な悩みが生まれます。

 

この記事では、自分のすっぴんに自信がない人に向けて、すっぴんの顔が赤い理由や具体的な原因、すっぴんの顔が赤いときの対処法などを紹介します。

 

本記事を読むことで、顔が赤くなる仕組みを理解できるため、自分に合った対処法で症状を改善に導くことができるでしょう。マスクによる肌荒れ対策も解説するため、気になっている人にとって有益な情報となります。

 

素肌にコンプレックスを感じている方、白く綺麗な肌になりたい方は、ぜひ記事を参考にして下さい。

すっぴんの顔が赤い原因は?

すっぴんの顔が赤くなるのは、様々な原因があります。「赤ら顔」と呼ばれるように、顔の一部ではなく全体が赤くなる傾向があり、敏感肌や乾燥肌の人の発症が多いことが特徴です。また、皮脂の炎症などが赤ら顔に関係することもあるでしょう。

 

出典:赤み・赤ら顔とは|南青山スキンケアクリニック
参照:http://www.minami-aoyama.info/sp/treatment/ruddy_face/

ニキビ跡が炎症を起こす

ニキビがたくさんできると、炎症が顔全体に広がります。炎症が治まる前にニキビが繰り返しできると症状が悪化して、すっぴんの顔が赤くなるのです。ニキビの炎症が治りにくい肌質の場合も、ニキビ跡が赤く見えることがあります。

 

出典:ニキビによる赤ら顔|南青山スキンケアクリニック
参照:http://www.minami-aoyama.info/sp/treatment/ruddy_face/

寒暖差で毛細血管が広がる

毛細血管が寒暖差に反応して顔が赤くなることがあります。鼻や頬のあたりに症状が出ること特徴です。また、クレンジングのし過ぎや過度なマッサージを繰り返すと、肌が薄くなり毛細血管が透けて見えやすくなってしまうでしょう。

 

出典:皮膚が薄くなり毛細血管が透ける|南青山スキンケアクリニック
参照:http://www.minami-aoyama.info/sp/treatment/ruddy_face/

肌のバリア機能が弱まっている

正しいスキンケアを怠ると肌のバリア機能が弱まり、外部からの刺激に毛細血管が反応して顔が赤くなることがあります。皮膚は0.02mmと薄いため、激しい洗顔やクレンジングなどを繰り返すと、肌のバリア機能が衰えて毛細血管が拡張してしまうのです。

 

出典:誤ったスキンケアによる赤ら顔|南青山スキンケアクリニック
参照:http://www.minami-aoyama.info/sp/treatment/ruddy_face/

完全無添加石鹸

肌が乾燥している

乾燥して敏感になった肌に、かぶれや赤みが発生して顔が赤くなることがあります。肌荒れが続くと、肌がかぶれた状態で水分不足となり、乾燥の原因となります。痒みやかぶれなど肌に違和感があれば、赤ら顔に十分注意しましょう。

 

出典:慢性的な肌荒れによる赤ら顔|南青山スキンケアクリニック
参照:http://www.minami-aoyama.info/sp/treatment/ruddy_face/

すっぴんの顔が赤い際の対処法

すっぴんの顔が赤いと、鏡を見るたびに自信を失ってしまうでしょう。コンプレックスをなくすためにも、正しい対処法を知っておくことが大切です。

 

顔が赤くなることには、様々な原因があります。自分の症状に合わせたスキンケアや生活習慣を意識することで改善に繋がるでしょう。

 

こちらではセルフケアの対処法を紹介します。

 

出典:2.自分でできる赤ら顔の対策|サクラアズクリニック
参照:https://sakura.az-clinic.com/query/redface_cause/#a2

しっかり保湿する

化粧水などをつけるときは、しっかり保湿をしましょう。保湿を徹底することで、肌のターンオーバーが正常に整ってバリア機能が高まるため、症状緩和に繋がります。その際、なるべく刺激の少ないスキンケア商品を使用するなどすると、より効果が期待できるでしょう。

 

出典:化粧水で赤ら顔は改善できる?自宅でできるスキンケア|アイシークリニック
参照:https://ic-clinic.com/female/red-face/

自分に合った化粧品を使う

自分の症状にあったカラーの化粧品を使用することで、顔の赤みを隠すことができます。ベースメイクの色味を症状に合わせてみましょう。

 

例えば、赤みが強い場合は緑系のベースメイク、赤みが暗めの場合は青系のベースメイク、全体が赤い場合は黄色のベースメイクなどです。コンシーラーやファンデーションなど、カラーバリエーションが豊富な商品から選ぶと良いでしょう。

優しく洗顔する

洗顔でゴシゴシ顔を擦るなどすると、顔が赤くなることがあります。顔の皮膚は薄いため、優しく洗うことで症状改善に導くことができるでしょう。

 

なおクレンジングや洗顔料は、刺激が強いものや洗浄力があるため、肌に負担を与えるものは避けるようにして下さい。

 

出典:クレンジングや洗顔が原因で赤ら顔になることがある|アイシークリニック
参照:https://ic-clinic.com/female/red-face/

無添加クレンジングウォーター

紫外線を防ぐ

紫外線を防ぐことで改善できることもあります。日傘や日焼け止めクリームの使用、帽子をかぶるなど、日焼け対策を徹底しましょう。帽子はツバの広いデザインを選ぶと紫外線が遮断できるため、効果的です。

 

出典:②紫外線の刺激を避けること|お肌のクリニック
参照:https://ohada-cl.jp/%E7%9A%AE%E8%86%9A%E7%A7%91%E4%B8%80%E8%88%AC-4

肌をこすらずメイクする

肌のバリア機能を整えると皮膚の潤いやハリが持続して、症状の原因となる乾燥を防ぐことができます。そのため、メイクをするときは肌をこするのは避けて、優しくしましょう。とくに、洗顔の時は肌をいたわるようにして洗います。

 

出典:肌のバリア機能を整える|【川崎の皮膚科】川崎たにぐち皮膚科|皮膚科、美容皮膚科、形成外科
参照:https://k-derm.net/2021/06/11/2335

肌トラブルを起こさない

顔が赤くなることを防ぐためには、肌トラブルを起こさないことが大切です。自分の肌トラブルの原因を理解して、症状の根本となるアレルギーなどを遠ざけましょう。

 

とくに、顔に症状が出ているときは、肌のバリア機能が弱っています。通常よりも肌が敏感な状態であることを自覚しておきましょう。

 

出典:刺激を避ける|【川崎の皮膚科】川崎たにぐち皮膚科|皮膚科、美容皮膚科、形成外科
参照:https://k-derm.net/2021/06/11/2335

生活リズムを整える

生活リズムを整えることも対処法の1つです。メリハリのある規則正しい生活を送り、睡眠時間をしっかり確保することは、肌にも影響を与えます。また、肌の水分量を一定に保つことで乾燥を防げるため、症状の緩和に繋がるでしょう。

 

出典:2-1.規則正しい健康的な生活を送る|大阪心斎橋/京橋・福岡天神の美容皮膚科[サクラアズクリニック]
参照:https://sakura.az-clinic.com/query/redface_cause/#a2

 

出典:肌と生活習慣|豊田市の皮膚科【かすがい皮膚科】
参照:https://kasugaihifuka.jp/blog/%E8%82%8C%E3%81%A8%E7%94%9F%E6%B4%BB%E7%BF%92%E6%85%A3/

炎症がひどければ病院へ

スキンケアの方法や規則正しい生活、メイクなど、自分でできる対処法では治まらず炎症がひどいときは、クリニックや皮膚科など病院に行って診察を受けましょう。プロの専門医に症状を診てもらうことで、原因を究明して適切な治療を受けられます。

マスクによる肌荒れにも注意

マスクを長時間していると、肌荒れやニキビなどの症状が出ることがあります。原因は、マスクの中の摩擦で肌がこすれることや、汗で肌のバリア機能が弱まるためです。また、皮膚の細菌のバランスが崩れて炎症を起こすことも原因の1つでしょう。

 

時々マスクを外す、保湿をたっぷりするなど、マスク下の肌のお手入れを十分に行い、症状を抑えるようにしましょう。

 

出典:マスクによるにきび・肌荒れ|なかぞのスキンクリニック博多
参照:https://n-skin.jp/blog/beauty/%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E3%83%8B%E3%82%AD%E3%83%93%E3%83%BB%E8%82%8C%E8%8D%92%E3%82%8C/

顔の赤みは病気のサイン?

顔が赤くなることは、スキンケアや生活習慣が原因ではなく、病気が隠れている場合があります。とくに、赤い症状が長期的に続く場合は注意が必要です。病気の症状を下記で解説します。

肝臓病

肝硬変や肝機能障害などの肝臓の病気が原因で、皮膚の表皮の毛細血管が広がり赤く透けてみえる毛細血管拡張症を発症する場合があります。肌が赤くなりますが、炎症を起こさないことが特徴です。

 

出典:毛細血管拡張症|山手皮フ科クリニック
参照:https://www.yamate-clinic.com/aka.html

酒さ

酒さとは、小鼻や頬が赤らむ皮膚の病気です。顔の赤みが連続する、ニキビや炎症が続くなどの症状があるときは、酒さの可能性があります。

 

酒さの原因には様々あり、香辛料の摂りすぎや飲酒・喫煙、紫外線などがあてはまります。スキンケアは保湿を徹底して、紫外線は避けるようにしましょう。

 

出典:酒さ(赤ら顔)とは?皮膚の赤みの原因や症状、2つの治療法を解説|アイシークリニック
参照:https://ic-clinic.com/rosacea-red-face/

すっぴんの顔が赤い原因と対策を知ろう

すっぴんの顔が赤くなることには、乾燥やニキビ、病気など様々な原因があります。自分の症状に合わせた対処をすることが大切です。正しい解決方法ですっぴんに自信を持てるようにしましょう。

 

出典:まとめ|サクラアズクリニック
参照:https://sakura.az-clinic.com/query/redface_cause/#a0

 

オイルフリーの美容液ならWASSER(バッサ)がおすすめ!

監修者
青山ラジュボークリニック
https://rajeubeau-clinic.com/wp/
院長 沼本 秀樹 先生(医学博士)

プロフィール(経歴)
昭和59年 順天堂大学医学部 卒業
平成2年 順天堂大学整形外科大学院 卒業
平成2年 石和町立峡東病院勤務 整形外科医長
平成2年 日本整形外科学会 認定医
平成6年 石和町立峡東病院 院長
平成6年 順天堂大学整形外科 非常勤講師
平成11年 東京女子医科大学救命救急センター 非常勤講師
平成14年 康麗会山梨峡東病院 院長
平成15年 山梨大学医学部臨床 助教授
平成18年 六本木ヒルズ けやきクリニック 院長
平成23年 東千石整形外科内科 院長
平成28年 一般社団法人統合再生医療研究会 代表理事
ラジュボークリニック 開業

【専門家監修】顔に赤みが出る原因とは?改善・予防方法をあわせて解説

「顔に赤みが出てしまったがなかなか治らない」
「赤ら顔が気になって人に会うのが億劫」
このように、顔の赤みについて悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

本記事では、顔に赤みが出る原因やそのメカニズムについて解説しています。またあわせて、改善方法や予防方法についても紹介します。

 

この記事を読むことで、顔の赤みの原因を知り、健康的な肌になるための対策をとることができるでしょう。

 

顔の赤みに悩んでいる方や美白を目指している方は、是非この記事をチェックしてみてください。

顔に赤みが出る原因とは?

特に乾燥肌の方は、顔に出る赤みに悩まされている方も多いはず。そもそもなぜ肌は赤くなってしまうのでしょうか。

 

肌に赤みが出るメカニズムとともに、その原因について詳しく解説していきます。

乾燥や外部刺激による炎症

炎症は、雑菌やウイルスなどの外敵から体を守るために起こる免疫反応です。人間の体は外敵が体内に侵入しようとすると、これを排除しようと動きます。この時、皮膚の血流を一時的に増やして白血球などの免疫細胞を集めた結果、皮膚に赤みが出ます。

 

肌には通常、外敵が体内に侵入することを防ぐためのバリア機能が備わっており、これには水分を保つ役割もあります。しかし、乾燥するとこのバリア機能が失われて外部刺激を受けやすくなり、炎症を引き起こす原因になってしまうでしょう。

肌トラブルの繰り返しによる毛細血管の拡張

皮膚の内側表面近くの毛細血管が拡張し、目に見える状態になることを毛細血管拡張と言います。この状態になると、炎症は伴わないものの皮膚が赤く変化します。

 

毛細血管の拡張の原因には、生まれつきの血管の形態、ステロイド外用薬の長期使用、妊娠や加齢などが挙げられます。

 

また、敏感肌の方は、肌トラブルを繰り返すと毛細血管が拡張した状態が長く続いてしまうため、肌の赤みも起こりやすくなります。

 

出典:毛細血管拡張症|山手皮フ科クリニック
参照:https://www.yamate-clinic.com/aka.html

 

出典:赤み・赤ら顔とは|南青山スキンケアクリニック
参照:http://www.minami-aoyama.info/sp/treatment/ruddy_face/

顔の赤みを改善・予防する方法

顔の赤みを改善・予防するためには、肌のバリア機能を高めることが重要だと言えます。

 

ここでは、肌のバリア機能を高めるために、日常生活において気を付けることを解説していきます。

生活リズムを整える

肌のバリア機能を整えるためには、生活リズムを整えることはとても大切です。

 

特に食べ物は、体を構成する重要な要素です。食事は1日3食しっかり取り、たんぱく質やビタミンなどの栄養もバランスよく摂取するように心がけましょう。

 

また、適度な運動でストレスを発散し、早寝早起きを心がけましょう。しっかりと睡眠をとることで疲れを取り、肌の再生を促すことができます。

赤みの原因になりそうな物質を避ける

雑菌や外部刺激など、赤みの原因になりそうな物質を避けることも重要です。

 

部屋は定期的に掃除し、枕カバーやシーツもこまめに交換することで、ダニやカビなどのアレルギー源を防ぎましょう。髪の毛や手で肌を触る行為も、雑菌が発生する原因になりやすいため、できるだけ肌に触れないようにしてください。

日焼け防止対策をする

紫外線は、肌のバリア機能を低下させる原因の1つになるため、日焼け防止対策を心がけましょう。

 

日焼け止めクリームや日傘、帽子などを活用して、紫外線からの刺激をできるだけ受けないようにしましょう。また、日焼け止めクリームを塗る前に保湿剤を塗ることで、肌の乾燥を防ぐことができます。

 

出典:②紫外線の刺激を避けること|お肌のクリニック
参照:https://ohada-cl.jp/%E7%9A%AE%E8%86%9A%E7%A7%91%E4%B8%80%E8%88%AC-4

洗顔時は肌を擦らないようにする

洗顔時に肌を擦ってしまうと、肌が傷つきバリア機能が低下する原因になります。泡立てネットや泡で出てくるタイプの洗顔料を使い、できるだけ擦らないように優しく洗顔しましょう。

 

また、熱いお湯は、肌にとって必要な皮脂まで落としてしまうため乾燥の原因になります。すすぎの際にはぬるま湯を使用するようにしましょう。洗顔が終わった後もタオルで擦らず、優しく肌に押し当てるようにして水分を拭き取ってください。

洗顔後はすぐに保湿をする

洗顔後の肌は非常に乾燥しやすいです。そのまま放置すると肌がつっぱって乾燥してしまうため、顔を洗った後はできるだけ早く保湿するよう心がけましょう。

 

一般的なスキンケアの方法としては、まずは化粧水で肌にうるおいを与え、その後に美容液、乳液やクリームの順で使用します。保湿の際にも肌を擦らないよう気を付けながら、手で優しく押さえて肌に浸透させましょう。

 

バッサは肌への負担を考えて乳液やクリームを使用しないシンプルケアを勧めています。

自分の肌質に合った化粧品を使う

特に乾燥肌の場合は、肌のバリア機能が低下している可能性があります。そのため、低刺激処方の化粧品や、肌のバリア機能を保つ役割のあるセラミドなどの保湿成分が、多く含まれているものを選ぶようにしましょう。

 

また、市販の製品を購入する前には、テスターなどで自分の肌質に合うか調べたうえで購入を検討すると良いでしょう。

メイクで顔の赤みを隠す方法

どうしても赤みが消えないという方は、メイクを上手に活用して隠しましょう。アイシャドウやチークなどでもある程度は隠せますが、コンシーラーや化粧下地、コントロールカラーなどを使うとより効果的に隠すことができます。

 

特に赤みを抑える場合には、グリーンの化粧下地やコントロールカラーが有効です。グリーンの化粧下地には、ニキビ跡や鼻周りなどの気になる赤みを消す効果があります。

 

また、ブルーの化粧下地やコントロールカラーには、肌の黄みや赤みを消し去り、透明感をアップさせる効果もあります。イエベ、ブルベなどの自分の肌や症状に合わせて選択すると良いでしょう。

 

メイクをするときは、ファンデーションの前に塗りましょう。おでこや頬など顔全体に塗ってしまうと肌のくすみが目立ってしまう場合もあるため、赤みがあるところの一部の場所にのみ使用しましょう。

 

出典:赤ら顔をメイクで隠す方法!赤みのタイプ別ベースメイク|アイシークリニック
参照:https://ic-clinic.com/female/red-face/

顔の赤みはマスク着用による肌荒れが原因という可能性も

マスクを着用することで、蒸れや乾燥、摩擦などにより肌荒れの原因となる場合があります。

 

その理由は、マスクの中は非常に湿度が高い状態のため、雑菌や細菌が繁殖してしまい、その結果肌トラブルとなってしまうためです。

 

また、マスクを取る際に溜まっていた水分と一緒に肌の水分まで蒸発してしまうため、乾燥しやすくなり、同時にマスクが肌に擦れることで赤みの原因にもなります。

 

蒸れや乾燥を防ぐためにも、マスクは通気性の高いものを選びましょう。また、マスクが湿ってきたり汚いと感じたりした場合はすぐに交換してください。

 

出典:マスクによる皮膚炎(マスク肌荒れ)|茨城県古河市|古河いけがき皮膚科|皮膚科・美容皮膚科
参照:https://ikegaki-hifuka.com/%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E7%9A%AE%E8%86%9A%E7%82%8E

顔に赤みが出る原因を知って改善・予防をしよう

顔の赤みを改善・予防するためには、肌のバリア機能を高め、自分に合わせた改善方法をとることが重要です。

 

赤みの原因を取り除き、洗顔後には自分の肌質に合ったスキンケア化粧品を使うことで、肌の正常なターンオーバーを促しバリア機能を高めましょう。

 

自分の肌に合わせた対策を実践し、赤みのないすべすべとした肌を目指しましょう。

 

オイルフリーの美容液ならWASSER(バッサ)がおすすめ!

監修者
青山ラジュボークリニック
https://rajeubeau-clinic.com/wp/
院長 沼本 秀樹 先生(医学博士)

プロフィール(経歴)
昭和59年 順天堂大学医学部 卒業
平成2年 順天堂大学整形外科大学院 卒業
平成2年 石和町立峡東病院勤務 整形外科医長
平成2年 日本整形外科学会 認定医
平成6年 石和町立峡東病院 院長
平成6年 順天堂大学整形外科 非常勤講師
平成11年 東京女子医科大学救命救急センター 非常勤講師
平成14年 康麗会山梨峡東病院 院長
平成15年 山梨大学医学部臨床 助教授
平成18年 六本木ヒルズ けやきクリニック 院長
平成23年 東千石整形外科内科 院長
平成28年 一般社団法人統合再生医療研究会 代表理事
ラジュボークリニック 開業

LINE相談室
Page Top