コラム─ Column ─

2022.09.03

【専門家監修】毛穴のボコボコの原因とは?解消方法や悪化させるケア方法も解説

「肌のボコボコが目立つのが悲しいのだけど、どうしたら良い?」
「どうしたらボコボコがなくなるのか気になる!」
「効果的なスキンケア方法ってどんなの?」
肌の悩みの一つとしてボコボコ肌を気にしている方も多いのではないでしょうか。

 

本記事では、肌に凸凹が発生してしまう原因から、スキンケア方法、ボコボコを防ぐために意識すべき点や、やってはいけないことまで幅広く紹介しています。

 

この記事を読むことで、凸凹がなぜできてしまうのか、それを防ぐために効果的なこと、スキンケアの手順などが解説しているためすぐに改善し、実際に試してみることができます。

 

肌のボコボコに悩んでいて治し方に困っている方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

毛穴のボコボコは治せる?

自分の肌にある毛穴のぼこぼこが気になることはありませんか。今回はそんな多くの人が悩む毛穴のボコボコの改善方法について解説していきます。こちらの記事を参考に肌を綺麗にしていきましょう。

毛穴がボコボコになってしまう原因

気になる部分を治すためには、何が原因で毛穴に影響があるのかを考える必要があります。毛穴がボコボコになってしまう原因はいくつかあるため、まずは順番にみていきましょう。

ニキビによるもの

ニキビの跡はボコボコ肌の原因の一つになります。ニキビの炎症が治った後に、跡として肌に凸凹が生じます。特に赤ニキビは強い炎症によって腫れるため、ニキビ跡がボコボコになりやすいです。

 

また、ニキビが気になって潰してしまう人がいますが、それもぼこぼこ肌になってしまう原因になります。潰した箇所から細菌が入り込み、皮膚の奥深くまで傷つけてしまい、その反動で肌のボコボコが生まれるのです。

 

出典:肌がボコボコになってしまう原因~ニキビ跡・クレーターを治す方法は徹底したスキンケア|新さっぽろウィメンズヘルス&ビューティークリニック
参照:https://will-b.clinic/bumpy-skin/

オイリー肌によるもの

オイリー肌の人は毛穴が詰まりやすく、ボコボコ肌を作りやすいです。肌の凸凹は毛穴の詰まりと関係があり、皮脂や余分な角質が詰まると毛穴の中で固まってしまうことで凸凹に変わっていきます。

 

オイリー肌の人は皮脂の分泌が多いことから、毛穴が詰まりやすくなるため特に注意が必要です。皮脂は空気に触れて酸化し黒ずみに変化します。こちらにも気をつけましょう。

 

出典:肌がボコボコになってしまう原因~ニキビ跡・クレーターを治す方法は徹底したスキンケア|新さっぽろウィメンズヘルス&ビューティークリニック
参照:https://will-b.clinic/bumpy-skin/

乾燥肌によるもの

肌の乾燥もボコボコ肌の原因の一つです。通常だと角層というものがバリア機能で皮膚の水分を守る働きをしています。ですが、乾燥するにつれて肌表面の水分と皮脂のバランスが崩れやすくなるため、肌トラブルが起こりやすくなります。

 

さらにそこからニキビもできやすくなり、毛穴の詰まりにもつながりやすくなってしまいます。

 

出典:肌がボコボコになってしまう原因~ニキビ跡・クレーターを治す方法は徹底したスキンケア|新さっぽろウィメンズヘルス&ビューティークリニック
参照:https://will-b.clinic/bumpy-skin/

古い角質の詰まり

古い角質が表面に溜まってしまうのも、ボコボコ肌を作りやすくなってしまいます。健康な肌の場合には、皮膚細胞ができて成長するところから古くなった角質の排出までが一定のサイクルです。ですが、生活習慣の乱れや外部の刺激などでターンオーバーに影響を及ぼします。

 

結果的にターンオーバーがうまく働かず、排出されなかった古い角質が肌に残ってしまい、ボコボコ肌になってしまいます。

 

出典:肌がボコボコになってしまう原因~ニキビ跡・クレーターを治す方法は徹底したスキンケア|新さっぽろウィメンズヘルス&ビューティークリニック
参照:https://will-b.clinic/bumpy-skin/

毛穴のボコボコを解消する方法とは?

ボコボコ肌ができてしまうのは、ニキビ跡や毛穴の詰まりが主な原因でした。ここからは、できてしまった肌の凸凹を改善する方法について紹介していきます。自分が実践しているものが当てはまるかどうか確かめてみましょう。

洗顔方法を変える

肌を清潔に保つためにも、洗顔料や洗顔の仕方が重要になってきます。おすすめの洗顔料は、酵素やクレイを含むものなどです。

 

酵素は角栓を分解する効果があり、毛穴の黒ずみが気になる人におすすめです。また、クレイには余分な皮脂を取り除く効果があります。

 

洗顔料はぬるま湯をこまめに追加しながら泡立て、肌の上で転がすように洗います。洗い流す際は、髪の生え際や輪郭の部分の洗い残しに気をつけましょう。

 

出典:肌がボコボコになってしまう原因~ニキビ跡・クレーターを治す方法は徹底したスキンケア|新さっぽろウィメンズヘルス&ビューティークリニック
参照:https://will-b.clinic/bumpy-skin/

食生活を見直す

肌の健康のためにも、さまざまな栄養素をバランスよく摂ることを心がけましょう。特におすすめなのがビタミンA、ビタミンB6、ビタミンE、βカロチンなどです。

 

卵黄やうなぎ、レバーなどに含まれるビタミンAは肌細胞の生成を手助けし、肌の乾燥を防ぐ働きがあります。

 

ビタミンB6は筋肉や血液の生成をサポートし、皮膚の健康を支える栄養素です。こちらはバナナや、まぐろ、レバーなどに含まれています。

 

ビタミンEは血液の流れを良くし、皮膚の代謝を活発にします。特にナッツや植物油に含まれています。

 

βカロチンは緑黄色野菜に含まれており、体内でビタミンAに変化します。こちらも肌の健康のためにおすすめです。

 

出典:肌がボコボコになってしまう原因~ニキビ跡・クレーターを治す方法は徹底したスキンケア|新さっぽろウィメンズヘルス&ビューティークリニック
参照:https://will-b.clinic/bumpy-skin/

保湿ケアを徹底する

洗顔で肌を綺麗にした後は、保湿をしっかりと行うようにしましょう。一般的な保湿ケアは、化粧水→美容液→乳液→クリームの順番で行います。

 

ただし、洗顔やクレンジングのやり過ぎに注意しましょう。肌を健康に保つために必要な皮脂を落としてしまいかねないため、回数も朝と夜の2回程度にしておくことがおすすめです。

 

出典:肌がボコボコになってしまう原因~ニキビ跡・クレーターを治す方法は徹底したスキンケア|新さっぽろウィメンズヘルス&ビューティークリニック
参照:https://will-b.clinic/bumpy-skin/

角栓対策をする

角栓ができてしまう原因として、ターンオーバーの乱れが挙げられます。この乱れを治すことが角栓を作らないポイントになります。ターンオーバーを整えるには前述したように、食事や生活習慣を整えることが大事になってきます。

 

まずは質の良い睡眠を十分に取ることです。睡眠不足になると肌の荒れにもつながるため、夜ふかしなどは控えましょう。栄養を考えたバランスの良い食事も大切です。偏った食事にならないように気をつけましょう。

毛穴のボコボコが悪化してしまうケア方法は?

毛穴の詰まりを防ぐ方法について詳しくみてきました。ここでは、反対に肌の荒れを悪化させてしまう洗顔方法などについて解説していきます。もし当てはまってしまった人はこれを機に正しい方法へと切り替えましょう。

スクラブ入りの洗顔料を使う

スクラブ洗顔は肌への刺激が強いため、注意が必要です。使い方や頻度を守らなければ、ケアのしすぎで必要な角質までも除去してしまう恐れがあります。

 

毎日使うとターンオーバーの乱れに影響してしまうため、使うのであれば週に1〜2回程度がちょうど良いでしょう。使い過ぎに注意してください。

クレンジングオイルでマッサージする

クレンジングオイルでのマッサージは毛穴の詰まりを悪化させてしまいます。

 

クレンジングとはそもそもメイク汚れを浮かして落とすことです。メイク汚れが溶けて汚れたクレンジング剤のままマッサージしてしまうと、その汚れが毛穴の奥にまで入ってしまいます。

 

クレンジング後にマッサージをするのは血行促進やマッサージクリームで潤い補給につながるため、おすすめです。

正しいケア方法で毛穴のボコボコを解消しよう

この記事では、毛穴のボコボコについて原因や治し方、ケアの方法について解説してきましたがいかがでしたでしょうか。肌の凸凹は主に毛穴の詰まりが原因になります。これを機にスキンケアだけでなく食事面や生活習慣にも気を遣ってみてください。

 

オイルフリーの美容液ならWASSER(バッサ)がおすすめ!

監修者
青山ラジュボークリニック
https://rajeubeau-clinic.com/wp/
院長 沼本 秀樹 先生(医学博士)

順天堂大学医学部卒業。医師としてアトピーや敏感肌などの悩みを持った患者と数多く向き合ってきた経験から自身で東京青山にて美容系ラジュボークリニックを開業。女性の肌の悩みを解決できる良質なサービスを提供し続けている。

LINE相談室
Page Top