新規会員登録で、すぐに使える500ptプレゼント!

お電話でのご注文・お問い合わせ

0120-8383-14

営業時間:10:00~18:00(平日のみ)

  • マイページログイン
  • カートを見る

ブログ─ Blog ─

カテゴリー:「毛穴」

【専門家監修】あぶらとり紙はよくない?効果や正しい使い方を解説

「あぶらとり紙って肌によくないの?」
「あぶらとり紙の正しい使い方って?」
「あぶらとり紙を使うときに気を付けることは?」
あぶらとり紙が肌によくないという話を聞いたことはありますか。あぶらとり紙の効果をいまひとつ実感できないという人は、間違った使い方をしている可能性があるでしょう。

 

この記事では、あぶらとり紙の効果や正しい使用方法、あぶらとり紙を使うときの注意点について解説しています。さらに、あぶらとり紙の種類と、おすすめの肌質についても紹介しています。

 

この記事を読めば、あぶらとり紙を使って皮脂を適切にコントロールする方法を知ることができるでしょう。

 

あぶらとり紙の正しい使い方を身に付けて、気になるテカリやメイク崩れの対策をしましょう。

あぶらとり紙は肌によくない?

あぶらとり紙は余分な皮脂を吸収させるために使うアイテムです。メイクをした後にも使用することができ、汗や皮脂で崩れてしまったメイクを直すときに、テカリを抑えるなどの用途で使われることもあります。

 

あぶらとり紙を使うと肌が乾燥してしまってよくないという説もありますが、実はあぶらとり紙は正しい使い方をすればよい効果が期待できます。

 

あぶらとり紙の効果や使い方のコツを知って、うまく皮脂のコントロールをしていきましょう。

あぶらとり紙の効果

あぶらとり紙には汗や皮脂を吸収する機能があり、適切に使えば過剰に分泌された皮脂によるトラブルを防ぐことにつながります。

 

皮脂によって引き起こされるトラブルと、あぶらとり紙の効果について2つの事例を紹介します。

ニキビ対策に効果がある

ニキビができる原因は主に3つあり、毛穴の詰まり、過剰な皮脂の分泌、アクネ菌の増殖といったものが挙げられます。

 

皮脂が多すぎると毛穴に皮脂が詰まってニキビができやすくなります。そのため、ニキビができるのを防ぐ方法の1つとして、余分な皮脂をあぶらとり紙で取り除くのがおすすめです。

 

過剰に分泌された皮脂を放っておくと酸化してしまうこともあるため、ベタつきやテカリが気になる部分はあぶらとり紙で優しく押さえましょう。

 

出典:ニキビとは、原因、症状、治療など|新宿駅前クリニック
参照:https://www.shinjyuku-ekimae-clinic.info/hihuka/nikibi.html

毛穴悩みに効果がある

毛穴トラブルの中には、皮脂によって引き起こされるものがあります。例えば、肌が乾燥すると皮脂の分泌が過剰になって、毛穴に角栓が詰まりやすくなります。

 

皮脂にメイクやホコリなどが混ざってできた角栓は、そのままにしておくと酸化して黒ずみになる場合があるでしょう。

 

そして、過剰な皮脂によって毛穴が開いてくると、毛穴が大きく目立つようになります。このような毛穴トラブルの対策として、あぶらとり紙で余分な皮脂を取り除くことを取り入れてみてもよいでしょう。

 

出典:毛穴トラブルのケアと治療|美容皮膚科タカミクリニック
参照:https://takamiclinic.or.jp/doctorscolumn/pore/139039/

あぶらとり紙の正しい使い方

あぶらとり紙には正しい使い方があるのをご存じでしょうか。使い方が悪いと、あぶらとり紙の本来のメリットを感じられなかったり、逆効果になってしまったりする恐れもあります。

 

あぶらとり紙を使うときは、ここで解説する正しい使用方法を参考にしてください。

指で優しくそっと押さえて使う

あぶらとり紙を使う際は、指で優しく押さえるのがポイントです。あぶらとり紙を強く押しつけても、皮脂がたくさん取れるわけではありません。

 

また、こするように使うのも肌によくない影響を与えることになります。紙を肌にすべらせるのではなく、ポンポンと軽く当てるようにして皮脂を取っていきましょう。

あご・Tゾーン・まぶた・眉毛へ使う

顔の中で特に皮脂が出やすいのは、額や鼻などの部分です。皮脂の分泌が過剰になるとニキビができる原因にもなるため、あぶらとり紙を使ってTゾーンの余分な皮脂を拭き取りましょう。

 

また、あごや眉毛、まぶたも皮脂の影響でメイクが浮いて崩れやすい部分です。鏡を見てテカリが気になったら、あぶらとり紙で皮脂や汗を押さえましょう。

 

出典:皮脂が多い原因や対策は|医療法人天真会 藤野クリニック
参照:https://fukuoka-fujino.com/column/archive/5216

使うタイミングや頻度に注意して使う

あぶらとり紙をあまり頻繁に使用するのはよくないでしょう。皮脂を取りすぎると、かえって過剰に皮脂が分泌されるようになり肌がベタベタしてきます。

 

テカリやベタつきが気になるときだけ、あぶらとり紙で皮脂を取るようにしましょう。

 

出典:顔が油っぽい原因は?対策はあるの?|プライベートスキンクリニック
参照:https://private-skin.clinic/dr_blog/anti-aging/06/

裏表をしっかりチェックしてから使う

実はあぶらとり紙には裏と表があり、使う際は裏表をチェックしてから肌に当てることをおすすめします。

 

皮脂を取るために使用するのはザラザラとした感触のある表面で、裏面はツルツルしています。製品によっては表と裏が同じ仕様になっているものもあり、その場合はどちらの面を使用しても大丈夫です。

保湿や肌荒れ対策もしながら使う

脂っぽくベタつきやすい肌の人はあぶらとり紙で余分な皮脂を取り除くことも大切ですが、それとあわせて保湿もしっかり行っていきましょう。

 

なぜかというと、肌が乾燥すると逆に皮脂が過剰に分泌されるからです。乾燥と過剰な皮脂分泌を繰り返すと肌の調子も悪くなりやすいため、十分に保湿して肌をうるおった状態にしておきましょう。

 

出典:毛穴トラブルのケアと治療|美容皮膚科タカミクリニック
参照:https://takamiclinic.or.jp/doctorscolumn/pore/139039/

あぶらとり紙を使うときに気を付けること

あぶらとり紙の正しい使い方についてお伝えしましたが、ここからはあぶらとり紙を使うときの注意点を紹介していきます。誤った使い方で肌によくない影響を与えないよう、注意事項をよく確認しましょう。

ゴシゴシとこするようにして使わない

たくさん皮脂を吸収させようと思って、あぶらとり紙でゴシゴシと肌をこするのはやめましょう。摩擦は肌荒れや乾燥、くすみの原因になることがあり、肌にとってよくありません。

 

あぶらとり紙を使うコツは、優しく押さえるようにして肌に当てることです。

 

出典:いつものお手入れが摩擦の原因に!?|美容皮膚科姫路メディカルクリニック
参照:https://himeji-biyou.com/column/staff-blog/archive/5751

肌に叩きつけて使わない

ゴシゴシこするのと同様に、あぶらとり紙を叩きつけるようにして使うのも肌に刺激を与えることになります。そっと押さえるだけでも皮脂は十分に取れるため、叩くような当て方は避けましょう。

使うときに何枚も使わない

1度に何枚もあぶらとり紙を使用すると、皮脂の取りすぎになる可能性があります。皮脂を取りすぎることは肌を乾燥させ、さらに皮脂が過剰に分泌されることにつながるでしょう。

 

あぶらとり紙は1度にたくさん使わないようにして、皮脂の量を適切にコントロールしましょう。

 

出典:顔が油っぽい原因は?対策はあるの?|プライベートスキンクリニック
参照:https://private-skin.clinic/dr_blog/anti-aging/06/

あぶらとり紙の種類

あぶらとり紙にはいくつか種類があり、使われている素材などによって違いがあります。代表的な2つのタイプを紹介するため、自分の肌質に合ったものを探すときの参考にしてください。

フィルムタイプ

フィルムタイプのあぶらとり紙は、汗や皮脂の吸収力に優れているのが特徴です。やわらかく肌にフィットする質感で、気になる皮脂をサッと取り除くことができます。

 

特に皮脂が多く脂っぽさに悩んでいる人があぶらとり紙を使う場合は、フィルムタイプが使いやすいでしょう。

和紙タイプ

和紙で作られたあぶらとり紙は、程よく油分を残しつつ余分な皮脂を吸収してくれます。皮脂を取りすぎないため、乾燥しがちな肌の人は和紙タイプのあぶらとり紙を使用するとよいでしょう。

あぶらとり紙を正しく使おう

肌によくないと言われることの多いあぶらとり紙ですが、正しい使い方をすれば皮脂をコントロールでき、テカリやメイク崩れを防いでくれるアイテムです。

 

あぶらとり紙を使うときは、この記事で解説したポイントを押さえて適切に使用しましょう。

 

オイルフリーの美容液ならWASSER(バッサ)がおすすめ!

監修者
青山ラジュボークリニック
https://rajeubeau-clinic.com/wp/
院長 沼本 秀樹 先生(医学博士)

プロフィール(経歴)
昭和59年 順天堂大学医学部 卒業
平成2年 順天堂大学整形外科大学院 卒業
平成2年 石和町立峡東病院勤務 整形外科医長
平成2年 日本整形外科学会 認定医
平成6年 石和町立峡東病院 院長
平成6年 順天堂大学整形外科 非常勤講師
平成11年 東京女子医科大学救命救急センター 非常勤講師
平成14年 康麗会山梨峡東病院 院長
平成15年 山梨大学医学部臨床 助教授
平成18年 六本木ヒルズ けやきクリニック 院長
平成23年 東千石整形外科内科 院長
平成28年 一般社団法人統合再生医療研究会 代表理事
ラジュボークリニック 開業

2022.05.12

【専門家監修】色素沈着を防ぐ方法はある?原因やできてしまったときの対処法も紹介

「色素沈着が起きるのを防ぎたい」
「色素沈着ってどうしてできてしまうの?」
「色素沈着が起きてしまったら、どうすればいい?」
このように、肌に気を遣っている人には色素沈着に関する疑問や悩みがあるのではないでしょうか。

 

本記事では、色素沈着による黒ずみの原因や黒ずみができてしまったときの対処法に加え、色素沈着を防ぐ方法を行動別や部位別に紹介しています。

 

この記事を読むことで、色素沈着の原因や予防法に関する知識を身につけることができます。その情報をもとに適切な対策が行えるようになるため、色素沈着による黒ずみを予防できるようになるでしょう。

 

色素沈着を予防したいという方は、ぜひこの記事をチェックしてください。

色素沈着による黒ずみとは

色素沈着による黒ずみには、摩擦黒皮症や炎症後色素沈着などの種類があります。

 

摩擦黒皮症とは、摩擦によって皮膚に黒褐色の色素沈着が起きてしまう病気のことです。同じ場所に強い摩擦を加えることを繰り返すことで発症するといわれています。

 

炎症後色素沈着とは、やけどや外傷などのダメージを受けた皮膚が、炎症の後に黒ずんでしまうというものです。色素沈着が起きてしまうのは、炎症の起きている患部を触ったりこすったりすることで生じる摩擦が原因として挙げられます。

 

出典:摩擦黒皮症|有楽町美容外科クリニック
参照:https://secure.yurakucho.co.jp/word/ma004.html

 

出典:炎症後色素沈着|巣鴨千石皮ふ科
参照:https://sugamo-sengoku-hifu.jp/symptoms/pih.html

色素沈着の原因は?

色素沈着が起きる原因には、様々なものが考えられます。自分の生活を見直して、問題がないかどうかを確認しておきましょう。色素沈着の原因を理解しておけば、対策を考えることができます。

 

ここでは、色素沈着を引き起こす原因を4つ紹介します。

ホルモンバランスやストレスによるもの

ホルモンバランスが乱れたり、ストレスを感じたりすると、肝斑という色素沈着が起きてしまう場合があります。肝斑は鎖骨や頬、鼻の下や口周りなどの場所に褐色の色素沈着が起きるのが特徴です。

 

ホルモンバランスが乱れると「プラスミン」と呼ばれる物質が発生し、メラニンの生成が促進されます。それによって黒ずみができやすくなってしまうのです。また、ストレスによって色素細胞が働くことでもメラニンの生成が促され、色素沈着の原因になります。

 

出典:色素沈着の原因と対策。いつまでも白く美しい肌を維持する方法|美容皮膚科タカミクリニック (東京 表参道)
参照:https://takamiclinic.or.jp/doctorscolumn/beautyskin/139060/

紫外線による日焼け

紫外線は色素沈着を引き起こす大きな原因です。紫外線によって日焼けをすると肌にダメージが与えられ、メラニン色素がつくられます。

 

紫外線を浴びてダメージを受け続ければ、その蓄積で色素沈着が起きたり悪化したりします。そのため、紫外線対策は色素沈着の予防に有効なのです。

 

出典:色素沈着の原因と対策。いつまでも白く美しい肌を維持する方法|美容皮膚科タカミクリニック (東京 表参道)
参照:https://takamiclinic.or.jp/doctorscolumn/beautyskin/139060/

化学物質によるもの

化粧品に含まれる化学物質によって色素沈着が起きてしまう場合もあります。化学物質によってかゆみなどの炎症が起こり、それが色素沈着につながってしまうのです。

 

また、イチョウやうるしといった植物の成分が炎症の原因になってしまうこともあります。原因を把握して、適切な対策やケア方法を行えるようにしましょう。

 

出典:色素沈着の原因と対策。いつまでも白く美しい肌を維持する方法|美容皮膚科タカミクリニック (東京 表参道)
参照:https://takamiclinic.or.jp/doctorscolumn/beautyskin/139060/

摩擦によるもの

摩擦も色素沈着の大きな原因になり得るでしょう。肌は摩擦を受けると、ダメージから身を守るためにメラニン色素の生成を促します。その結果、色素沈着が発生するのです。

 

タオルで顔をこすったり力を入れたマッサージをしたりと、肌に摩擦を与えてしまう機会は多くあります。日常の中でも、肌に摩擦が加わっていないかを気にかけることが大切です。

 

出典:色素沈着の原因と対策。いつまでも白く美しい肌を維持する方法|美容皮膚科タカミクリニック (東京 表参道)
参照:https://takamiclinic.or.jp/doctorscolumn/beautyskin/139060/

【行動別】色素沈着を防ぐ方法

色素沈着を防ぐためには、適切な対策を行うことが大切です。身近にできることはすぐに始めて、継続的に行っていくようにしましょう。

 

ここでは、色素沈着を防ぐ方法を行動別に紹介します。今までの自分の生活を見直して、取り組めそうな予防法があればぜひ行動してみてください。

紫外線対策をする

紫外線対策は色素沈着を防ぐために有効な手段になります。紫外線から肌を守ればメラニンの生成が抑えられ、きれいな肌を保つことにつながるでしょう。

 

紫外線対策は、夏以外でも行うことが大切です。他の季節でも紫外線が強い日はあるため、対策を怠ると肌にダメージを与えてしまいます。また、曇りの日でも紫外線は浴びてしまうため、季節や天気に関係なく一年を通して紫外線対策を行うようにしましょう。

 

出典:色素沈着の原因と対策。いつまでも白く美しい肌を維持する方法|美容皮膚科タカミクリニック (東京 表参道)
参照:https://takamiclinic.or.jp/doctorscolumn/beautyskin/139060/

食べ物に気をつける

色素沈着を防ぐためには、食べ物にも気を遣いましょう。良質な栄養素を積極的に摂って体の中からケアをすることが、肌のケアにつながります。

 

抗酸化作用の高いビタミンCやビタミンAを多く含んだ食べ物は、色素沈着の予防に最適です。また、皮膚生成の基本となるたんぱく質も重要になるため、良質なたんぱく質は意識して摂るようにしましょう。

 

出典:色素沈着の原因と対策。いつまでも白く美しい肌を維持する方法|美容皮膚科タカミクリニック (東京 表参道)
参照:https://takamiclinic.or.jp/doctorscolumn/beautyskin/139060/

肌のターンオーバーを促す

肌のターンオーバーは、肌内部のメラニンを排出して肌環境を整えることができます。ターンオーバーには生活習慣が影響してくるため、生活習慣を見直して肌の生まれ変わりをサポートしましょう。

 

特に、睡眠はターンオーバーに重要な役割を果たします。ターンオーバーは睡眠中に行われるため、良質な睡眠をすることが大切なのです。寝不足では免疫や肌機能も低下してしまいます。

 

その他にも、紫外線、乾燥、ストレスなど、ターンオーバーが乱れてしまう原因は多くあります。自身の生活の中でターンオーバーの乱れに関係するものがあれば、改善するように心がけましょう。

 

出典:色素沈着の原因と対策。いつまでも白く美しい肌を維持する方法|美容皮膚科タカミクリニック (東京 表参道)
参照:https://takamiclinic.or.jp/doctorscolumn/beautyskin/139060/

ムダ毛の自己処理を適切に行う

無理なムダ毛の自己処理は肌にダメージを与え、黒ずみをつくる原因になります。無理な自己処理は控えて、肌に負担をかけないようにしましょう。

 

おすすめの自己処理方法は、皮膚を温めて柔らかくしてからローションを塗り、毛の流れに沿って処理をする方法です。終わったら冷却と保湿を行ってください。手間のかかる自己処理を面倒に感じるのであれば、クリニックやサロンでの脱毛を検討しても良いでしょう。

 

出典:体の黒ずみを取る3つの方法とは?色素沈着のケアが黒ずみ改善のポイント|アイシークリニック【公式】
参照:https://ic-clinic.com/female/melanosis/

【部位別】色素沈着を防ぐ方法

身体の中には、色素沈着が起きてしまいやすい部位があります。それらの部位には、適切なケアを行うことが大切です。

 

ここでは、部位別の色素沈着を防ぐ方法を紹介します。それぞれの対処法を確認し、色素沈着の起きやすい部位であってもしっかりと予防できるようにしましょう。

顔はメイクやスキンケアが原因で色素沈着を起こしやすいです。特に目の周りは皮膚が薄いため、摩擦によるダメージで黒ずんでしまいます。

 

顔のスキンケアを行うときは、あまりこすりすぎないように意識しましょう。マッサージをする際にも強くこすることは避け、摩擦を減らすことをおすすめします。もしくは、こすることのないツボ押しなどのマッサージに変更すると良いでしょう。

 

出典:色素沈着はどうしてできるの?原因と予防法を解説 – 共立美容外科【公式コラム】|美容整形、美容医療専門クリニック
参照:https://www.kyoritsu-biyo.com/column/acne/causes-of-pigmentation/

脇の下

脇の下は、ムダ毛の処理が原因で色素沈着を起こしやすいです。頻繁にカミソリで処理をしていると、肌へのダメージや摩擦がかなり生じてしまうことになります。

 

色素沈着を防ぐためには、ムダ毛の無理な自己処理は控えましょう。場合によっては、クリニックやサロンでの脱毛を検討してみてください。

 

出典:色素沈着はどうしてできるの?原因と予防法を解説 – 共立美容外科【公式コラム】|美容整形、美容医療専門クリニック
参照:https://www.kyoritsu-biyo.com/column/acne/causes-of-pigmentation/

デリケートゾーン

デリケートゾーンは乾燥によってかゆみが生じてしまい、掻くことで色素沈着が引き起こされてしまう部位になります。そのため、乾燥を防ぐことが大切です。

 

デリケートゾーンは、肌に優しい成分の保湿剤で継続的に保湿するようにしましょう。合わない成分の保湿剤を使用すると、逆に肌への刺激になりかゆみを引き起こしてしまう場合があります。

 

アンダーヘアの処理を行った際には、より丁寧な保湿を意識しましょう。普段からさらにプラスした保湿ケアを行うこともおすすめです。

 

出典:デリケートゾーンの黒ずみ予防には保湿がいいの?|湘南美容クリニック運営のWebマガジン
参照:https://www.s-b-c.net/gynecology_column/kurozumi/549.html

ひじ・ひざ

ひじやひざは摩擦による色素沈着が起きやすい部位です。ひじをついたり、ひざをついて立ったり座ったりの動作はもちろん、衣類でも摩擦が起きてしまいます。

 

目立ちやすい部位であるため色素沈着が目につきやすいですが、ケアを行いやすい部位でもあります。日頃から摩擦に注意し、黒ずみが気になる前に対策に取り組んでいきましょう。

 

出典:色素沈着はどうしてできるの?原因と予防法を解説 – 共立美容外科【公式コラム】|美容整形、美容医療専門クリニック
参照:https://www.kyoritsu-biyo.com/column/acne/causes-of-pigmentation/

黒ずみができてしまったときの対処法

黒ずみができてしまったときはどのように対処をすれば良いのかも知っておきましょう。一度黒ずみができてしまうと治すのは大変ですが、あきらめずに継続してケアをしていくことが大切です。

 

色素沈着の対処法を把握し、自分に適した対処法でケアに取り組んでください。

脇の下の場合

脇の下の色素沈着は、肌のターンオーバーを利用してケアしていきましょう。ターンオーバーの乱れを正常にすることは、肌環境を整えることにつながります。

 

肌のターンオーバーを整えるためには、毎日スキンケアをすることが重要になります。保湿剤を使って肌の保水力を高めましょう。そうしたスキンケアの積み重ねで、ターンオーバーの乱れを整えることができます。

 

出典:ターンオーバーの乱れを正常にして美肌美人に!|美容皮膚科タカミクリニック (東京 表参道)
参照:https://takamiclinic.or.jp/doctorscolumn/beautyskin/139065/#toc-3

ひじ・ひざ・デリケートゾーンの場合

ひじ・ひざ・デリケートゾーンといった部位は、主に摩擦が原因で色素沈着を起こしてしまいます。そのため、皮膚への刺激や摩擦を避けることが大切です。

 

まずは着ている衣類やひじをつくなどの体勢を見直してみましょう。その小さな意識の変化によって、日常生活の中での摩擦は減らすことができます。

 

また、保湿をすることも心がけましょう。乾燥は色素沈着を引き起こす原因になります。保湿剤を使って毎日ケアをすることが大切です。

 

出典:【医師コラム】気になるひじとひざの黒ずみ、原因と正しい解消法|【公式】美容皮膚科を東京でお探しなら広尾プライム皮膚科クリニック/東京都渋谷区 恵比寿駅徒歩5分
参照:https://www.hiroo-prime.com/blog/p3756/

クリニックを受診する

色素沈着は、市販薬でも改善を期待できる場合があります。しかしすぐにその効果を実感することは難しいため、長く継続的に市販薬を使用することが求められるでしょう。

 

市販薬などを使用しても改善が見込めない場合は、クリニックの受診も検討してください。色素沈着の原因の判断が難しいという人にも、皮膚科の受診はおすすめです。

 

出典:体の黒ずみを取る3つの方法とは?色素沈着のケアが黒ずみ改善のポイント|アイシークリニック【公式】
参照:https://ic-clinic.com/female/melanosis/

色素沈着の原因を知って黒ずみができないように予防しよう

色素沈着は体の様々な部位にできやすく、一度できてしまうとケアが難しいものです。つまり、日頃から対策に取り組んでおくことが大切になります。

 

対策をするためには色素沈着の原因を理解することが求められます。原因を知り、それらに応じた対策に取り組むことで黒ずみを予防していきましょう。

 

オイルフリーの美容液ならWASSER(バッサ)がおすすめ!

 

監修者
青山ラジュボークリニック
https://rajeubeau-clinic.com/wp/
院長 沼本 秀樹 先生(医学博士)

プロフィール(経歴)
昭和59年 順天堂大学医学部 卒業
平成2年 順天堂大学整形外科大学院 卒業
平成2年 石和町立峡東病院勤務 整形外科医長
平成2年 日本整形外科学会 認定医
平成6年 石和町立峡東病院 院長
平成6年 順天堂大学整形外科 非常勤講師
平成11年 東京女子医科大学救命救急センター 非常勤講師
平成14年 康麗会山梨峡東病院 院長
平成15年 山梨大学医学部臨床 助教授
平成18年 六本木ヒルズ けやきクリニック 院長
平成23年 東千石整形外科内科 院長
平成28年 一般社団法人統合再生医療研究会 代表理事
ラジュボークリニック 開業

【専門家監修】角栓の正体とは?できる原因や放置しておくと起こりうるトラブルもあわせて紹介

「角栓とは、どうやって肌にできるものなの?」
「毎日のスキンケアは、角栓を取り除くための意味がある?」
「角栓は指で押し出したり、引き抜いたりして除去してはダメなの?」
鏡を見て肌にぽつぽつと目立つ角栓があると、気になって仕方がない人も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、角栓の正体やできる原因、角栓が引き起こす肌のトラブル、角栓を除去し、新たに作らないようにする対処法などを解説しています。

 

記事を読むことで、角栓ができるメカニズムがわかり、角栓を作らないために、日常生活やスキンケアで気をつけるべき習慣を身につけることができるでしょう。

 

角栓が気になって毎日憂鬱になってしまうという方は、ぜひチェックしてみてください。

角栓の正体とは

小鼻や頬に多く見られる角栓とは、毛穴の中で古い角質と皮脂が混じりあい、毛穴をふさいでできるものです。

 

一般的に角栓は、肌の不要な脂が固まってできているもの、といったイメージを持たれることが多いでしょう。しかし、その成分のうち皮脂は3割ほどで、残り7割は古い角質であるタンパク質から構成されています。

 

肌に不要なものと思われがちな角栓ですが、毛穴からのウイルスや雑菌の侵入を防ぐ、門番の役割を担うものです。しかし、本来であれば自然に抜けて排出されていく角栓が、さまざまな原因により毛穴に詰まってしまうと、さまざまなトラブルの原因となってしまいます。

 

出典:角栓って何者?角栓の正体とは…|ららぽーと横浜クリニック
参照:https://lala-clinic.jp/article.php/20180521094940917

角栓ができる原因とは

角栓が大きくなり、目立ってしまう原因には、誤ったスキンケアだけでなく生活習慣も大きく関係しています。

 

ここから、角栓ができる原因としてあげられるものを解説していきますので、思い当たるものがないか、スキンケアのクセや生活習慣を振り返ってみましょう。

過度に洗顔しているから

肌のべたつきや毛穴汚れが気になって、1日に何度も洗顔したり、メンズ用のスクラブ洗顔を使用したりする場合もあるでしょう。しかし、過度な洗顔はさらなる角栓を作り出す原因ともいわれています。

 

洗顔をしすぎると、必要な角質まで無理にはがしてしまい、肌が乾燥しやすくなります。肌が乾燥することにより、皮脂の分泌や角質の再生が過剰に促されることで、毛穴が詰まり、角栓が目立つようになっていくのです。

 

出典:角栓って何者?角栓の正体とは…|ららぽーと横浜クリニック
参照:https://lala-clinic.jp/article.php/20180521094940917

睡眠不足であるから

睡眠不足は美肌の大敵、という言葉を耳にする機会も多いのではないでしょうか。毛穴の開きや角栓の悩みは、睡眠不足から引き起こされているケースも多いのです。

 

肌の新陳代謝を正常に保つには、成長ホルモンと女性ホルモンのはたらきが欠かせません。成長ホルモンは肌の新陳代謝を促し、女性ホルモンは皮脂の過剰分泌につながる男性ホルモンのはたらきを抑制するはたらきがあります。

 

睡眠不足になると、肌をなめらかにする成長ホルモンの分泌が少なくなるうえ、男性ホルモンのはたらきで皮脂の分泌が活発になり、毛穴がふさがりやすくなっていきます。これが、睡眠不足で肌が荒れるといわれる原因です。

 

出典:睡眠について|一般社団法人小郡三井医師会
参照:http://www.ogorimii-med.net/column/%E7%9D%A1%E7%9C%A0%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

メイクをきちんと落としていないから

毛穴を隠そうと日常的にコンシーラーや毛穴用の下地を塗り込んでいると、クレンジングで落としきれず角栓が目立ってしまう原因にもなります。また、薄いメイクでも汚れがたまった状態で就寝せず、かならずクレンジングをおこないましょう。

 

クレンジングで落としきれない汚れは、ダブル洗顔でしっかり落とします。脱脂力の強すぎる洗顔料は乾燥を招くため、肌にやさしい石鹸素地を使った洗顔石鹼などがおすすめです。

 

角栓ケアを重視する場合は、冷水での洗顔では余分な皮脂や汚れを落としきれないため、肌に負担をかけないよう、体温と同じ程度のぬるま湯での洗顔がよいでしょう。

脂質や糖分を過剰に摂取しているから

動物性たんぱく質や脂質、糖分を過剰に摂取していると、皮脂の分泌が増え、角栓ができやすくなるといわれています。

 

チョコレートやドーナツなどの甘いお菓子を日常的に摂取する習慣がある場合は、食べる量をセーブしましょう。また、お酒にも糖分が多く含まれています。アルコールを摂取すると、揚げ物などのおつまみも多く食べてしまう場合があるため、注意が必要です。

 

出典:毛穴|日比谷ヒフ科クリニック
参照:https://www.hibiya-skin.com/subject/keana.html

ターンオーバーのサイクルが乱れているから

肌は体のほかの部分の細胞と同じく、新陳代謝を繰り返しており、これをターンオーバーと呼びます。ターンオーバーのサイクルの乱れは、角栓ができやすくなる大きな原因のひとつといえるでしょう。

 

通常、理想的な顔の肌のターンオーバー周期は28日程度といわれています。ターンオーバーがスムーズにいかなくなると、自然にはがれ落ちる角質が肌に残ってしまい、過剰に分泌された皮脂と混じりあって角栓となってしまうのです。

 

角栓が目立たないなめらかな肌を維持するためには、ターンオーバーをスムーズに保つことが重要といえるでしょう。

 

出典:角栓って何者?角栓の正体とは…|ららぽーと横浜クリニック
参照:https://lala-clinic.jp/article.php/20180521094940917

角栓を放置しておくと起こりうるトラブル

角栓を肌の上に放置してしまうと、さらなる肌のトラブルを招く可能性があります。

 

ここから紹介する事例は、角栓をきっかけに起こりやすいトラブルでもあるため、肌をすこやかに保つためにもトラブルについて学んでおきましょう。

毛穴が黒ずむ

角栓はできたすぐは白色のためひどく目立つことはありませんが、長期間肌に残り皮脂が酸化するにつれて黒ずんでいきます。

 

とくに黒ずみが目立つのは、皮脂の分泌が多く角質がたまりやすい鼻の頭や小鼻部分で、この状態がいわゆるいちご鼻といわれています。毛穴が黒ずむまで放置してしまうと、角栓の改善は難しくなっていくため、早めの対処が必要といえるでしょう。

 

出典:毛穴のつまりや角栓の原因とは?クリニックによる5つの治療で改善できる|アイシークリニック
参照:https://ic-clinic.com/female/clogged-pores/

ニキビの原因になる

角栓による毛穴のつまりは、ニキビの原因になるともいわれています。これは、角栓が毛穴をふさぐことで、アクネ菌の増殖や皮脂のつまりを引き起こしてしまうのが大きな要因です。

 

ニキビはアクネ菌が原因といわれていますが、アクネ菌自体は毛穴の中に常在しています。角栓により皮脂が毛穴にたまり、アクネ菌やほかの細菌が皮脂をエサにして増殖し、炎症を起こすと考えられているのです。

 

出典:角栓除去|美容皮膚科タカミクリニック
参照:https://takamiclinic.or.jp/service/blackhead/

おすすめできない角栓ケアとは?

頑固に毛穴に残る角栓を目にすると、すぐにでも消してしまいたい、という場合もあるでしょう。しかし、角栓を無理やりに除去するのは肌の状態を悪化させてしまう可能性があるため、おすすめできません。

 

ここから、肌をなめらかに保つために、避けるべき角栓ケアを解説していきます。

角栓用のはがすパックを使用する

角栓用のはがすパックは昔からありますが、角栓対策にはおすすめできません。目に見えて角栓が取れるため、一見効果的に思えても、肌へのリスクが大きいのです。

 

毛穴の角栓を除去するためにパックを使用すると、角栓を除去したあとの毛穴が大きく開いてしまいます。また、強い刺激があるため、使用後に炎症などを引き起こし、角質が厚くなってしまう可能性もあるでしょう。

 

出典:毛穴治療|美容皮膚科タカミクリニック
参照:https://takamiclinic.or.jp/service/pore/

角栓を押し出し出す

毛穴に詰まった角栓を、指で無理やり押し出すのはやめましょう。爪やピンセットで出ている角栓を引き抜くのも、毛穴の開きにつながってしまいます。

 

角栓の無理な押し出しやピンセットなどでの引き抜きは、肌への摩擦や刺激で皮脂の分泌が増加し、刺激により発生する炎症などから角質が厚くなって、さらなる肌のトラブルを引き起こしかねません。

 

出典:毛穴のつまりや角栓の原因とは?クリニックによる5つの治療で改善できる|アイシークリニック
参照:https://ic-clinic.com/female/clogged-pores/

角栓ができたときの対処法

角栓が目立ってきたり、ざらつきが気になってきたりしたら、どのようなケアをおこなうのがよいのでしょうか。

 

ここからは、肌にやさしく負担をかけない角栓ケアの方法を解説していきます。

化粧水を利用してふきとり美容をする

不要な角質を落として角栓のざらつきを解消するには、化粧水を使ったふきとり美容がおすすめです。ただし、肌に刺激を与えないようにするには、いくつかのポイントをおさえる必要があります。

 

まず、指の圧力がかかりすぎないよう、コットンは厚めのものを使用するか、2枚重ねにするのがおすすめです。コットンの繊維の摩擦を減らすために、裏までひたひたになるよう化粧水をたっぷりと含ませてください。

 

額や頬などの広い部分は反対側の手で肌を固定し、やさしくコットンを顔の中心から外側へ向けてすべらせます。鼻周りはコットンを二つ折りにして、タップするようにやさしくおさえてください。

ホットタオルを利用する

ホットタオルをクレンジングと洗顔の前におこなうことで、角栓を除去しやすい状態にすることができます。角栓の大部分を占める古い角質であるたんぱく質は硬いため、温めることで緩んだ皮脂により角栓を自然に取れやすくする方法です。

 

フェイスタオルを濡らして絞り、電子レンジに入れ、500Wで30秒~1分ほど加熱します。お湯で作る場合は45℃~50℃程度の熱いお湯を使用するため、やけどに注意してください。
温めたタオルで顔を包み、2~3分経過したらタオルをはずしてクレンジングをおこないます。

 

熱すぎる場合は肌への刺激になってしまうため、心地よい程度の温度のホットタオルを使用してください。また、肌がデリケートだったり、赤みが出やすかったりする場合は、ホットタオルの使用は控えましょう。

角栓をなくしたい人におすすめしたいこと

角栓をなくすには、肌のターンオーバーを整える必要があります。ターンオーバーを整えるために、生活習慣の見直しや正しいスキンケアをコツコツ続けていくのが効果的です。

 

ここからは、角栓の悩みを解決するための対策法を解説していきます。

睡眠不足を改善する

肌のターンオーバーは睡眠中におこなわれるため、睡眠不足を改善することが大切です。

 

また、十分な睡眠をとることで、成長ホルモンや女性ホルモンなどの肌に欠かせないホルモンの分泌も促されます。肌のターンオーバーを正常に整えるため、毎日の睡眠時間を十分に確保しましょう。

 

出典:睡眠について|一般社団法人小郡三井医師会
参照:http://www.ogorimii-med.net/column/%E7%9D%A1%E7%9C%A0%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

バランスのとれた食生活を心がける

ファストフードや甘い食べ物を摂取するのを控え、できるだけバランスのとれた食生活を心がけましょう。

 

とくに、肌の新陳代謝を助けるはたらきを持つ、ビタミンB群を摂るように意識してみてください。ビタミンB2は過剰な皮脂分泌を抑え、ビタミンB6にはターンオーバーを促す効果が期待できます。

 

ビタミンB2は豚レバーやうなぎ、納豆などに含まれ、ビタミンB6はマグロの赤身や牛レバー、サンマなどに多く含まれます。ほかのビタミンB群や栄養素とバランスよく摂取しながら美肌を目指しましょう。

 

出典:ビタミンB群|一般社団法人オーソモレキュラー栄養医学研究所
参照:https://www.orthomolecular.jp/nutrition/vitamin_b/

洗顔後しっかりと保湿する

洗顔後はオイルフリーの化粧水などを使用して、しっかりと保湿しておきましょう。

 

べたつきを気にして保湿をしないと、肌が乾燥してしまい皮脂の過剰分泌につながるでしょう。また、うるおった肌は外部からの刺激にも強く、ターンオーバーも正常におこなわれます。逆に乾燥が気になる場合は、オイルフリーのエッセンスなどで保湿力を持続させましょう。

 

出典:バッサのこだわり|WASSER
参照:https://www.wassershop.jp/concept/

帰宅したらすぐにメイクを落とす

メイクを早めに落として、角栓の原因になる毛穴の汚れや老廃物をその日のうちに取り除いてあげましょう。

 

急いでいても、ふきとりタイプのメイク落としシートなどは肌に余計な負担をかけるためおすすめできません。べたつきが気になる場合はウォーターベースのクレンジングでメイクを落とし、洗浄力の強すぎない石鹸などでやさしく洗顔してください。

 

出典:いちご鼻にバイバイしよう!いちご鼻の原因と効果的なスキンケア|美容皮膚科タカミクリニック
参照:https://takamiclinic.or.jp/doctorscolumn/pore/139061/

角栓ができる原因を理解して正しいケアを心がけよう

ここまで、角栓ができる仕組みや原因、角栓を目立たなくさせるための対処法などを解説してきました。

 

気になる角栓を除去してすこやかな肌へ導くには、正しいスキンケアと生活習慣の改善が必要といえます。また角栓を無理やりなケアで除去するのは、肌への負担が大きくトラブルにつながるため、避けてください。

 

ここで紹介した正しい角栓ケア方法や、肌にやさしいスキンケア習慣で、ターンオーバーを正常に導き、なめらかな肌を目指しましょう。

 

やさしくターンオーバーを整える美容液ならWASSER(バッサ)がおすすめ!

監修者
青山ラジュボークリニック
https://rajeubeau-clinic.com/wp/
院長 沼本 秀樹 先生(医学博士)

プロフィール(経歴)
昭和59年 順天堂大学医学部 卒業
平成2年 順天堂大学整形外科大学院 卒業
平成2年 石和町立峡東病院勤務 整形外科医長
平成2年 日本整形外科学会 認定医
平成6年 石和町立峡東病院 院長
平成6年 順天堂大学整形外科 非常勤講師
平成11年 東京女子医科大学救命救急センター 非常勤講師
平成14年 康麗会山梨峡東病院 院長
平成15年 山梨大学医学部臨床 助教授
平成18年 六本木ヒルズ けやきクリニック 院長
平成23年 東千石整形外科内科 院長
平成28年 一般社団法人統合再生医療研究会 代表理事
ラジュボークリニック 開業

LINE相談室
Page Top